下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
雪の日、ボーダーコリーは

大雪の朝、遠くスカイツリーとメル。
e0165236_21211928.jpg


昨夜は東京がまた雪になると言うので、
越冬隊さながらの完全防備で出かけたら、
小雨にもならず拍子抜け。
めったに使わないナイロンのデイバックを背負い、
L・L・Beanの頑丈なブーツまで履いて行ったのに。

今日も雨に終わった。
今年の大雪は、成人の日が最初で最後かな?
先週のウクレレ教室では、
せめて曲だけでもホットにしようと、
「ブルーハワイ」をみんなで練習した。
ところが、今夜のウクレレ教室では「雪やこんこん」。
これが人間の心理なのかもしれない。
ないものねだり。常夏と雪。

東京の冬に対する自分の中にあるイメージを探ると
雪の風景が立ち上る。
というのも、大雪が降った翌年、
神戸に引っ越すことになったからだ。
家の前の芝生広場のようなところで、
雪だるまを作って大騒ぎした記憶が私の中の東京の冬である。
幼稚園児だった昔の話なので、
その記憶が本物なのか、
あるいは、後で写真で見た記憶なのかどうか。

ま、そんなことはあまり関係がなくて、
東京の冬=雪だるま、
という図式は私だけのもの、
というところがかんじんなのだ。

神戸に次いで、札幌で2年ほど暮らしたのだが、
この経験で冬のイメージはまた大きく変わった。
根雪というものが降り積もる夜がある。
ある日を境に、一面が真っ白く包まれる。
これは本当に驚きだった。

雪は嫌いではない。
ただ、雪が解けるのは大変だ。
土やほこりと交じって、
町中がどろどろになっていく。
とくに東京の場合は、そのどろどろ状態がひどい。
雪が逃げていく場所がそもそも町にはないのだから、
あっちこっちに黒い固まりが残っていく。
その黒い固まりに関心を持つのは、
子どもと犬だけだ。

たくさんの犬が犬ならではの方法で、
そこにオリジナルの手紙を書いているのだろう。
メルも熱心に匂いをかぎ、
そうして、自分も手紙を書いていく。
雪の解けた町を犬と歩くと、
立ち止まる回数がいつもの倍以上になる。

今年はメルの話題が多いのは、
ちゃんと散歩に行っている証拠。
これはいい傾向かな。
昨年は、かなりサボリぎみだったから。

e0165236_21223125.jpg

こうして撮ると、荒川河川敷に見えない!? なんかピントが甘い。寒さ負け。

News!
おかげさまで新刊好評です! 近々、増刷になるようです。
以下、アマゾン他、オンラインでの購入先のリンクをはってあります。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


★ブックサービスでも取扱い始まりました。
★わたしのイチオシはe-hon。お近くの書店で受け取る場合には送料無料です。まちの本屋さんを応援したい!
★楽天ブックス。一冊から送料無料。
★電話の購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-01-22 21:36 | ボーダーコリーのメル
砧公園を犬と歩く
e0165236_20373974.jpg


成人の日、外は雪。
こういう日は、家にいられる幸せをかみしめる。

本当は、朝から予定が二つあったのだが、
どちらも雪のためキャンセルとなった。
昨夜、時間をかけて準備をしたことだったので、
残念な気持ちが混じりつつも、
雪の日に出ずに済むのはやはりほっとする。

あまりの雪に、メルは恐れをなしたのか、
ドアを開けてもいつものように勢いよく駆け出さず、
じっと丸くなっている。まるでネコだ。
犬はコタツならぬ、玄関のタタキで丸くなる。

退屈と寂しさで、夜になってからぎゅんぎゅん、
という奇妙な声で私たちを呼ぶ。
部屋の中に呼んでくれよ、
寂しいんだよ、
と聞こえるのは犬バカのせい?
犬バカ度が高いのは、
私ではなく夫の方なので、
かわいそうにね、とか何とか言ってリビングに抱えてきた。
メルはお腹を見せてひとしきり狂喜乱舞した後、
まったりと満足そうに夫の脚にくっつく。

先日、久しぶりに、という言葉では間に合わないほど久しぶりに、
世田谷の砧公園にメルと出かけた。
世田谷美術館の松本竣介展を見たがったのは私の方で、
夫の目的はどちからと言うとメルとの散歩である。
絵と犬と美術館でのランチ。大好きな組み合わせだ。
砧公園は、入り口が違うと、ずいぶん印象が違う。
昔はときおり遊びに出かけたものだが、
まるで景色が違って見える。
下町墨田に暮らして久しくなったせいか、
それとも犬と一緒に来たせいだろうか。

芝生に入ると、
犬は禁止です、というアナウンスが流れる。
監視されているの?
いや、たまたまタイミングが合ってしまったようで、
時間が来ると、同じアナウンスが流れる。
「愛犬の散歩道」なるものを歩くのが無難なようだ。
枯れ葉のクッションをざくざく歩くメルの顔は、
一瞬にして笑顔になる。
これがメルの本来の表情なんだろうな。
いつもせせこましい下町の中、
犬や人や車や自転車たちとバトルしながら歩くのだから、
顔も変わろうというもの。

わたしたちもざくざく歩いて嬉しくなる。

1月、2月は気をつけないと。
日照時間が短いせいもあって、
ふとしたことで落ち込みやすくなるからだ。

メルとざくざく。これが沈まない秘訣かも。

e0165236_2038967.jpg
犬の散歩道。
e0165236_20382137.jpg
冬の椿があちこちに。
e0165236_20375930.jpg
散歩道を抜けると、芝生の広場。どんぐりと松かさがたくさん。

News!
おかげさまで新刊好評です! 近々、増刷になるようです。
以下、アマゾン他、オンラインでの購入先のリンクをはってあります。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


★ブックサービスでも取扱い始まりました。
★わたしのイチオシはe-hon。お近くの書店で受け取る場合には送料無料です。まちの本屋さんを応援したい!
★楽天ブックス。一冊から送料無料。
★電話の購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-01-14 20:41 | ボーダーコリーのメル
荒川ボーダーコリー日和と今年の漢字「夢」
わがやの年賀状のごとく、
新年、ブログの更新もすっかり出遅れてしまった。
明日の礼拝後にいただくお汁粉の段取りをつけて、今、ほっとひと息。
いつもひと息つくとブログに向かうのがスタイルとなりつつあるような。

今年も牧師館のお茶会にゆるりとお付き合いください。
そろそろブログのデザインを模様替えしたくなり、
引っ越し先を検討中です。

今年の漢字は、なぜか「夢」。
一年経ってみないと理由はわからないが、
新年からこの漢字がぐるぐると頭の中を回っている。

「夢」つながりで、メルにつなげるチカラワザ。
新年、ボーダーコリー日和と言わんばかりの晴天、
荒川で夢心地なメルの顔でごあいさつ。
e0165236_22223213.jpg


そのうち、こんな顔に。
e0165236_2222578.jpg


散歩の終わりはこんな顔。デジイチを向けると、なんで? 
e0165236_2224510.jpg


e0165236_22242919.jpg


News!
おかげさまで新刊好評です! オンライン及び電話での購入が便利です。以下、詳細です。リンクをはってあります。

アマゾンでの入荷がスムーズになりました。やはりこちらで購入される方が増えているようです。
☆わたしのイチオシはe-hon。お近くの書店で受け取る場合には送料無料です。まちの本屋さんを応援したい!
☆楽天ブックス。一冊から送料無料。
ツタヤ、丸善、ジュンク堂、紀伊国屋書店のオンラインなどでも扱っています。
☆電話でも購入できます。いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
☆いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
☆全国のキリスト教系書店では新刊コーナーでお買い求めいただけます。お茶の水CLCの店頭にはたくさん入荷しました。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


[PR]
by Annes_Tea | 2013-01-05 22:36 | ボーダーコリーのメル


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル