下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:アート ( 47 ) タグの人気記事
ボーダーコリーがいっぱい

e0165236_15514534.jpg


年内最後の写真は、と探してみたら、これが見つかった。
犬たちが笑顔だからいいかな?
夫が教えているインターナショナルスクールで生徒たちの美術展を開いたとき、
先生コーナーとして隅にこっそり飾ってあった。
夫は学校で、こんなものを描いていたとは。ほぼ趣味ですね。
見覚えのある犬たちは、みんなメルの友だち。
さて、メルはどれでしょうか?

2014年、人も犬も笑顔があふれますように!

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
好評発売中! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-12-30 15:58 | ボーダーコリーのメル
ウクレレ絵本カフェ-Live Love Laugh!-


e0165236_16273794.jpg

来週にはこんなイベントを開く。
墨東まち見世2012の参加企画のひとつだ。
このアートプロジェクトも、3年目となり、今年でいちおうひと区切り。

カフェ終了後には、親しい方たちと出版のお祝い会も予定している。
ごはんを作ることのできそうにない私に代わって、
素晴らしい料理の作り手たちが、支えてくださることになっている。
持つべきものは「友」なのだとしみじみ。

ただ、人数が読めないので、持ち寄りパーティにしてみた。
出版パーティなどと気取った風に言っているが、
なんのことはない、ふだんの教会の愛餐会なのだ。
みんな、勘違いしないで来てくださるとよいけれど。

私もひとつ朗読しようかしらと企むものの。さて?
役者とシンガーの友だちが、何やら素敵なパフォーマンスをしてくれるようだ。
やはり持つべきものは「友」。

友と言っても、年齢も世代も国籍もまったく関係なくつながれるのがよいな。
これがまあ、天国文化、というものかな!?

*ウクレレ絵本カフェ /詳細はここで
[PR]
by Annes_Tea | 2012-10-16 16:32 | お知らせ(イベント他)
隅田川「東京ホタル」に自転車部出動!
e0165236_20125884.jpg
連休最後の5、6日と、「東京ホタル」というイベントに自転車部が出動しています。今年最初のかき氷自転車は見事な晴天で大盛況。豆挽き自転車も出動し、乗り手の身体能力が暴露されるというコワサ。難しいんですよ、バランスを取るのが。ブログが停滞しないように、とにかく写真アップの練習中。

e0165236_20174083.jpg
かき氷自転車の要請をなんと2件もいただきました。今年の夏もかき氷人気!?

自転車部珈琲出動中。詳細は自転車部ログ(ここをクリック)で見てください。

e0165236_20105858.jpg

出店場所のすぐ裏手には中村座が。スイカツリーとのコラボ風景を見ると、撮りたくなるのはツリーの威力。ついつい。高いタワーは景色を一変させますね。

e0165236_201920100.jpg
東京ホタルの北エリアはこんな雰囲気。墨田の知り合いさんがたくさん出店。文化祭のようで楽しい。明日は隅田川界隈が光で溢れるようですよ。私も礼拝の後、夕方に駆けつけようかと思っています。いよいよ5月末に開業するスカイツリー。イベントが続きそうな墨田界隈です。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-05-05 20:24 | お知らせ(イベント他)
エッグキャンドルの作り方
イースター子ども工作会で作ったエッグキャンドルのレシピです。
教会にはクリスマスで使った燃えさしのキャンドルがたくさんあります。
それらの再生もかねて。
いえいえ、イースターですから「復活」ですね。

○今回の完成品は2種類
たまごの殻を使ったキャンドルと、カップケーキの容器を使ったキャンドル

e0165236_2250720.jpg

●材料 たまご、カップケーキ容器、燃えさしのキャンドル、芯(なければたこ糸)
*オーブン対応の容器は、100円ショップで購入。柄物は20枚入り、無地は50枚入りとお手軽。

●作り方
①たまごの殻の頭を包丁で切り取り、中身を出して水洗いし、よく乾かす。

e0165236_22242297.jpg

②小鍋に燃えさしのキャンドルを入れて、電気ウォーマーにかける。キャンドルが溶けると芯が外れるので、それを引き上げておく。
*このホーロー鍋も100円ショップで購入。

e0165236_22424041.jpg

③①のたまごの中に芯を入れ、②を流し入れる。芯がなければたこ糸を適当な長さに切って代用。
*アレンジとして、色付きのキャンドルを砕いたものを先に入れてから流し入れると、カラフルなキャンドルになる。

e0165236_2246013.jpg

④ペットボトルのキャップに乗せて冷ます。熱いので扱いによく注意して。

e0165236_2257279.jpg

⑤冷めて固まれば完成。キャップに布テープを撒くとキュート。これも100円ショップで手に入る。

e0165236_22572146.jpg

殻を剥いてもカワイイ。

とくに女の子たちに人気でした。キャンドルは大きいものをそのまま入れても、ウォーマーできれいに溶けます。クリスマスの工作にもいいですね。ぜひお試しあれ。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-04-11 23:08 | イースター
クリスマス、アートな日々
クリスマス子ども工作会はこんな感じでした。
e0165236_22445310.jpge0165236_22443024.jpge0165236_22442072.jpge0165236_2244044.jpg


先週は、一日おきに教会のクリスマスイベントがあり、
おまけに、一日おきに私的なクリスマス会やら、
冬期講習やらで、てんてこ舞いだった。
(てんてこ舞い、という響きはかわいいけれど、字で書くと舞いの一種みたいだ)

夜遅くまで高校生たちを教え、
帰宅してから子どものクリスマス工作会の準備のため、
夜中に紙粘土を広げ、クッキー型で抜いた。
傍らで夫はそれに凧糸をつける。
クリスマスの準備のために、
全国各地の小さい教会では、
こんな風に牧師夫婦そろって地道に奮闘してるのでは、
などと妄想しつつ、楽しくなる。
まさに家内制工業。

高校生を教えるのは今年が初めてだ。
小学生はここ数年、何かしらを教えてきたが、
ふだん話す言葉で普通に関われるという点では、
小学生よりもずっと気楽だ。
大学受験を控えた子どもたちだから、
少しずつストレスも見える形で現われている。
問題を解くのも疲れるしね。
それで、気分転換にじゃんけんゲームする?
と聞いたら、みんな、顔がぱっと明るくなった。
あ、小学生とおんなじだ。
後だしで私に負けてもらうというじゃんけんをした。
負ける、というのが難しいのだ。
たとえ、後だしでも、人間は勝つことを刷り込まれ続けているせいだ。
とはいえ、そこは受験生だもの、
勝たせねばならぬと配慮をして、
最後は後だしで勝ってもらうことにした。
それでも後だしなのにわざと負ける子もいて、
自虐的だね、とみんなに笑われていた。
乗り切ろうね、受験。
みんな美大を受ける子どもたちだ。アーティストのたまご。
将来は一緒にアートイベントでつながれるかな?

子ども工作会は、
紙粘土に色を塗ってオーナメントを作る班と、
消しゴムねんど班に分かれた。
塗るのは女の子たち、
こねるのは男の子たち。
見事に二つに分かれた。
私は女の子の班長となり、
夫は男の子の班長に。
3歳児の画伯もいて、それはもう賑やか。
みんなでおしゃべりしながら物を作るのは楽しい。
工作教室のようなものも、
いつか形にしてみたいと思っている。
時が来れば、きっと。

今年はアートがつなぐ出会いを、
子どもとも大人ともたくさん与えられた一年だった。
あらためて教会って、
クリエイティブな場だなぁと思う。
歌ったり、作ったり、食したり、
世代を越えたこの交わりにはだれでも歓迎だ。
イエスさまのこの誕生日に、
大きく門を開いて人々を迎えたいな。
あとひと息。

e0165236_2247288.jpgクッキー型で抜いた紙粘土。クリスマスクッキーは今年も作れそうにありませんが、型抜き作業はこのおかげで上手になりました。


e0165236_2252257.jpg
色をつけるとこんなに可愛いオーナメントに。


e0165236_22521618.jpg
母娘のコラボ。アンパンマンうまーい。


e0165236_2253399.jpg
十字架も作ってみました。イースター用にクッキー型を持っているのです。


e0165236_22535155.jpg
消しゴムねんどもクリスマスモチーフ。


e0165236_22543296.jpg
これは何かな?


e0165236_22545726.jpg



マコトフジムラ展「ホーリーゴスペル」のお知らせ
友人であるマコトフジムラさんが個展のためNYから来日しています。キングジェームスバイブル誕生400年のコミッションを受け、2年間かけて描いた100点以上の作品です。日本橋高島屋6階の美術画廊にて。12月21日(水)〜27日(火)まで。ご本人は21、22、23と在廊。21日は14時から画廊でミニライブもあります。尺八とサックスとフィラデルフィアのクワイアー。いったいどのようなコラボになるのでしょうね?! 私もこのライブにうかがえればと思っています。



[PR]
by Annes_Tea | 2011-12-20 23:00 | クリスマス
60人分のカレーの夜
e0165236_1921514.jpg
墨東まち見世2011クロージングパーティでも大活躍した妄想くん。今年は一日限りの自転車部カフェでしたが、アンコールにお答えして有志の部員たちで出店しました。会場は現代美術製作所。こちらのディレクターさんも、ついに幽霊部員から、正式部員となりました。増殖していく自転車部はどこへ? 春までムーミンのように活動は冬眠となりそうです。来年は荒川河川敷からスカイツリーを眺めてのサイクリングなどしてみたいな。


3年前に始まった「墨東まち見世」。
2011年度のメイン期間が終わった。
12月から3月まではアーティスト1名を招聘し、
ゆるゆるとまちとアートの展開はこれから100日間続いていく。

墨東まち見世って何?

こう言われても、
参加している私たちですらうまく説明できない。

墨田区をフィールドに、
まちと人がアートを触媒にしてつながっていくという感じだろうか。
いちばんの主催は東京都と墨田区だけど、
実際に動いているのは
わたしたち住民と、
住民以外のボランティアさんたち。
とくに忘れてならないのは
建築やアートなど何かしらまちを学ぶ大学生たち。

通じる思いはなんだろう?

楽しいから。
面白そうだから。
真っ先に来るのはこのシンプルな気持ちかな。
一人ではできないけれど、
みんなでわいわいやれば何とかなるかも。
このあたりは強い動機になっているはずだ。
人が集まっていくうちに、
知恵や発想や助けや、なんだかんだと力が集まる。
“持ちつ持たれつ”
これが墨東界隈で発信していくときのキーワードかもしれない。
人を自分の思惑のためには利用しないこと。
でも、人に助けてもらう。そして助けてあげる。
みんなでできることをしていく。

自転車部もまず、参加するかどうかから議論した。
面倒なのはわかっている。
でも、せっかく猛暑でヒートしたかき氷自転車人気だもの、
まち作りに関わらなくてどうする。
とまあ、それほど熱い議論ではなく、
いつものようにゆるゆると参加が決まり、
追い込みは激しく、なんとかカタチとなった。

そんな同時多発的なイベントが、ひとまず終わり。

成功と言えるほど成熟した内容ではないが、
昨年に比べると、
イベントに関わっているお互いに、
隣人の感覚が狭まったような気がする。

課題はいつも同じだ。
それ以外の住民には、
このアートイベントはさほど知られていないということ。
まだまだ。
内輪にならないように、
と周りからも言われる。
年輩者からは、
みなさんのアートは自己満足に過ぎない、
なんて声もある。
でも、まずは内輪のつながりが強まって、
互いに信頼できるとわかってこそ、
周りへと広がっていくのではないかな。
後から口で批判するのはカンタン。
わからないなら、
わかろうとすることが大切なんじゃないかな、と思う。
一人一人、
プロセスに関わっていくことで、
初めて同じところから見えるようになる。
傍観者、お客さん意識は、どんなチームでもいちばん困る。
いえいえ、憤っていません。
ただね、どんな集まりでも、そういうこと。

ゆっくり、ゆっくり。
人と人とのつながりは急いではいけないのだ。
そして、ほんの少しでいいから自分のできる範囲で汗水流してみる。

いつも墨東の端っこで、
向島の地図にも切れてしまう場所にあるこの教会だが、
今年はより気楽に、
この期間中、場を何度か提供することができた。
個人的に面白かったのは「墨東キリシタン史」と
アーティスト・谷山恭子さんを迎えてのシンポジウム。
まち歩きのことは、
またあらためて書きたいことがたくさんある。
新聞で紹介していただいたおかげで、
当時を記憶する年輩の方々から、
日々、手紙をいただく反響の嬉しさ。

会堂の第一の目的は礼拝を捧げることだけれど、
下町のコミュニティのひとつとして、
これからもまち作りやアートと関わっていきたい。
これもまた、慌てず、焦らず、祈りつつ。

e0165236_193499.jpg

パーティでは60人分のミニカレーを振る舞いました。今回のシェフは夫です。大量調理は得意技。学生のころ、大島にあるキリスト教キャンプ場の厨房でスタッフをしていましたからね。教会には大鍋も完備。まち作りのお役に少しでも立てて何よりです。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-11-24 19:13 | お茶と料理、ときどきカフェ
2011年11月3日(祝・木)妄想自転車部カフェ開きます
このタイトル、すごいでしょ?

e0165236_243841.jpg


今年の秋も、墨東まち見世に参加します。
自転車まち走りとともに、一日だけのカフェを開催。
私は今回もカフェ隊長をつとめます。
自転車部のメンバーがいつの間にやら12人にもなっています。
ぜひ遊びにおいで下さい。
なにしろ、名作かき氷自転車に次ぐ、新作発表(プロトタイプ)ですから!
自転車でコーヒー豆を挽きますよ。うふふ。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-10-29 02:47 | お知らせ(イベント他)
横須賀美術館で動物に会う
e0165236_23504487.jpg


8月も終わり。
夏の間、たくさんの人とは会ったけれど、
女性の祈り会の人たちとは夏休みのために1か月のご無沙汰。
たった1か月なのに、いつもの祈りの仲間と顔を合わせていないと
なんだか物足りない気持ちなる。

なぜかな?

朝、立ち寄ってくれた教会の方と、
せっかくだから、と
聖書を開いてデボーションの箇所を分かち合い。
感じたこと、受け取ったこと、
やっぱりイエスさまの愛はすごいとか、
うーん、でも信じられない時もあるよねとか、
ざっくばらんにあれこれ10分ほど。

こういう時が、やっぱり大好きなんだなぁと思う。
楽しいし、嬉しいし、元気が出る。

地元の方が、
お茶のみ感覚でふらりと立ち寄って、
聖書を読んでおしゃべりできるような場になれば
どんなに素敵だろうと思う。

聖書のことばを分ち合うことが、
成長と変化への鍵だものね。

さて、タイトルの横須賀はここから。
聖書ももちろんだけど、
知らない土地に足を延ばして本物を見ることも元気の源というわけで、
横須賀美術館に以前からずっと気になっていた
三沢厚彦さんの木彫を見に行ってきた。

夏の雰囲気をお裾分け。


e0165236_2325191.jpg

これこれ。これが見たかったのですね。でも、写真に本当に撮りたかったのはシロクマ。残念ながら撮影が許可されていたのはエントランスにあったワニとネコだけでした。

e0165236_23315591.jpg

横須賀美術館の屋上から見た景色です。目の前は観音崎の海。東京の北で暮らすようになってから、近場の海と言えば房総。でもね、空気も色も違うんです。東京の西育ちですから、昔は神奈川の海の方が馴染みでした。葉山なんか好きで。

e0165236_2331356.jpg

屋上の山側はこんな景色です。

e0165236_2332186.jpg

正面玄関から見るとこんな感じ。観光アートですね、まさにここは。この芝生はイタリアンレストランに続いています。芝生までは犬が入ってもよいとのことでしたが、メルには車の中で待っていてもらいました。

e0165236_23344551.jpg

海とメルの目の色が同じでした。久しぶりに二人と1匹のドライブでしたので、メルは嬉しくて嬉しくて一日中笑っていました。犬、笑うんですよ。知ってました?
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-31 00:09 | まちを歩く
かき氷用の氷は下町文化?
1週間ほど前、南三陸から帰ってきたかき氷自転車です。被災地支援に行かれた方々にお貸ししました。被災地でも人気だったとか。こすみ図書でのかき氷自転車出動も無事に終わりました。参加者にはスカートの女性が多く、初めは躊躇して見ていましたが、みなが楽しそうに漕いでいる様子に、ほぼ全員がチャレンジを。猛暑の一日、まさにかき氷日和でした。
e0165236_2211506.jpg



かき氷自転車のために準備するのは、
角氷とシロップとカップとスプーン。
カップ類はかっぱ橋へ行けばこと足りる。
シロップは出先で2本を調達。
さて、角氷は?

気のきいたスーパーならば売っているはずなのだが、
鳩の街商店街近くのスーパーは2件とも全滅。
今年はかき氷人気で足りないのかもしれない。

ネットで少し検索してみると、
墨田区には氷業を営む会社が少なくない。
下町産業のひとつなのかしらん?

とはいえ、当日、わざわざ買いに行くのは大変な距離だし、時間もない。
前日に買い置きするようなものでもないし(なにしろ大きな氷)。
最終手段はセブンイレブンの板氷として、
こすみ図書にお願いをして、鳩の街界隈をリサーチしてもらった。
すると、数件先の和菓子屋さんで角氷を販売してることが判明した。
もとは氷問屋だったのだとか。
ちゃんと配達までしてくれるという。

以前、教会にかき氷自転車の出動となったときには、
目の前の燃料屋さんから角氷を買った。
これまたちゃんとした氷問屋さんからの仕入れの品。
燃料屋さんにも氷があるとは。

こういう小さなところに、
下町文化の一端を見るようで楽しい。

e0165236_22221552.jpg
これが和菓子屋さんの角氷。半貫で15人分ほど。ペダルを一気にむらなく漕ぐと、しゃくしゃくのきめ細やかなかき氷ができあがります。



今、子どもたちに人気のシロップは何だろう?
ちょうど小学2年生のクラスがあったので、
みんなに尋ねてみた。
たぶん、私が最初に「いちごミルク」と言ったせいで、
その後はみな同じ答え。
でも、よくよく聞いてみると、
「ブルーハワイ」が人気。
男の子が多かったからね。ブルーがいいんだよね。味はともかく。

結局、今回自転車部で用意したのは、ラムネと抹茶。
大人達は抹茶を、
子どもたちはラムネを選んだ。やはりブルーがいいよね。

そして、この通り。
e0165236_2228044.jpg


次の出動は、ダンスパフォーマンスの会場だとか。被災地にも続けて行く予定です。


     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


  こすみ図書の前の道路から見えるスカイツリー。うっすらとほんの先だけ。
e0165236_2245721.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-14 22:40 | まちづくり
イベント「折紙展+ビブリオバトル」かき氷自転車も登場!
今年の夏は、かき氷が人気ですね。
かき氷自転車、この土曜日に地元で出動します。
ぜひ、本物に会いに来て下さい。
今回は私も自転車部隊員としてペダルを漕ぎに行きます!

ビブリオバトルというイベントでの出動になります。
これは、自分の好きな本を一人5分間プレゼンをして、
いちばん読みたい気持ちにさせた人が勝ちという本の遊び。
公式サイト(ここをクリック↓)もあるんですねぇ。
京大で始まった読書会が発端だとか。うむ。
私は今回は外野として見ているだけですが(投票権はあるらしい)、
もしも自分ならば何を持っていくかなぁ、と考えますよね。

うーん、何だろう。
(以下、イベント詳細、ぜひお目通しください)

e0165236_23522960.jpg
ブックオフの105円コーナーにあったので連れて帰ってきました。新品、完訳ですからね。アンを読みたい気持ちにさせるには、どんなトークがよいかな?


8月13日(土)オープニングのお知らせ

「折紙展+ビブリオバトル」折紙集団ポロロッカ+こすみ図書

会期:2011.8.13-9.11(土日13:00- 18:00のみ)
場所:こすみ図書(墨田区向島5-48-4)


ひげあつし(折紙集団ポロロッカ)による
折紙と版画の展示をこすみ図書にて行います。

8/13の初日には、
「ビブリオバトル」と「正剛ごっこ 」という本を使ったゲーム、
休憩時には自転車部のかき氷自転車の登場、
カレーとジンジャーエールのオープニングパーティーを行 います。

<8/13タイムスケジュール>
14:00-15;00ビブリオバトル

15:00-16:00休憩
(自転車部http://jitensyabu.exblog.j p/ かき氷自転車登場!1杯200円
ひげさん特製ジンジャーかき氷も数量限定!)

16:00-17:00正剛ごっこ
17:00-18:00休憩
18:00-21:00オープニングパーティー
(美味しいイエローカレーと自家製ジンジャーエールセッ ト700円)



<ビブリオバトルとは>

5人ほどが集まり、好きな本を一冊ずつ順番に紹介しあいます。
発表者以外のギャラリーを含めたその場の全員がどの本を一番読みたくなったかせーので一票いれてチャンプを決め ます。



<正剛ごっことは>

5人ほどがこすみ図書に置いてある本の中から3冊選んで 、その3冊を即興で決めたテーマでくくって紹介します。


<折紙集団ポロロッカ(ひげあつし)>
79年生まれ。
大阪府大型児童館ビッグバンで時代玩具の整理ボランティア
「こどものまち」ミニ★大阪に立ち上げから3年ほど携わ る。
折紙集団ポロロッカ主宰
日本折紙学会(JOAS)公認折紙指導員。
日頃から生姜やビブリオバトル、おもしろいまちとアートの研究に余念がありません。


折紙展:
ポロロッカ+徒然草 二人展(2005)
ポロロッカ展 ノンジャンル 自宅ギャラリー「橄欖」(2006)
十勝清水図書館20周年記念企画 七人七色展(2010 )
Okayama Origami Quartet inかじこ「折紙者の机」担当(2010)


e0165236_23511263.jpg

こすみ図書は向島鳩の街商店街、東京スカイツリーがすぐ間近に見える場所にあります。


     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン















..... Ads by Excite .....
[PR]
by Annes_Tea | 2011-08-10 23:55 | お知らせ(イベント他)


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル