下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
寺島なす、実る
e0165236_2136014.jpg

江戸野菜の寺島なすがついに実った。
と言ってもまだ2つだけ。

この季節は、一晩ごとに、ぐん、と大きくなっていく。
ヘタ下の白い部分が一日分の成長を表しているそうだ。
日中、太陽に当たって白い部分が紫色に変わる。
そしてまた一晩で成長して、
朝には白いところができているというサイクルだ。

先週は玉ノ井カフェで寺島なすの剪定教室を開催した。
墨田区の食育イベント、環境フェアへの出品と
なすイベントが目白押しだ。
実際にはまだまちおこしというほど、
地元の人に知られているわけではない。
それでも、メディアで少しずつ取り上げてもらったりするなど、
まずは周りから関心が集まっている。

いつでも、初めてのことは、
近くの人には受け入れてもらいにくい。
まずは周り。そして、最後が近場。
この原則はイエスさまが福音を伝えた場合にも同じだった。

人が何かのよさに気付くには、
「距離」が必要なのかもしれない。
でも、よいものはじつは身近にあるというのも真理なんだけど。
私はこのまちで暮らしてこう思うようになったかな。

好意を持って見るとき、
同じものが違って見える。
これに気付くと人生はもっとラク。
最近の私の課題は「もっともっとリラックスしよう!」でして。

e0165236_21464764.jpg

庭の白いちじくも初生り。この季節の庭は楽しい。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-06-24 21:52 | まちづくり
食の本の読書会で集まった本たち
e0165236_0523619.jpg


食の本の読書会は、おいしい本が山ほど集まり、
幸せなひと時となりました。
どんな本か気になりませんか?
というわけで、今日のブログはリンクの紹介。
遊びにいってみて下さい。
終了後、わたしは夫とラーメンを食べました。
みんなは何を食べたのかな?

食の本の読書会報告はここから
[PR]
by Annes_Tea | 2012-06-19 00:55 | 向島こひつじ書房の本棚
オートミールケーキは逃避メシ!?
e0165236_1059725.jpg


ジューンベリーはタルトがいけると教えてもらったが、
「タルト」という響きのハードルが私には高くて断念。
食べるのは大好きなんだけど。
とくに、チェリータルトは大好物。夫の影響かな?
アメリカンチェリーがぎっしり乗ったあれに目がない。

アメリカンなレシピと言えば、
最近、少しずつ試しているのがこの本。
クッキーのステラおばさんではなく、
高松在住の宣教師夫人であるステラおばさんのレシピ集だ。
少し前に、クリスチャンの友人からいただいた。
断捨離実行中とかで、
ときどき不思議なものが(たとえば大量のタイツ)が送られてくる。
教会は人の出入りがあるから、配ってね、という心遣いのようだ。

e0165236_10541811.jpg


ジューンベリーはきび砂糖とレモン汁少々で煮たものを、
バーミックスでひと息に撹拌した。
ステラおばさんの素朴なオートミールケーキを焼いて
クリームとこのジャムを合わせて出来上がり。
なかなかいける。写真を撮る前に食べてしまって文字報告のみですが。

宣教師夫人だけあって、
教会暮らしのツボをおさえたレシピで重宝している。
日本の食材を上手に取り入れているので無理なく作れる。
ただ、2、3作ってわかったのは、
砂糖の分量が多い。アメリカ人だものね。
わたしの口には、半量でよいかな。

もうひとつ不思議なのは、
粉がすべて強力粉であるところだ。
アメリカ人のほかのレシピを見ても強力粉を使うものがけっこう多い。
これはお国柄ですかね?

薄力粉に変えるとどうなるのかしらん。
うーん、お菓子の研究に情熱があまりないので、
言われたままに作って、あらあら、
ということはままあるんだけど。

次回は、スパイスケーキというものを作ってみる予定だ。
でも、ほんとはたくさん原稿を書かないいけないんだけど。

つまりこれ、「逃避メシ」のたぐいです。
突発的にお菓子を夜中に作ってしまったわけで。
まだ執筆が始まったばかりなのに、
どうなることでしょう!?

逃避めし

吉田 戦車 / イースト・プレス

逃避メシとは、例えば、締切りを前にして何も今作らなくてもいいのに、という時につい作ってしまう料理のこと。詳しくは吉田戦車さんに教えてもらってください。このブログも一種の逃避メシのような。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-06-13 11:16 | お茶と料理、ときどきカフェ
食の本の読書会、参加者募集中!
e0165236_22313032.jpg


リビングの本棚は大半がわたしの本だ。
ごく限られたスペースだから、
おりを見てはえいやっと処分。
でも、食まわりの本だけは、なかなか手放せない。
紅茶やら、レシピ本やら、食エッセイやら・・・
いったん手放したらめぐり会うのが難しそうな本を選んで残しておくと、
時代と食の流行なども棚から見えてくるような。
変わるところ、変わらないところ。
それを考えるのが食の本の深さかな。
時がひとめぐりして、
食についてまた考える機会が増えてます。

6月17日(日)の夕方から、向島のカフェにて食の本の読書会を開きます。
まだ残席がありますので、「美味しい」が大好きなみなさん、
ぜひおいでください。自分の好きな本についてフリートークする集まりです。

食の本の読書会の詳細はここからご覧下さい。↓
[PR]
by Annes_Tea | 2012-06-07 22:44 | お知らせ(イベント他)
ジューンベリー初収穫
e0165236_22553382.jpg

庭のジューンベリーを目指して鳥もハチも飛んでくるので、
これは食べごろのサイン。
夕方、一気に収穫した。
ちょうどお茶碗一杯分となった。

さて、どうしよう?
メルはくんくん匂いをかいだ後、一応口に入れるのだが、
慌ててぺっ。
ということは、酸っぱいのかな?
メルの舌センサーは信用できるから、
このままでは食べられないというしるしだ。

実のなる木と暮らしていると、
毎年、毎年、まったく違う表情を見せるので、
ほんとに飽きない。

今年はグミの木はだんまり。
桑の実はたんまり。
そして、ジューンベリーは豊作。
さて、寺島なすはどうなることか?
苗は3倍ほどの丈となり順調だけど、
カタツムリが毎夜毎夜くる様子で葉っぱがね。
これから、虫たちとのたたかいが続きそうだ。

e0165236_234210.jpg
この季節のベリーといえば、やっぱりこれです。
わがやの大好物。思い切って購入。

[PR]
by Annes_Tea | 2012-06-05 23:06 | 日々の庭と花


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル