下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
横須賀美術館で動物に会う
e0165236_23504487.jpg


8月も終わり。
夏の間、たくさんの人とは会ったけれど、
女性の祈り会の人たちとは夏休みのために1か月のご無沙汰。
たった1か月なのに、いつもの祈りの仲間と顔を合わせていないと
なんだか物足りない気持ちなる。

なぜかな?

朝、立ち寄ってくれた教会の方と、
せっかくだから、と
聖書を開いてデボーションの箇所を分かち合い。
感じたこと、受け取ったこと、
やっぱりイエスさまの愛はすごいとか、
うーん、でも信じられない時もあるよねとか、
ざっくばらんにあれこれ10分ほど。

こういう時が、やっぱり大好きなんだなぁと思う。
楽しいし、嬉しいし、元気が出る。

地元の方が、
お茶のみ感覚でふらりと立ち寄って、
聖書を読んでおしゃべりできるような場になれば
どんなに素敵だろうと思う。

聖書のことばを分ち合うことが、
成長と変化への鍵だものね。

さて、タイトルの横須賀はここから。
聖書ももちろんだけど、
知らない土地に足を延ばして本物を見ることも元気の源というわけで、
横須賀美術館に以前からずっと気になっていた
三沢厚彦さんの木彫を見に行ってきた。

夏の雰囲気をお裾分け。


e0165236_2325191.jpg

これこれ。これが見たかったのですね。でも、写真に本当に撮りたかったのはシロクマ。残念ながら撮影が許可されていたのはエントランスにあったワニとネコだけでした。

e0165236_23315591.jpg

横須賀美術館の屋上から見た景色です。目の前は観音崎の海。東京の北で暮らすようになってから、近場の海と言えば房総。でもね、空気も色も違うんです。東京の西育ちですから、昔は神奈川の海の方が馴染みでした。葉山なんか好きで。

e0165236_2331356.jpg

屋上の山側はこんな景色です。

e0165236_2332186.jpg

正面玄関から見るとこんな感じ。観光アートですね、まさにここは。この芝生はイタリアンレストランに続いています。芝生までは犬が入ってもよいとのことでしたが、メルには車の中で待っていてもらいました。

e0165236_23344551.jpg

海とメルの目の色が同じでした。久しぶりに二人と1匹のドライブでしたので、メルは嬉しくて嬉しくて一日中笑っていました。犬、笑うんですよ。知ってました?
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-31 00:09 | まちを歩く
花火を見て初めの愛に戻る
横須賀の空。海風に当たるだけで私は幸せ。メルはべとべと。
e0165236_22111945.jpg


夜、セミが庭に落ちていた。
メルが気付いて、鼻でつんつんすると、
ジ、ジ、ジー
と人生最期の切ないうめき。

夏の終わり。
突然、庭のインパチェンスが生き生きと咲き始めた。
猛暑のために、真夏はつぼみが硬く閉じたまま、
一度も開かずに茶色くなって残念に思っていた。
ところが、しばらく前の大雨続きを合図に蘇ったかのようだ。

ハウチワカエデはどうやら葉焼けを起こしてしまったらしい。
朝、よかれと思ってあげた葉水が、
日中、熱湯となって葉を焼いてしまったようだ。
病気かもしれない、と言う人もいて、
お手上げです、と植木屋さんに電話をした。
難しいなぁ。
ジューンベリーも同じように葉焼けを起こしてしまった。

e0165236_2232453.jpg


ゴーヤのカーテンは今ごろ黄色い花をつけた。
少しずつ順番が狂っている。
この夏は特別なのか、
これから先、どんどん季節の常識が変わっていくのかしらん。

e0165236_22132449.jpg


今年の夏を振り返れば、
庭にはあまり気合いが入らず、
むしろ、人と会うことにいちばん時間をとっていたような。
もうひとつはかき氷。
よく作ったし、いつになくよく食べた。

e0165236_22312326.jpg


昨夜は隅田川の花火大会に来てくれたお客さんに、
フィリピンのハロハロをごちそうした。
これは牧師の奥さんであるけろちゃんから教えてもらったレシピだ。
かき氷の上に、
ナタデココ、豆の甘煮、パイナップルやマンゴーなどの果物(缶詰)をどっさり乗せ、
さらに粒あんとバニラアイスと練乳をたっぶり、
というカロリーオーバーかつ贅沢なもの。
おしゃべりしながらパフォーマンスのようにどんどんトッピングするのも楽しいし、
ぐるぐる混ぜていただくのも楽しい。
金時豆と粒あんと練乳とくれば和のお味。
フィリピンだけど日本だねぇ、なんて言いながら
みんなで平らげてしまった。

e0165236_21422856.jpg

花火を写真に撮るのは難しい。
デジイチなので、きっとワザがあるとは思うのだが、
わからないままあれこれ試した結果がこれ。
どう見ても、火事場の写真?
遠方からのお客さんたちの嬉しそうな様子に、
こちらも初心に戻った気持ち。
初めの愛、初めの感激をいつも心に。

e0165236_12415878.jpg

新潟から届いた枝豆。礼拝後、みんなでいただきました。枝豆の盛りも終わりですね。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-28 22:44 | 日々の庭と花
オリーブが実を結ぶ季節に
いつの間にかオリーブが実を結んでいました。今年は3つだけ。
e0165236_0381544.jpg


しばらくブログを書く気になれずにいた。
いっそこのまま休もうかと思ったり。
ブログを書いている人ならば、
年に何度かはやってくるであろう波。

現実世界では、
懐かしい再会が続いていた。
平均して3年ぶり、長いところでは8年ぶりだとか。
だれかと会う度に、
いろんな気持ちが押し寄せてくる。
それを文字にしようと思っていると、
また新たな気持ちが沸いてくる。
そのうちに、なんだか書くこと自体が面倒になったり、
現実世界の原稿がうまく書けずにいて、
ブログどころではなくなっていたのが真相だ。

だいたいみんな幸せで、
だいたいみんな(中身が)変わっていない。
明るい人はますます明るく、
くよくよしがちな人と話していれば、
ああ、こんな会話を昔もしたなぁ、とこれまた懐かしい。
キャラクターって、基本的に変わらないものだ。
そう思うと、自分を顧みてがっかりする。
でも、考え方や
問題に向き合う姿勢は確実に変わっているのが慰めだ。
堂々巡りをして無用な心配をしなくなったところが、
人生でいちばん変わったところかな。

もっと軽やかになれれば。

e0165236_0391144.jpg

古い友人に会うために、久しぶりに母教会にも行きました。教会の隣りに新しくできた教育館のキッチンは使いやすそう。幼児から大学生までニーズごとにフロアで分かれている贅沢さ。うーん、いいなぁ。友人は、これから家族でアフリカに旅立ちます。こういうことがないと、大人たちは忙しくて、なかなか再会を果たせないですよね。ママになっても変わらぬ笑顔でした。行ってらっしゃい!
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-25 00:52 | 日々の庭と花
かき氷用の氷は下町文化?
1週間ほど前、南三陸から帰ってきたかき氷自転車です。被災地支援に行かれた方々にお貸ししました。被災地でも人気だったとか。こすみ図書でのかき氷自転車出動も無事に終わりました。参加者にはスカートの女性が多く、初めは躊躇して見ていましたが、みなが楽しそうに漕いでいる様子に、ほぼ全員がチャレンジを。猛暑の一日、まさにかき氷日和でした。
e0165236_2211506.jpg



かき氷自転車のために準備するのは、
角氷とシロップとカップとスプーン。
カップ類はかっぱ橋へ行けばこと足りる。
シロップは出先で2本を調達。
さて、角氷は?

気のきいたスーパーならば売っているはずなのだが、
鳩の街商店街近くのスーパーは2件とも全滅。
今年はかき氷人気で足りないのかもしれない。

ネットで少し検索してみると、
墨田区には氷業を営む会社が少なくない。
下町産業のひとつなのかしらん?

とはいえ、当日、わざわざ買いに行くのは大変な距離だし、時間もない。
前日に買い置きするようなものでもないし(なにしろ大きな氷)。
最終手段はセブンイレブンの板氷として、
こすみ図書にお願いをして、鳩の街界隈をリサーチしてもらった。
すると、数件先の和菓子屋さんで角氷を販売してることが判明した。
もとは氷問屋だったのだとか。
ちゃんと配達までしてくれるという。

以前、教会にかき氷自転車の出動となったときには、
目の前の燃料屋さんから角氷を買った。
これまたちゃんとした氷問屋さんからの仕入れの品。
燃料屋さんにも氷があるとは。

こういう小さなところに、
下町文化の一端を見るようで楽しい。

e0165236_22221552.jpg
これが和菓子屋さんの角氷。半貫で15人分ほど。ペダルを一気にむらなく漕ぐと、しゃくしゃくのきめ細やかなかき氷ができあがります。



今、子どもたちに人気のシロップは何だろう?
ちょうど小学2年生のクラスがあったので、
みんなに尋ねてみた。
たぶん、私が最初に「いちごミルク」と言ったせいで、
その後はみな同じ答え。
でも、よくよく聞いてみると、
「ブルーハワイ」が人気。
男の子が多かったからね。ブルーがいいんだよね。味はともかく。

結局、今回自転車部で用意したのは、ラムネと抹茶。
大人達は抹茶を、
子どもたちはラムネを選んだ。やはりブルーがいいよね。

そして、この通り。
e0165236_2228044.jpg


次の出動は、ダンスパフォーマンスの会場だとか。被災地にも続けて行く予定です。


     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


  こすみ図書の前の道路から見えるスカイツリー。うっすらとほんの先だけ。
e0165236_2245721.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-14 22:40 | まちづくり
イベント「折紙展+ビブリオバトル」かき氷自転車も登場!
今年の夏は、かき氷が人気ですね。
かき氷自転車、この土曜日に地元で出動します。
ぜひ、本物に会いに来て下さい。
今回は私も自転車部隊員としてペダルを漕ぎに行きます!

ビブリオバトルというイベントでの出動になります。
これは、自分の好きな本を一人5分間プレゼンをして、
いちばん読みたい気持ちにさせた人が勝ちという本の遊び。
公式サイト(ここをクリック↓)もあるんですねぇ。
京大で始まった読書会が発端だとか。うむ。
私は今回は外野として見ているだけですが(投票権はあるらしい)、
もしも自分ならば何を持っていくかなぁ、と考えますよね。

うーん、何だろう。
(以下、イベント詳細、ぜひお目通しください)

e0165236_23522960.jpg
ブックオフの105円コーナーにあったので連れて帰ってきました。新品、完訳ですからね。アンを読みたい気持ちにさせるには、どんなトークがよいかな?


8月13日(土)オープニングのお知らせ

「折紙展+ビブリオバトル」折紙集団ポロロッカ+こすみ図書

会期:2011.8.13-9.11(土日13:00- 18:00のみ)
場所:こすみ図書(墨田区向島5-48-4)


ひげあつし(折紙集団ポロロッカ)による
折紙と版画の展示をこすみ図書にて行います。

8/13の初日には、
「ビブリオバトル」と「正剛ごっこ 」という本を使ったゲーム、
休憩時には自転車部のかき氷自転車の登場、
カレーとジンジャーエールのオープニングパーティーを行 います。

<8/13タイムスケジュール>
14:00-15;00ビブリオバトル

15:00-16:00休憩
(自転車部http://jitensyabu.exblog.j p/ かき氷自転車登場!1杯200円
ひげさん特製ジンジャーかき氷も数量限定!)

16:00-17:00正剛ごっこ
17:00-18:00休憩
18:00-21:00オープニングパーティー
(美味しいイエローカレーと自家製ジンジャーエールセッ ト700円)



<ビブリオバトルとは>

5人ほどが集まり、好きな本を一冊ずつ順番に紹介しあいます。
発表者以外のギャラリーを含めたその場の全員がどの本を一番読みたくなったかせーので一票いれてチャンプを決め ます。



<正剛ごっことは>

5人ほどがこすみ図書に置いてある本の中から3冊選んで 、その3冊を即興で決めたテーマでくくって紹介します。


<折紙集団ポロロッカ(ひげあつし)>
79年生まれ。
大阪府大型児童館ビッグバンで時代玩具の整理ボランティア
「こどものまち」ミニ★大阪に立ち上げから3年ほど携わ る。
折紙集団ポロロッカ主宰
日本折紙学会(JOAS)公認折紙指導員。
日頃から生姜やビブリオバトル、おもしろいまちとアートの研究に余念がありません。


折紙展:
ポロロッカ+徒然草 二人展(2005)
ポロロッカ展 ノンジャンル 自宅ギャラリー「橄欖」(2006)
十勝清水図書館20周年記念企画 七人七色展(2010 )
Okayama Origami Quartet inかじこ「折紙者の机」担当(2010)


e0165236_23511263.jpg

こすみ図書は向島鳩の街商店街、東京スカイツリーがすぐ間近に見える場所にあります。


     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン















..... Ads by Excite .....
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-10 23:55 | お知らせ(イベント他)
教会にしかできない支援
夏期講習で忙しかったので、朝の散歩は高校がお休みの夫に任せていたら、こんな顔。
e0165236_138889.jpg


石巻に送る絵本がもう少し欲しかったので、
毎度のこと、ふるほん日和さんに助けてもらった。
昨日の朝、自転車で取りに行き、
倉庫で本を選んでいるうちに土砂降りとなった。
天気予報は終日曇りだったが、
最近の天気はくるくる変わるから予想外でも仕方ない。
あまりの強い降りは単なる気まぐれだろう。
そう思って1時間ほど待っていたが一向に止む気配がない。
というわけで、
人間だけ電車で帰って、
自転車と本はまた後日取りに行くことになった。
墨田区は縦のラインの交通が弱いから、
自転車ならば近いところも、
電車を使うとなると、かなりの遠回りになる。
最寄りの駅に行くと、
みな空を見上げて途方に暮れていた。

石巻の教会は、震災直後から、
教会関係のチームが続々と入っては支援に取り組み続けている。
まちの人たちにも「教会」の支援はおなじみとなっているらしい。
私はその様子を東京から見聞きするだけだが、
最近、心にストンと落ちたフレーズがあった。

「教会は教会にしかできない支援をして下さい」
と言われたという話である。
物はたくさんある。
食べ物も足りている。
ただ、ここにいる人たちは、心のバランスがよくないんだ、
という話が飛び出し、
上の台詞を被災地の方々から言われたという。

つまり、心。
いえきっと、もっと奥にあるもののことだ。

教会は究極の自助グループとも言えるかもしれない。
というのも、赤ちゃんから(いえ、お腹の中にいる時から?)、
天国に見送るまでの生涯、
あらゆるステージで助け合っていく。
ただし、中心になる仕事は、
聖書のことばによって、
人が新しく歩み出していくお手伝いをし続けることだ。

この「し続ける」がポイントだ。
初めは私たち教職者がおもに関わるけれど、
やがて教会の人たちが、
それぞれに持てる力を使って関わっていく。
ある人は祈りで。
ある人はおしゃべりで。
一緒に食事に行くことも、大切な力。
経済的な支援ができる人もいれば、
家探しから病院探し、
必要ならば役所と交渉する場合もある。
最近では、一人暮らしの方にクーラーを入れるための手助けをした。
とまあ、やり始めればきりがないが、
やっぱりぶれていけないのは、
最初に言ったように、
聖書のことばによって歩み続けることができるように
支えていく、ということ。
祈って。愛して。かかわる。

ただ、距離感や言い方によって、
人の気持ちはくるくる変わるし、
簡単に傷つくから、
これはもう、経験を通して、
失敗しては反省し、
学習能力を高めていく、ということしかない。

でも、さんざん失敗をして、
つくづくわかったことは、
ただ相手をありのままに受け入れるという「愛」だけが、
その人に変化をもたらしていく、ということ。
聖書的に言えば、
「ただ憐れみと恵みによる」。
なあんだ、聖書にちゃんと書いてあるじゃない、
ということになるわけだけど、
どうしても、
情で動いてしまったり、
よかれと思って余計なことをしたり、
というのは、相手に思い入れが強まるほど、
やってしまうのが痛い。

というような話を、
関西からきた宣教師の友だちとした。
昼下がりの秋葉原、
廃校になった小学校をアートで再生したアーツ千代田3331でおしゃべり。
これも私にとっては自助的友情だ。
関西から来るごとに、
私の話を聞いてくれ、最後にはどこであろうと祈ってくれる。
前回は代々木上原だった。
たいていはカフェ。
こんなふうに互いにかかわりあって、
知らないうちに元気をもらったり、元気を与えたり。
(話はそれるが、
途中、ドンキホーテの前で、記念撮影をしてあげた。
教会で大学生と関わっている彼女は、
話題作りのためにこういう小さなことを大切にする人だ。
それにしても、秋葉原は観光地なのを実感)

話は戻ると、
要するに、ただ愛と憐れみだけ。
この日の結論である。
彼女いわく、
「ヨウコさん、あとは包容力だね」。
やはり目指すはムーミンママかなぁ。

e0165236_1393880.jpg

近くの100円ローソンでは、パンの棚がムーミン祭り。これはアイス。思わず買って帰ったら、同じものが先に冷凍庫に入っていました。読書会以来のムーミンモードの私へのプレゼントでした。こういうのも日々のちょっとした思いやり? ありがと。

東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-04 13:15 | 牧師館で暮らす


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル