下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
リノベーション日記 最終日編
夕方仕事から戻ると、
ちょうど親方たちが軽トラックに乗り込むところだった。
ようやく、本当にようやく、会堂のリフォーム作業が終わったのだ。
いちばんよく通ってきてくださった若い職人さんに、
思わず握手を求めてしまった。
「手、汚れてますよぉ」と言われたが、何のその。
ペンキの細かい仕上げに相当手間がかかったらしく
(なにしろ傷みがひどく、細々した部分が多いので)、
予定を4日間も返上して来てくださったのだから。
ありがとうございました!

e0165236_1623335.jpg
e0165236_1624840.jpg

教会の庭になぜか漆の木があります。毎年紅葉するので、何かな? とは思っていましたが、その正体がわかったのは去年のことです。牧師館の前にある大きな椎の木を剪定してくださった、向島・鳩の街の植木屋さんが教えてくださいました。

e0165236_16114025.jpg
(2005年12月撮影)
ちょっと懐かしんで、3年前のクリスマスの様子を紹介します。この風情が好きだと言ってくれる人も案外たくさんいました。昨日の夜、会堂の扉を閉めようとした時、「まあ、きれいな教会ね」という言葉が聞こえたので、思わずびっくり。声の主は、通りがかりの年配のご夫婦でした。うちの教会に対して、「きれい」という形容詞を使われたのはなにしろ初めてのこと。嬉しくて、えへへ、とペコちゃん口になってしまいました。
e0165236_23293266.jpg
e0165236_23375100.jpg
e0165236_2337209.jpg
この写真も3年前のクリスマスです。この時は、ニューヨークからゴスペルシンガーのボビーさんたちがクリスマスライブに来てくださいました。その前年、アーティストの友人のホームパーティーで初めて会った時に、たまたま教会の写真を見せたところ、「おお、私は来年、この教会で歌いたいです」というようなことを英語で言われました。それから1年近く何の音沙汰もなかったのに、ちゃんとクリスマスには約束を果たしてくださいました。ニューヨーカーのクリスチャンアーティストたちは、なぜかこの教会が好きなんですよね。アメリカの大都市では1000人ぐらいの教会も珍しくないので、小さいけれどがんばってますというここの雰囲気に、心を動かされるのでしょうか。これからもみんなに親しまれる教会でありたいと願っています。

[PR]
by Annes_Tea | 2008-12-04 23:41 | リノベーション日記
<< リノベーション日記 会津編 自転車に乗って山谷地区へ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル