下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
イースターエッグと子どもの季節

Happy Easter!
e0165236_21274310.jpg


今年も子ども会でイースターエッグを作った。
 これ、単純なんだけれど、本当に楽しい。
 とはいえ、私は子どもたちとのやりとりに忙しく、 
じっくりひとつも作ったことがない。
 本日、子どもたちが作ったイースターエッグを愛さん会のときに並べて、 
大人のみなさんにプレゼント。
でも、結局は子どもたちが食べたくなっちゃって、
 じゃんけんゲームで手に入れてました。
 イースターエッグがほしくてほしくて。 
こんな素直な彼らを見てると、嬉しくなる。 
中学生も高校生も面白いけれど、 
小学生低学年の懸命さと素直さ、ファンタジー力って、 
私はいちばん好きな子どもの季節かもしれない


e0165236_21365139.jpg
毎年だれかが描いてくれる十字架!
e0165236_21292269.jpg
女の子はハートが好き。
e0165236_21285118.jpg
誰かな?
e0165236_21300090.jpg
作り終わった子はお絵描き。

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News! 新刊出ました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。
アマゾンで販売始まりました。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-20 21:37 | イースター
新刊『アンが愛した聖書のことば 赤毛のアンを大人読み』発売!

まっさらな本が届いた。
二つ折りにされた編集のFさんからの心優しいメッセージにほろり。
生まれたての2冊は、
色校で見ていたよりも、しっとりと大人っぽくて素敵だ。
「薔薇の蕾のティーカップ」だもの。
表紙に盛られた思いを、腹心の友たちならば、
読み解いてくれるはず。

この2冊は特別にうれしいので、
自分用とオット用に一冊ずつのつもり。
サインを書いて渡すことになっているのだけれど、
これがなんとも照れくさい。
「最愛」なんて字を切れっ端で練習してみているが、まだ書かずじまい。
宿題は明日にまで伸ばすのがよさそうだ。

続いて、ダンボール一箱分がどさり。
こちらは販売用だ。
買いたいと言ってくださる方たちに恵まれている幸せ。
時間のない中で、最後までよく書き上げたものだと、
これくらい時が経つと、まるで人ごとになるから面白い。

祈ってくれたり、話を聞いてくれたり、
みんなほんとにありがとね!
e0165236_20534323.jpg
アンを読み解いた本なわけですが、かつて女の子だったすべての大人女子に楽しんでもらえる内容にまとまっていると思います。著者のモンゴメリが牧師と婚約中に書いたという背景は、やはり第一作のアンに大きな影響を与えているようです。その後のモンゴメリの人生は・・・これもまた書いてみました。
e0165236_20535492.jpg
裏表紙はグリン・ゲイブルズですよ。
e0165236_20540773.jpg
「読書会」もひとつの味つけにしました。
e0165236_20541473.jpg
アンのいる風景。三好さんのイラスト、空気感がいいのです。

(画像無断転載はしないでくださいね)

アンが愛した聖書のことば

宮葉子/いのちのことば社

undefined

販売開始! 6月28日(土)には出版記念のお茶会「アンまつり」開きます。こちらもご興味ある方は、ぜひ予定に加えてくださいね。詳細決まりましたらまたブログでお知らせします。

*版元(いのちのことば社)のサイトです。こちらの方が早く届きます。会員登録しなくても購入できます。
『アンが愛した聖書のことば-赤毛のアンを大人読み』

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

こちらも好評発売中! イースターのプレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。



[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-10 21:33 | 赤毛のアン
今年も、今年こそ、の寺島なす
ひと冬越した寺島なすは、干し柿の風情。しおしおした姿が愛しい。
e0165236_20404862.jpg
夜になるとまだまだ冷え込む。 
それなのに、夏野菜の話題は気が早い? 
いえいえ、今年の寺島なすプロジェクトは着々と始動しているのだ。 
27日には、地元で苗の販売会を行うことになっている。 

今年も寺島なす。 いえ、今年こそ寺島なす。 
「こそ」というあたりに、 まちづくりの人たちの心意気を感じる。 
東向島=寺島なす、というぐらいに浸透しないかな、 
などと、大人たちが頭を寄せ合って夢を見る。 
そこに私が余計なひと言を加えてみる。 
「東向島=寺島なす+ウクレレ」がいいですね、と。
 ああ、それもいいねぇ、と優しく賛同してくださるまちの人たち。
 
小さな集会所で行われたなす会議のひとコマでした。 

 その前に、教会はなんと言ってもイースターなのです。
 クックパッドに食べられるイースターエッグのレシピを掲載してみました。 
 つまり、ゆで卵を使うというだけのことですが。
 
*クックバッドはこちら。印刷できます。

アンが愛した聖書のことば

宮葉子/いのちのことば社

undefined

私の新刊、アマゾンで予約が始まりました! 次回、ブログで詳しく紹介します。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-09 22:49 | イースター
アンの幸福、わたしの幸福

山田家の人形焼き。アメリカ人のアンさんへのお土産にしました。
あんこも入ってなくて、何がおいしい? と思われたかしらん。
香港人の知り合いが、おでんだけはわからないと言っていたのは、
全部同じ味だから。通じるような、人形焼きにも。
でも、愛嬌はあります。

e0165236_22140521.jpg

『アンの幸福』のあとがきを読んでいたら、
 今から56年前の村岡花子さんの文章にこうあった。 

モンゴメリが初めて「アン」(Eが終わりにつく綴りのANNE)を世に贈ったとき、 
彼女は不滅の喜びに火を点じたのであり、
このともしびは人工衛星、テレビジョン、航空機の時代にも、
その独特の魅力をもって人々の心に迫っていくことでありましょう。 

なるほど。

昨日、私のアン本のために若い女性二人が取材に来てくださった。
読者対象は? アンの魅力は?
と、さんざん考えてきたはずなのに、 話ことばにすると、心もとない。
だから、書くのだ。きっと。 
明日、宅配で届くそう。 
風邪にしっぽをつかまれて 昨日からおとなしくしている私には、
うれしい知らせ。 
原稿のやりとりは、初校以外はPDFだから画面読みだったけれど、 
なにはなくとも紙、
そして、
本というカタチが好きなのです。

 

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

News 好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-08 20:51 | 赤毛のアン
ピンクに染まったエーリッヒ・フロム『愛するということ』

祈りの友からもらった小鳥たち、どこに置こう? 
会堂のあっちこっちで試し中。
今月はイースター。
たまごの飾りや、イースターリースも1年ぶりに出しました。
e0165236_22180445.jpg
新宿まで友人の陶芸展を見に行った帰り、
紀伊国屋書店に寄った。
昔はあんなによく通ったのに、
下町暮らしとなれば、遠くになりにけり、だ。
赤毛のアンは盛り上がっているかしら、と棚を見回すも、
入り口辺りは気配もない。
やたらと目についたのは、エーリッヒ・フロムの『愛するということ』。
あっちにも、こっちにも、ワゴンにも山積み。
ええと、なんでだっけ?
ポップを見て思い出す。
NHKの『100分で名著』で取り上げられていたっけ。

この本は、学生時代に買って、少し心酔したような気がする。
心酔なんて言ってはみたが、内容は覚えていない。
それでもなんとなく手放せずに、結婚するときにもつい持ってきてしまった本だ。
新装版なのだろう。
目に飛び込んできた色はピンクだ。
愛だものね、ピンクにしたのね。
でも、ビンクの腹巻きを付けたフロムは、別人の本のように見える。
版元を見ると、「紀伊国屋書店」とあった。なるほど。

帰宅してから、白っぽい古い本を取り出して少しめくってみる。
目次を見ると、
「愛、それは人間の実存の問題にたいする答え」とか、
「愛と現代西洋社会におけるその崩壊」なんてある。
「神の愛」というのもちゃんと。

夫がインフルエンザで寝込んでいるので、
日曜日は、私が礼拝メッセージの代打だ。
愛について、たくさん考えないと。

愛について知りたかったら、聖書に全部書いてあるんだけど、
日本人にはあんまり知られていないのが残念。
フロムより聖書です。
はたまた、愛について知りたかったら、フロムよりアンです。
来週の月曜日、ようやく私の新刊、入荷するそうです。宣伝であしからず。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

News 好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-04 22:36 | 向島こひつじ書房の本棚
夜桜とウクレレとアン気分

e0165236_22231252.jpg

夜桜を見たくなった。
地元生まれの夫は、 隅田川の桜にも花火にも、 わたしほどにはときめかない。 
おまけに風邪っぴきだ。
今夜がきっと盛り、どうしよう? 
教会のウクレレ教室の仲間を誘ってみた。 ふたつ返事だ。うれしい。
夜20時を過ぎてから、 大人の女性ふたりが自転車で川辺に向かう。
夜遊びだね、楽しいね、とかなんとか言いながら。
完全防備のわたしは、ニット帽と眼鏡とスートルのぐるぐる巻き。 
桜に冬服、あはは、と彼女に笑われる。 
なんか面白い、と言われて知らないうちに写真を撮られる。
フェイスブックにタグ付けしないでよね。念のため。
e0165236_22234222.jpg

白鬚橋のたもとから、浅草に向かって川沿いを走る。 
吾妻橋を渡ってぐるっと一巡りするつもりだ。 
創意工夫に満ちたダンボールハウスの並ぶあたりは真っ暗だけど、
少し先を見ればカーニバルの夜のよう。
暗闇にぼんやり浮かぶ白い桜のぼんぼりが、おいでおいでと手招いている。 
効果的にライトアップなどされているもんで、 こちらの気分も変に高揚する。 
えへへ、アン気分だね。 いい大人が、すっかり女子的。
見上げては、撮影。 立ち止まっては、チンドン屋を眺める。 
春休みのせいか、 墨田区側は、家族連れが多くて和やかだ。 
ちょっと花見のつもりが、 犬の散歩のように立ち止まってばかりいる。

e0165236_22240728.jpg

道を外れて、船着き場の近くまで水辺へ下りる。
友人は、背負ってきたウクレレを取り出して、
ぽろろん、ぽろろん。

ここで、オオトモさんが、なんとかオーケストラやったんだよ。
船に乗って、こっち向いて指揮して。と説明する。
オオトモさんって、あの音楽の人。あまちゃんの音楽とかやった人。
あの日、わたしたちは自転車部として依頼されて、かき氷自転車を出動させた。
でもね、寒くて、全然売れなかったの。
ただ、オオトモさん、ちゃんとかき氷自転車を漕ぎに来てくれて、さすがだなって思ったんだ。
会話の具合も、女子的になっていく。
女子って、いくつまで使うもんなんだろう?

ふたりで賛美したら、まちのために祈りたくなった。
今夜は墨田区のために祈ろう、と彼女。
あちら側の台東区のためには、また次のときにね。

スカイツリーと桜。隅田川沿いを歩いたら、
だれだって取り合わせて写真を撮りたくなるようだ。
撮影スポットは大賑わい。
自分撮りしている女の子たちがかわいかった。本物の女子たちだ。

e0165236_22242696.jpg

隅田川にようやくカフェ出店、とニュースになってたターリーズ。
木の箱のような小さな店。風景と調和していてうれしかった。

今年は人と会おう、自分から会いに行こうと決めて近場から実行中。
春だものね。動きたくなる。
 

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

News 好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-03 20:31 | まちを歩く


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル