下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:お茶会 ( 12 ) タグの人気記事
何かちょっとしたもの


e0165236_22165434.jpg

↑新しくなった会堂を見るために、午後、若き牧師先生たちが3人で遊びに来てくれました。お茶受けに、すぐ近くの浪花家でたい焼きを調達。もちろんしっぽまであんこがぎゅうう。


e0165236_22302528.jpgブザーの音に出てみるとYさんだった。この前借りた1500円が気になるから返しに来たという。この寒いのに、わざわざ? 今年の借りは今年のうちに、ということらしい。

入ってお茶でもとすすめるのだが、恥ずかしがり屋の彼女は、なかなかうんと言ってくれない。でも、寒いところをわざわざ来てくれたんだからぁ、ともうひと押し。その時、夫がちょうどお茶の水から帰って来て、さらにもうひと押ししたら、じゃ、本当にお茶一杯だけ、と言って牧師館に上がってくれた。

お茶受けは、Yさんの手みやげの和三盆ということにして、ミルクティーを少し濃い目に入れる。キスチョコみたいにくるっとねじった和紙を開いて、小さな和三盆を口に入れる。それから紅茶を含むと、和三盆がほろほろっと溶けて、うまいぐあいに紅茶とほのかな甘みが口の中で混ざり合う。これ、いけるねぇ、とわたしたち。

Yさんは、「何かちょっとしたもの」を持ってきてくれる名人だ。80歳近いから量は必要ないので、質のよいおいしいものをちょっとずついただきたい、という人だ。日本橋高島屋に行くのが大好きらしく、ひとりずまいには多いからと言って、たとえば九条ねぎを2、3本だとか、京人参を一本(青々とした葉はごま油で炒めると美味しいわよ、とアドバイスつき)だとかを、お裾分けしてくれる。自作の大きな干物というのもあった。わたしが風邪をひいたときには、本物の吉野葛(いつも買い置きをして棚の奥にしまってあるらしい)を持ってきてくれたっけ。こんなふうに、わたしも気軽に「何かちょっとしたもの」を人に手渡してみたいと思うのだけれど、ついかしこまって考えてしまう性分なので、なかなか。

夫はこの町の生まれ育ちで、身内のほとんどが近所で暮らしている。わたしがこの町に移って来たとき、新しくわたしの姉や母になった人たちが、たとえば焼きたてのパンだとか、ちらしずしだとか、連日のように「何かちょっとしたもの」を持って来てくれた。いいなぁ、こういうの。慣れない下町暮らしを心配してくれる思いがわかってほろりとした。

いちばん驚いたのは、ある夏の日、玄関を開けると義理の兄のお嫁さんという人が、ソフトクリームを持って立っていたことだ。ヨウコさん、溶けちゃうから早く早く、と言って渡してくれた。わたしも真似してみたいけれど、きっと気取ってしまってうまくいかないだろうな。

Yさんはひとしきり話をして、ことば通りお茶を一杯のところで立ち上がった。ああ、さっぱりした。お茶をいただいてよかったわ、とかなんとか言って。わずか30分足らずのお茶会だったけど、わたしたち二人も同じようにさっぱりした気持ちになっていた。

来年は、どんな人たちと、どんなお茶をいただくのかな?



    なぜだか、昨日から「何かちょっとしたもの」をいただいています。
               その中身は?

        ・Yさんから和三盆
        ・クリスマス会のお礼と言ってN君ママから手作りクッキー
        ・アメリカ土産のワーシップの楽譜
         (アメージンググレースのアレンジがすてき!)
        ・義理の姉からアールグレイの紅茶
        ・若き牧師たち3人から黒まめおかき

     みなさん、ありがとう。こうして見てみると、お茶会できますね。


e0165236_22173245.jpge0165236_22174795.jpg←これはわたしの分のたい焼きです。足のはえた変な生き物? いえいえ、メルなんです。鳩の街にあるアート&カフェこぐまで使われているカップの作家さんに焼いていただいたものです。おやじ風のメル。

e0165236_22181397.jpg

↑本物のメルの目は、左右で色が違うので、最初のころは見つめられると不思議な気持ちがしました。
[PR]
by Annes_Tea | 2008-12-29 22:27 | お茶と料理、ときどきカフェ
牧師館のお茶会って?
                 Have a tea?
e0165236_23171867.jpg

『赤毛のアン』に「アンお茶にまねかれる」という章があります。
アンが人生で初めてお茶会に招かれた時のお話です。
新しく教会に赴任したアラン牧師夫人の発案で、日曜学校の生徒を牧師館のお茶にかわるがわる招くことになり、ついにアンのもとにも『グリンゲイブルスのミス=アン=シャーリーへ』と書かれた招待状が届きます。


牧師との結婚が決まったときに思い出したのがこの話でした。
ミセス・アランは幸せいっぱいの新婚さん。お茶会では、うすいピンクのオーガンディーの美しい服でアンを迎えてくれます。オーガンディーという言葉に特別な響きを感じて子ども心にうっとりしたことを覚えています。これから始まる暮らしも、少しはミセス・アラン風にいきたいものだなどと、結婚前の浮かれ気分で想像したものです。


ところが現実は、まるでスイートとはいきませんでした。
牧師館はあまりにも荒れ果てており、女性が暮らすには手を入れる必要がありました。まずはあかずの間をわけ入り、不要物を処分することから始まりました。リフォームで出る廃材とあわせて、その量なんと2トントラック7台分 ! 新婚時代の幕開けは掃除に明け暮れて、ティーポットで優雅にお茶を飲むなど夢のまた夢でした。


でも、こうして結婚から何年かが経ってみると少しずつ願いがかたちになっていることに気づかされます。教会で、あるいは教会の庭で、そして牧師館で、それはそれはたくさんの方々と一緒にお茶をいただいてきたな、と。さすがにオーガンディーとはいかず、庭仕事の合間にジャージ姿で通りがかりの客人と一杯、なんてこともめずらしくありませんけれど。


今年(2008年)は、『赤毛のアン』が日本で出版されて100年ということで、アンという文字を目にする機会がたくさんありました。牧師夫人でもあったアンの生みの親・モンゴメリー、そして、やはりクリスチャンである訳者の村岡花子さんの生きざまなどに再び触れる中で、もう一度、アンとの友情を取り戻したくなりました。


モンゴメリーの時代から時を経ても、牧師館は相変わらず人々と過ごす数だけ素敵なお茶の時間があるように思います。
ほんの少し、みなさんともほっとひと息つける一杯をわかち合えれば。
そんな気分でこのブログを少しずつ続けてみようかと思っています。
                                      2008年11月


             enjoy !
             
[PR]
by Annes_Tea | 2008-11-24 21:54 | はじめての方へ


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル