下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
緊急企画「本を送ろう茶話会」
e0165236_21201825.jpg


明日から古本チャリティ+「ふるほん日和」始まります。

チャリティブックは順調に集まっている様子です。
今日、わたしが個人的に託されたのは、
『小説弁慶』の全10巻。ううむ。売れるでしょうか。
歴史好きの方々、おいでくださいね。

ゆるりと本が人と人をつなぐ初日、楽しみです。

古本市の老舗、不忍ブックストリートさんのご提案で、
緊急企画「本を送ろう茶話会」が開かれることになりました。
わたしはお茶汲み志願。話し合いにもちょっぴり参加する予定です。
目的はただひとつ、

東日本大震災で被災した人たちに、本を送りたい。

ということです。
息の長い企画として、考えているようです。
人はだれしも心のごはんが必要ですよね。
今すぐには送れずとも、
本のプロではなくとも、
本が好き、人が好き、のみんなでいろいろ考えてみませんか?

以下、主催者からいただいたメールからの添付です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・どんな本を
・どんな場所にいる、だれに向けて
・どんな集め方、運び方で、届けることができるか

を一緒に考えてみませんか?

ご興味のある方なら、どなたでも参加できます。
お茶を飲みながら、いろいろ話し合ってみませんか。
ぜひご協力をお願いいたします。

日時 4月2日(土)14:00〜16:00
場所 寺島集会所(墨田区東向島一丁目23番10号)和室
参加費 無料
問い合わせ メールアドレス ikuyo.toyonaga@gmail.com(豊永)


人数把握のために、事前にご連絡いただけると助かります。
当日は、11時〜17時、近くの鳩の街通り商店街(墨田区向島/最寄り駅:東武曳舟駅)で
「第3回 井戸端古本マーケット
ふるほん日和」が開催されます。そちらにもお立ち寄りください。
http://furuhonbiyori.seesaa.net/

「本を送ろう」茶話会 呼びかけ人
豊永郁代(編集者)
甘夏書店(「ふるほん日和」実行委員)
南陀楼綾繁(「不忍ブックストリート」代表)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンから、世界の子どもたちの応援メッセージが届きました。
画面をクリックすると見られます。
インドネシアの子どもの絵
インドネシアの子どもの絵 posted by (C)world vision japan

     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-31 21:23 | お知らせ(イベント他)
週末、古本チャリティあります
最近のメル。神妙です。
e0165236_23533440.jpg


被災地支援の場で、
それぞれの賜物を、
それぞれに生かす働きが
少しずつ目に見える形になって手元に届いてくる。

宣教師の友人のひとりは、
ここ数日、さいたまアリーナに通っていた。
この都市型の避難所は、いまのところ人出は足りているらしい。
専門職以外は受け付けしていない中、
彼女は子どもたちの遊び相手に徹したのだとか。
発散したいものね、みんな。
道を歩いている子どもや高校生なんかとも、
あっという間に友だちになってしまう彼女のことだから、
子どもたちは楽しい時を過ごしたのではないかな。
彼女のノリのよさには、
わたしもいつも励まれさているもの。

音楽宣教師のロジャーさんは、
被災地の現場へ物資を運ぶ働きを続けている。
じつは先週のアーティストカフェで
ピアニストとして来ていただくことになっていた。
活動派のロジャーさんは、
震災と同時にCrash Japan のメンバーとして現地に赴いた。
滞在何日目だったかに、
被災地にある教会でピアノを弾いて人々を励ましたと聞いている。
目に見えない美しいもの。
ぼろぼろになった心には、
そういうものが必要なんだと思う。
☆ロジャーさんの震災支援日記はここで読めます。写真を見ると、現地の支援の様子がよくわかります。

自転車が必要だという話を聞いて、
自転車部でも動き始めている。
放置自転車や中古自転車を教会に集めて修理して、
とりまとめている別の教会に送り出せないかと検討中。
自転車部の強者からは、
リヤカーを早急に制作しちゃおうかね、という提案も。頼もしい。
うまくいくといいな。

わたしはなんだろう?
ということで、古本チャリティのお手伝い。
もともと震災とは関係なく開かれる予定だった。
「ふるほん日和」のミーティングのそのさなかに、
震災が起きたといういわくつきである。
わたしはひと足先に失礼して、郵便局にいたのだけど。

眠っていた古本が、もう一度読者を得て、
その代金がささやかだけど支援になる。
ホンノチカラ。
コトバノチカラ。

祈りとともに、このあたりの支援を続けていければ。

☆ふるほん日和の詳細はここ↓ 古本を寄付する。古本を買う。子どもの本を送る。いろんな支援があります。私も売り子になる予定です
e0165236_2256184.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-28 23:57 | お知らせ(イベント他)
共感する力
高校の卒業式で夫が生徒からもらったチューリップは手紙付き。震災の関係で日程も場所も変更になったものの、無事に終えることができました。
e0165236_0443793.jpg



祈りの働きを始めてから、
文字通り一期一会の出会いに恵まれることが増えた。
つまりそれは、
今このときの悩み苦しみに、ともにその場にいさせてもらえる、
ということ。

今回の女性の祈り会はとくに、
「震災」という忘れえぬ年に集ったお仲間として、
記念写真を撮らせてもらった。
みんななんていい笑顔!
郷里が被災に遭われてそれは大変な日々を過ごされた方も、
また、今、試練の渦中にある方々も、
なんていい笑顔。

写真のタイトルには、
「うるわしの白百合シスターズ」あたりがよいのでは?
などと勝手に思ったり。
お見せできないのが本当に残念。

震災支援の集まりのために、
教会漬けになっていた日々が終わり、
今週は、外に飛び出す予定でいる。

計画停電地域にも行くことになるので、
逆算に余念がなくなりそうだ。

祈りの話の流れで、
フェイスブックで教えてもらった祈りをご紹介。
子どもたちの表情を見ていると、
悲しむ者と悲しむ、という聖書のことばを思い出して、
こちらも涙ぐまずにいられない。

人生にあまり願いを持たない人は、
人に共感する力も弱い、
という文章を最近読んだ。
何を根拠としての話だったか。
でも、確かにその逆の共感力について考えると、
生命力にあふれている人は
イエスさまのように泣く者と泣く、
ということをごく自然にしているように思う。

共感力。今の日本人に必要ですね。

Prayers from kibera for Japan 〜祈り〜キベラから日本へ


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-27 00:49 | 牧師館で暮らす
HOPE
e0165236_13222874.jpg3月24日震災支援祈り会+アーティストカフェを通してたくさんの祈りと募金を感謝します! 参加できなかった方の中には、募金だけでも、とお立ち寄り下さった方や郵送にて送って下さった方もいらっしゃいました。国際NGOワールドビジョンジャパンヘ責任を持って送らせていただきます。

e0165236_1275011.jpg24日のアーティストカフェはキャンドルナイトにしました。これはわがやのキャンドル節電ナイト。教会暮らしですから、キャンドルだけは豊富です。(食べかけで失礼)。幸い墨田区は計画停電から外されていますが、すぐ近くの足立区や荒川区は話を聞くとものすごく大変そうで、様々な努力工夫に頭が下がります。




好きなことば?
「Hope」、つまり希望である。
教会の働きはつまるところ、
この「希望」へとつなぐ働きなのではないかと思う。
暗闇に光。だからよけいに輝く。
女性の心の再建を支援する友だちプロジェクトを立ち上げたとき、
たしか三つぐらい名前を考えたはずだ。(他二つをすでに忘れてるけれど)
この英語って、おかしくない?
とかなんとかアメリカ人宣教師のサプナの意見を聞きつつ、
「pary&hopeプロジェクト」に決めた。
祈りによって希望へとつなぐプロジェクトの意だ。

24日の震災支援の集まりを二つ終えて、
やっばり、prayとhopeだなぁ、と思う。

祈り会のこともアーティストカフェのことも
書きたいことはたくさんあけるけれど、
節電モードの今、長時間かかりそうなのでまずはここまで。

14時に始まって、夜中の12時にお開きになったと書けば、
その密度の濃さを察していただけるはず。
ぐてんぐてんに疲れつつも、いまだ興奮さめやらず。
もちろん最後までいてくださった方々は徒歩部隊の方々でした。
みんな、無事に帰れたかな?

e0165236_1194651.jpgお菓子係の教会の女性が体調不良で突然欠席となり、困った困ったと思っていたら、なんとこんな素晴らしい差し入れをいただきました。みんな手作りですよ~。初対面なのに腹心の友となりそうな方が作者です。この素敵な出会いについて、いずれゆっくり書きたいと思っています。

e0165236_111145.jpg食べかけで失礼。あわてて撮ったので証拠写真ていどです。夜の集まりでは、クックパッドさんを参考に、クロアチアソーセージを作ってみました。赤いのはパプリカペースト。なすもよく使うそうです。写真はありませんが、クロアチアのイースターパンも作ってみました。でも、クロアチア料理など食べたこともないので、いわば想像上の食べ物ですね。クロアチア在住の清水さんから、ソーセージは花まるをいただきましたが、パンの方は「こういうのもありそうな気はしますね」というコメントでした。



こんな「HOPE」を見つけました。
prayforJapan from New York



東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン















..... Ads by Excite .....

[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-26 01:37 | 牧師館で暮らす
クロアチアからの黙祷+震災支援「アーティストカフェ」ご案内  
東日本震災支援♯prayforjapanの集いでヴァイオリンを弾いて下さるのはクロアチアからのゲストです。

クロアチアと言えば、12日に首都ザグレブで行われた5000人規模の反政府デモ中に起きたあるできごとが、ユーチューブで話題になりましたよね。アップしてみます。

シュプレヒコールのまっただ中、日の丸を掲げた日本大使館の前に来るや、だれ言うともなくデモ行進が止まります。なぜ? そうです。クロアチアの人たちは日本の被災者の方々のために、しばし黙祷を捧げてくれたのです。動画の前半と後半の変化に心が動きました。ありがとう!



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

IAM-ARTISAN主催♯prayforjapan「アーティストカフェ」
                  今、わたしたちにできること
ご案内の詳細はここからご覧下さい。↓


●日時/3月24日(木) pm19:30〜21:00

●会場/墨田聖書教会
    (東武伊勢崎線鐘ケ淵駅下車6分/半蔵門線が乗り入れしています)
出入り自由なカフェスタイルです。
今、感じていることを自由にシェアしたり、
震災復興に向けてアートができることを考えたり祈ったりしましょう。
クロアチア在住のヴァイオリニストのミニチャリティ演奏もあります。
アットホームな集まりですよ。

(*毎月一度開いているIAM Japan-Artisanのフェローシップ
http://www.internationalartsmovement.org/
今回はアート関係を問わずどなたでも歓迎いたします)


●会費/500円(コーヒー・紅茶付き。
震災の義援金として国際NGOワールドビジョンジャパンへ募金)


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

e0165236_2325198.jpg

震災でイースターリースのたまごが欠けましたが、お花屋さんの好意で新しいものをいただきました。これをグルーガンでつければ元通り。本当に親切なお花屋さんです。でも、人の暮らしはこのたまごのようには戻りません。祈り続けます。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-21 23:20 | お知らせ(イベント他)
東日本大震災支援 ♯prayforJapan アーティスト・カフェします
e0165236_23105578.jpg

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今、わたしたちにできること
IAM-Artisan主催 東日本大震災支援特別企画 

  prayforJapan 「アーティスト・カフェ」のお知らせです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●日時/3月24日(木) 19:30pm〜21:00pm
●場所/墨田聖書教会 墨田区墨田3-19-4
(半蔵門線乗り入れ東武伊勢崎線鐘ケ淵駅、京成押上線八広駅が使えます)        
●会費/500円(コーヒー、紅茶付き、震災の義援金としてワールドビジョンジャパンへ募金)
●お菓子、果物持ち寄り。夕食は各自持参。
特別ゲスト演奏はクロアチア在住のヴァイオリニストを予定しています。
毎月一度開いているIAM Japan-Artisanのフェローシップ
http://www.internationalartsmovement.org/

東日本大震災からの回復を目指す今、地震で不安や疲れを感じていたり、何かをシェアしたいという人たちが集まり、アートや自分たちにできることを自由に話し、また祈る時を持ちたいと思います。(出入り自由なカフェスタイルです)


1か月以上前から決まっていたイベントですが、急遽、内容を変更しました。自転車や徒歩でのご来場が可能な方はぜひご参加下さい。
●問合せ、申込み 電話(教会)/03-3619-0195 
 メール/goodnews_cafe@yahoo.co.jp(このブログの右サイドのメールからも送れます)

(*状況により当日中止の場合もあります。ご心配な方は当日お問合せを。くれぐれもご無理のないようにおいで下さい。)

東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

e0165236_23311576.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-18 23:33 | お知らせ(イベント他)
pray for Japan
まちも人の表情もグレーですから、パステルカラーの写真にしました。photoshopがうまく起動せず、巨大画像のままで失礼。
e0165236_0412726.jpg

今朝、教会の掲示板と道路沿いに聖書のことばを張り出した。
道行く人が、ふと目をとめて元気を出してくれるとよいな、と思って。
選んだのは詩編46章

神はわれらの避け所、また力。
苦しむとき、そこにある助け。
それゆえ、われらは恐れない。

たとい、
地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。
たとい、
その水が立ち騒ぎ、あわだっても、
その水かさが増して山々が揺れ動いても。



知り合いが緊急人道支援で東北へ現地入りしている。
その様子を映像で見ながら、
できること、できること、と考える。
それで、
「東京でも心が不安になっている方のために祈りの支援をいたします」
というようなポスターも玄関に掲示してみた。
教会は祈って差し上げるのが大切な仕事のひとつだけど、
利用方法がわからないようなのであえて書いてみた。

どうぞみなさん、お近くの教会で祈ってもらったり、
会堂に入って祈ってみて下さい。
一人で祈るのとはこれまた全然違いますよ。

ギター教室に来た中学生はいつも通りの様子で、
「翼を下さい」の練習に励んでいた。
学校でも話題はもちろん地震と原発。
ただ、変わったことと言えば
「給食に牛乳がなくなった」くらいだとか。

わたしの外仕事は、自宅待機の状態なので、
今のところ電車に乗らずにすんでいる。
教室もやりくりに大変そうだ。
電車に乗って出かける約束事はとりあえず延期。
夫の教えている高校はすでに春休みに入っているので、
バイクに乗らずにすんでいる。
ガソリンがない今、助かる。
卒業式は行えるようにして下さい、と祈る。

スーパーにお肉がまったくないので、
時々行く近所のおいしいお肉屋さんに立ち寄ってみる。
おお。いつも通り。品数豊富にずらり。
スーパーのルートと個人商店は違うのかしらん。
何も変わらない、とご主人。
都会の個人商店、忘れないでくださいよ。

お肉屋さんともしばし地震当日の体験を語り合う。
ちょうど病院にいたとかで、
先生が患者さんたちを的確に誘導し、
自分達を覆うように守っていてくださったことに感激したと話してくれた。
うれしいですね、こういう話を聞くのは。

prayforjapanのムーブメントがますます広がっているようです。
下記のサイトをチェックしてみてください! 映像がたくさん見られますよ。
prayforjapanココ↓
prayforjapanココも↓

     ↓ 下の文字をクリックして応援をよろしくです!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
















..... Ads by Excite .....
[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-16 00:59 | 牧師館で暮らす
今、私たちにできること
花の姿に慰められますね。
e0165236_22253690.jpg


東京にいる私たちに何ができるだろうか?

やはり祈ること、そして支援を募金すること。
というわけで、
今朝の教会は、
礼拝前から礼拝後にいたるまで、
何度もみんなで心を合わせて祈った。

不眠になったり、不安定になっている方も見られたので、
いま一度、みことばを握りしめるように励まし合い、
最後はみな笑顔となってそれぞれの場所に戻って行った。

日曜日の礼拝後、教会から出るときは、
「行ってきます!」。
日曜日の朝、
「ただいま!」という思いで帰ってくる。
いつもそのようにお話してくださる方がいるが、
こういった大きな災害を前にすると、
ホームと言えるコミュニティがいかに人間に必要かとあらためて思う。

ひとり暮らしの方とは、
何かあったら会堂に逃げてくることを確認し、
お互いの連絡方法についても少し話し合った。
携帯を持っていなかった人が、
これを機会に携帯テビューをついに決意。
携帯はつながらなかったけれど、
メールはすぐに役立った。
まずは彼女とメールのやりとりの練習からかな。

39アートのイベントや、3月で終わる墨東まち見世のイベントは、
中止の方向で進んでいるらしい。
早々にプチバザールをさせてもらえたので、
天気も含めて守られたことを感謝した。
やはりこの感謝に応えようと、
バザーの売り上げは被災支援のために募金することにみんなで決めた。

じつは3月中に、クロアチア在住のヴァイオリニストの女性がおいでくださり、
この教会で小さな集まりを行う予定になっている。
もしも予定通りに開けたら、
この集まりでも募金を集めたいと思っている。

以前、スマトラ沖地震のとき、
ワールドビジョンの協力を得て、
「ワンコインカフェ」というチャリティーカフェを教会で開いた。
やはり売り上げを募金したのだが、
どこか遠い国の話のような気持ちが残っていたように思い出す。
今回は、まさに今、ここで、という話だ。
被災地まではいけないけれど、
思いを持っているみなで集まることができれば幸いだ。

電池が買い占められているらしい。
今だからこそ、
他の人のことを考える感受性が必要なのではないかな。

東京電力の知り合いによると、
16時〜19時の節電協力が欠かせないのだとか。
家事の時間帯を工夫してみようかと思う。
コンビニの看板の自粛はよいこと。
教会の看板も通りの安心のためにと夜中までつけていたが、
しばらくは夜、早めに消すことにタイマーをセットし直し。

本当に小さなこと。
でも、みんなで少しずつできるところからやっていけば
大きな力になると信じて。

ツイッターで
「prayforJapan♯」というムーブメントが賑わっていると聞いて、
少しだけてのぞきにいった。
世界中からの祈りと励ましにワーオ。
やっぱりつぶやき方がよくわからないので
眺めて終わっているのだけど。
私の課題はツイッターを使えるようになることかな。

今回の募金もワールドビジョンにします。
知り合いが陣頭指揮を取っています。お祈り下さい。
ワールドビジョンの詳細はココ↓

たくさんの映像を見て心が不安になっている方のために
聖書のことばを贈ります。


私のたましいは黙って、
ただ神を待ち望む。
私の望みは神から来るからだ。

神こそ、わが岩、わが救い。わがやぐら。
私はゆるがされることはない。
私の救いと、私の栄光は、
神にかかっている。
私の力と岩と避け所は、
神のうちにある。

民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。
あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。
神は、われらの避け所である。
(詩編62章)

[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-13 22:41 | 牧師館で暮らす
地震で壊れたイースターリース
(朝、教会に電話がつながらずにご心配をおかけしていたようなので、
今日はいつもとは違い、無事をお知らせするブログです)

e0165236_1730527.jpg


地震の全容が明らかになってきました。
ニュースから目が離せません。

ふだん使えていないフェイスブックの威力を痛感しました。
心配なあの人この人の無事、
また東北地域の教会やキャンプ場の様子など、
いろいろと知ることができました。
教会の連絡網として使っているところも多いのだとわかりました。

教会の方々とFBはしていませんが、
携帯メールで無事を知ることができて役立ちました。
高齢の方とはやはり電話ですね。
朝からやりとりし合うことができました。
お店の棚が大変なことになっていたり、
本棚が倒れてガラス窓が割れたり、
やはりいろいろとあったようです。
幸いにも、身の危険にさらされた方は知り合いにはいませんでした。

ツイッターはもっと役立ったようですね。
江東区の知り合いの教会では、
オールナイトで一時休憩所を開いたそうです。
大きな通りに面した場所なので、ツイッター経由で知った方々には、
ひじょうに役立ったことと思います。
ツイッターはアカウントをとったままなので、
少し使えるようにしないともったいないとこれまた痛感しました。

みなさんは大丈夫でしたか?
このブログを読んで下さっているということは、
ひとまず無事なところにおられるのでしょうからよかったです。

私も夫も不在でしたが、
牧師館も教会もメルも無事でした。
メルは何事もなかったような顔をして、ゴハンゴハン、と尻尾を振っていました。

ただ、細くて背のある棚だけは置き方が不安定だったようで、
中にあるガラス類が2つほど飛び出して割れていました。
今後の家具の配置に示唆を与えられました。

バザーの残りもののはいったダンボール箱が、
物置きでぐるぐる回っていた他、
とくに問題はなかったようです。

夫は隣接している高層ビルがくっつき合うほど揺れているのを目撃し、
とても驚いたと話していました。

私は打ち合わせでファミレスにいたのですが、
別用でひと足先に出て、
郵便局に立ち寄っていたところでした。
打ち合わせでいっしょだった5人は大丈夫だったのか心配です。
あのままファミレスにいたら、また別の怖さを体験したのかもしれません。

郵便局では局員の方たちの誘導はなく、
そこにいたおばあさんたちととりあえず身を寄せ合い、
すぐに出られるように入り口の自動ドアを踏んでいました。
「どこにどう逃げればいいのか実際にはわからないわね」
とみんなで言い合っていました。

風呂場のリフォームの打ち合わせのために、
地震の後、建築士さんがちょうどおいでになったとき、
再びまたものすごく揺れました。
建築士さんは玄関のドアを開け、
私はひたすら祈っていました。
建築士さんもクリスチャンなので、
安心して声を出してがんがん祈ってしまいました。
こういう場合はもう何もできませんが、
祈るというのはやはりすごい力ですね。平安でした。

今回は長い長い揺れでした。
寒い中で辛い思いをしている方々のことを思います。
とにかくすぐにできることは祈ること。
祈っています。祈りましょう。
明日は日曜礼拝ですので、集まった方々と祈りたいと思っています。

午後、近くの子どもたちが遊びに来たので、
「地震、どうだった?」
と聞くと、別に何にも、とか、
揺れて面白かった、とか。
テレビのニュースを見ていないのかしら。
ちょっと感受性が心配になりました。
3月12日現在、死者不明1500人以上にものぼっているのに。
そんなものなのでしょうか?

スーパーではお弁当やパンが売り切れ状態のようです。
近所の若いママとお話して知りました。
ママチャリ姿の彼女は、お子さんともどもちゃんとヘルメットをかぶっていました。

今朝、もうひとつ壊れているものを発見しました。
到着したばかりの新作のイースターリースです。
ペンイトされた本物のたまごのひとつが、割れていました。
この写真は、壊れる前です。
でも、たまごは壊れて中から新しく命が生まれ出るもの。

多くの方々が大変な中におられると思いますが、
これからの新しい命、再建のために祈っています。

これから計画節電があるようですので、節電節水に心がけたいと思います。















..... Ads by Excite .....
[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-12 17:36 | イースター
今年最初のイースターエッグ作り
バザーで開いたイースターエッグの体験コーナー用にと、たまごの大人買い。コストコがいちばんです。「ハッピーエッグ60個入り」で、ななんと900円足らず。前日、一人でゆでましたよ、全部。
e0165236_045547.jpg



覚悟はしていたけれど、バザーは体力。バザーは気力。
品物集めからお客さん集めまで、
プレッシャーの嵐だった。
教会行事の中ではいちばん大変だと思っている。
だから、4年近く休んでいた。
うるう年並みでじゅうぶん。いえ、もう二度とやらなくてもいい。
ここまで断言していたのに、
せっかく39アートに声をかけてもらったのだから、
とバザーを提案してしまうところが自分でもやれやれ。

無事に終えてやはり思う。
うるう年並みでじゅうぶん。
でも、いろんな人たちに助けられ、
いろんな人たちが遊びに来てくれて、
いろんな人たちと出会い、交わり、
やっぱりやってよかった。
人数的には大盛況とまでいかず、
「告知が足りないわよ」とお客さんに言われたけれど、
びっくりするほど売れた。
告知はいつも悩みのたね。
またまだ下手っぴなもので。

以前のバザーは、
安いものだけを見つけてさっさと帰ってしまう客層だったけれど、
今回は、お茶をしながら会話を交わしたり、
立ち話に応じてくれたり、
その場をゆるりと楽しんでいてくれる人たちが大半で、
あ、変わったな、と実感した。

片付けだけのために自転車部の人が来てくれたりして、
毎回、教会外の人たちに助けられて成り立っている不思議。

みなさん、ありがとうございました!



小学生たちの作品。ラフィアのスタイリングが乱れているところが、忙しさを物語っています。
e0165236_0451771.jpg


この日のよくできました賞は小学3年生の作品。
e0165236_047716.jpg


放浪書房のトミーさんが駆けつけてくれて、感激。4月の「ふるほん日和」は私もお手伝いする予定です。秋には曳舟だけではなく、ここ墨田の隅っこも同時多発的に参加して「ふるほん日和」をやろうという話もちらほら。すみだも楽しくなりそうな予感がしてます。トミーさん、楽しくてほんと、よい方です。放浪書房はここを見て下さいね↓
e0165236_0453817.jpg
●イースターの飾りや祝い方などを知りたい方はこちら↓
イースターエッグの作り方
子どもたちのイースターエッグ作品
イースターリース

[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-10 01:14 | イースター


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル