「ほっ」と。キャンペーン

下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
牧師館の住人(自己紹介)
e0165236_1473210.jpgprofile  yoko miya  宮 葉子

牧師の奥さん+文筆家



東京・国立市に生まれる。神戸で育ち、中央線沿線に生息後、牧師と結婚し、以来、東京・墨田にある教会の牧師館で暮らす。

立教大学卒業。会社員、出版社勤めを経て、フリーランスに。女性雑誌を中心に、ルポやインタビューを執筆、料理誌の編集にも携わる。結婚後は、牧師の奥さん活動に励みつつ、聖契神学校を卒業。2008年、女性の心を支援する「pray&hopeプロジェクト」を立ち上げる。

現在はおもに下町暮らし、教会暮らしに材をとったエッセイや、子どもの本をテーマに執筆。「向島こひつじ書房」の名で、文章指導、子どもの本のワークショップなども行う。墨東まち見世、ひきふね図書館パートナーズ、コミニュティカフェ「玉ノ井カフェ」でウクレレ教室のファシリテーターなど、まちづくりにゆるゆると関わっている。
まちと人をつなぎ、人とことばをつなぐ活動中。

「大人のための子どもの本の読書会」をこすみ図書とともに主宰。
http://d.hatena.ne.jp/kohitsuji_kosumi/
趣味はアン活動、カフェ&紅茶&煎茶道活動。庭仕事。
「自転車部」のカフェ隊長。
日本紅茶協会認定ティーインストラクター。

著書
「料理研究家たち」(NHK出版)
「料理を作る仕事につきたい」(同文書院)
「こころのごはん」(いのちのことば社)
「アンが愛した聖書のことば『赤毛のアン』を大人読み」
(いのちのことば社)


e0165236_14111827.jpg



牧師館のある私たちの教会




かまぼこ型兵舎を利用した建物です。戦後すぐ物資のない時代に、アメリカ人宣教師たちがこの地に建てました。今では建物見学者があるほどレトロになりました。新会堂建設時の楽しみにと言って、敷地のどこかに当時の宣教師が埋めたタイムカプセルが隠されています。いったいどこに? 中身は何? 早く新会堂を建てて発見してあげないといけませんね。

[PR]
by Annes_Tea | 2008-11-24 21:48 | 牧師館で暮らす
<< 牧師館のお茶会って?


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル