下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
よけいなことば


e0165236_1643691.jpg



←母からもらったひつじのマペットに最近、名前がつきました。「オオタくん」です。
「爆笑問題の太田に似てる」と言い出したのは夫です。
ひつじといえば、マザー牧場にひつじの赤ちゃんがたくさん生まれたので、今行くと、
こひつじたちと写真を撮らせてもらえるそうですよ。ああ、会ってみたい。




ブログを始めたとき、毎日一、二行でも書いてみようと思った。
ちょうどピアノのスケールのように、
毎日ピアノに向かってこそ見えてくる世界があるだろうから。

でも、やっぱりなぁ。
立ち止まって、自分のブログを見直して気づく。
週に一、二度、やや長めに書くというパターンを抜け出せない。
書き始めると、かっぱえびせん状態(つまり、止まらない)になってしまうのだ。ううむ。

というわけで、プチリニューアルしてみます。
これまでの週1長めに加えて、
一日のどこかでひねり出した短い時間で、「日々のsamll things」を
さらっとすくいとってみるものを始めてみます。
短めさらりは、この改行パターンが気分のようです。
引き続きお付き合いください。(ただし、いつまで続くやら)

昔、短歌を学ぶとよけいなことばが減っていいですよ、
と短歌雑誌の編集者から言われたことがある。
よけいなことば。
そうなのだ。擬音語や擬態語も大好き。ついつい文につけてしまう。
先日、小学1年生たちと「くねくね」といった様子を表す繰り返しのことばを学んだ。
黒板いっぱいに書いた擬態語を、からだで思いっきり表現させてみたら、
これが楽しいのなんの。
わたしも調子に乗って、くるくる回ったり、ふらふら揺れたり。
大人になったらよけいでも、
子ども時代はよけいがいっぱいあるといいかな、なんて。
[PR]
by Annes_Tea | 2009-03-08 16:55 | 牧師館で暮らす
<< 庭の中の小さな春 荒川アンダーザブリッジ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル