下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:アート ( 47 ) タグの人気記事
自転車部シネマカフェ報告+ホットアップルサイダーの作り方
(レシピは最後にあります)

自転車部カフェ、終わりました。
ほっこり、ゆるゆる、という表現がぴったりの集まりとなりました。
今、明日の礼拝の準備を終え、もうひとがんばりでブログに向かっています。

e0165236_23204476.jpg


感想ノートを拝見すると、
それぞれに小さな光が心にぽっとともった様子でうれしくなりました。
いらしてくださったみなさん、ありがとうございました。
トークに駆けつけてくださった脚本家の渋谷悠さんにも感謝いっぱいです。
お話、楽しかったです。ありのまんまの感じ、よかったです。
アメリカ生活が長い渋谷さんいわく、
アメリカは車社会ということもあり、自転車はじゃまにされるし、
置いておけば盗まれるし、
移動手段という色合いが濃いように感じるけれど、
日本ではもっと情感のあるとらえられ方をしており、
自転車の価値自体が違っているというご指摘に、なあるほど。
「文科系自転車部」が成立するのも日本ならではでしょうか。

e0165236_23254688.jpg


久しぶりに自転車部員のほとんどが顔を揃えました。
打ち上げはみんな忙しいので、来年の1月くらいかなぁ、と言っています。
本当にゆるいです。
でも、大人の部活動ですから、こういうのりが長続きの秘訣かもしれませんね。
新しく入部希望者も与えられました。
かなりの自転車好きとみました。
わたしにはわからない部品や構造の話をメカ班のYさんと楽しそうにしておられました。

e0165236_2328798.jpg
e0165236_23275467.jpg


わたしはいつもカフェ隊長ですからね。よいのです。メカの話がわからなくても。
最終日はチーズケーキを完売しました。
ホットアップルサイダーも完売しました。
あ、NYの味と同じ、とお客さんに言われて気をよくしました。
NY通でもなんでもありませんが、
青空市で味わったおいしさを分かち合えてこれまたうれしいできごとでした。

人間って、自分の好きなものを分かち合えると、
どうしてこんなに楽しくなるのでしょうね。

e0165236_23315290.jpg


ようやくここで、ホットアップルサイダーの作り方です。
不透明なタイプのりんごジュースがよいようですが、
ここすみだの近所のスーパーでは見当たらないので、
思い立ったときに下町でもすぐに作れるレシピにしました。
本場の作り方をご存知の方、ぜひ教えてください。
今年の教会のクリスマス会にも登場させようかと思っています。
さあ、これからは教会の働きで忙しくなる季節です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NY風ホットアップルサイダー
●材料
100%りんごジュース 1000㎖
紅玉 1個
シナモンスティック 1本
クローブ 4個
カルダモン 2個

●作り方
紅玉は皮ごとスライスして、ほかの材料といっしょに全部鍋に入れる。
沸騰させないように注意して、周りがふつふつとしてきたらふたをして10分ほど弱火にかける。

*すぐにいただけます。火を止めてふたをしたまま置いておくと、より濃厚になります。飲み終わるとりんごが残りますが、三温糖を少し加えて煮詰め、ヨーグルトにかけていただきました。

e0165236_23324217.jpg

おまけの写真。NY、ユニオンスクエアの市場です。りんごの季節だから、ホットアップルサイダーが秋冬の風物詩なのですね。1ドルで飲めちゃいました。
[PR]
by Annes_Tea | 2010-11-06 23:55 | お茶と料理、ときどきカフェ
自転車部シネマカフェ初日

e0165236_22171024.jpg
開店前。会堂をリフォームして本当によかったです。礼拝はもちろんですが、人が集いやすくなりました。

e0165236_22184939.jpg
ウエルカムボードは空気入れ? kosuge1-16の作品をお借りしました。ありがとう!


3日間限定オープンの「自転車部シネマカフェ」が始まりました。
がんばって初日の写真をアップします。
明日は夜19時に開店します。
仕事帰りにおいでください。
わたしも外仕事が終わったら、大急ぎで戻ってカフェ隊長に変身します。
最初の上映には間に合わないかな。(でも、他の部員が働いていますのでご安心を)
20分ほどの短編というところが、
今回のシネマカフェの寛いだ雰囲気にぴったりだと思います。
ちょっと不思議な気分に、
そして、ふんわり元気になれます。

今日は、昨年部員になったアーティストのSさんが、
お手伝いにいらしてくださいました。
幽霊部員から部員に昇格(?)した別のSさんも駆けつけてくださいました。
「で、自転車部って何?」
とみんなでことばにしようとしたのですが、
いまひとつ形になりません。
とにかくキーワードは「自転車」。
ゆるくつながる。出会う。始まる。何かを感じる。
という場になれば。

e0165236_2220946.jpg
リフォームした玄関です。少しはわかりますか? この横は春になってから植物を植える予定です。戦後すぐからある杉の木は切り株として、これからもわたしたちとともに歩んで行くことにしました。

e0165236_22233174.jpgNYの旅で覚えた味、ホットアップルサイダーを作ってみました。ユニオンスクエアのフアーマーズマーケットで飲んだほっかほっかがおいしくて。日本で言えば甘酒のような扱いでしょうか。100%りんごジュース、カルダモン、クローブ、紅玉のスライスを10分ほど弱火でことこと。案外うまくいきました。カナダ人のサンディさんが、懐かしい香り~、good ! と言ってくださりひと安心。(でも、日本人には少し濃いようでした。味覚が違うんですよね、きっと)。お鍋をのぞいた方が、大根ですか? とひと言・・・。

e0165236_22231815.jpgいつものバナナブレッド。土曜日にはチーズケーキを出しますよ。



     ↓ クリックで応援をありがとうございます!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


これが最後のお知らせですよ~♪

3日間限定オープン!! 「墨東まち見世2010」ネットワークプロジェクト
「自転車部シネマカフェ」http://machimise.net/network.html
      by自転車部
(詳しくはココをクリック↓)
http://AnnesTea.exblog.jp/13545059/

ゆるい自転車好きが集まって、おもしろ文化活動を創り出す家庭科系自転車部。今回の《シネマカフェ》では、「第66回ヴェネチア国際映画祭」短篇コンペティション部門・正式招待作品の『自転車』を上映します。脚本家・渋谷悠氏によるトークイベントも開催。ぜひ自転車に乗ってご来場ください。 (もちろん徒歩でも大歓迎)

●11月5日 (金) 上映19:30〜/20:30〜
●11月6日 (土) 上映13:30〜/14:30〜
              料金: 300円(ドリンクセット込み)

★11月6日(土)上映15:30〜のみ500円(アーティストトーク付き)

場所:墨田聖書教会 墨田区墨田3-19-4 tel03-3619-0195

[PR]
by Annes_Tea | 2010-11-04 22:38 | お知らせ(イベント他)
「墨東まち見世2010」レトロクッキング体験
e0165236_23491782.jpg


今回エントリーしている人たちの交流会で、アーティストのEAT&ARTのTAROさんによる「レトロクッキング」を実際に体験してきました。昭和40〜50年代の料理本の収集と、当時のレシピを忠実に再現をするという企画。さて、何ができるのかな?

e0165236_234943100.jpg



墨東すみだの地域アートプロジェクトといっても、
範囲がとても広くて、
エントリーしているわたしたちでも何が何やら。
資料を読むと、
押上、曳舟、京島、東向島、八広あたりが主な会場だという説明になっている。
自転車部シネマカフェの舞台となる教会は鐘ケ淵にある。
ところが、「鐘ケ淵」という文字は、
ウェブにもチラシにも出てこない。
どうして?
いつも思うのだが、ここはすみだの北の果てで、
「向島」というくくりでアートイベントを開いたときにも
ちょうど地図には切れてしまった。

いつかこのあたりはすみだの過疎になるのでは。
東京スカイツリーがにょきにょき伸びてきて、
わたしはひそかにこう心配している。
というのも、スイカツリーでにぎわっているのは押上界隈なので、
こちらの方はますます何かしら後回しになっているのを感じているからだ。

たとえば、道路の拡張。
たとえば、ゴミの収集時間。
この一年、ゴミの収集時間はずっと午後に回されている。
地域によって午前と午後にするらしいのだが、
それは清掃局の一存で決めるらしい。
(と、清掃局の人が電話でそう言っていた)
そんなわけで、
朝出したゴミが午後3時ごろまで道端にあったりするのだ。
きっと、スカイツリーのある押上界隈は朝一番の収集だろうな。
観光都市にしましょう、と区長は声高に言うけれど、
外の人が通るところだけきれいにするのではだめですよ、
と言いたい。

なんてことをふだんから思っているので、
「アド街ック天国」で鐘ケ淵が取り上げられてびっくりした。
このまちに、何か特筆すべきところがあるかしらん?
本当に、びっくりするほど何もないのだ。
そうしてテレビを見たら、もっと驚いた。
だって、切り口が「酎ハイ」なのだもの。
駅から伸びる大通りは「酎ハイ通り」と勝手に名付けられていた。
ひたすら居酒屋の紹介。
そして、もうひとつの切り口は「昼カラオケ」。
酎ハイと昼カラオケのまちにだれが住みたいと思うだろう?
どちらもこのまちでのわたしの暮らしとは
何のつながりも見出せないし。
うーん、うーん。

でも、と気を取り直す。
このまちには、戦前から、
ドイツ人の宣教師によって福音の種が撒かれ、
わたしたちが今、ここにいる。
そうしてもうひとつ、
数年前からアートの種を撒く人も現れた。

それは見えないところで芽を出して、
にょきにょき元気に育っているはず。
スイカツリーに負けるな。

e0165236_2350642.jpg

レトロクッキングの正体は、江上トミさんのおもてなしレシピでした。江上料理学院の創始者ですよ。料理研究家の祖、とも言えるかな。どうやって食べればいいの? とみんなで戸惑いつつ、下からパンを引っこ抜いて中身を無理矢理包みました。中身は牛肉、トマト、えび。さすがおもてなし。天辺にあるのはなんと青梅。オリーブが手に入らない時代だったのですね、きっと。


もう一度、お知らせしますよ~♪

3日間限定オープン!! 「墨東まち見世2010」ネットワークプロジェクト
「自転車部シネマカフェ」http://machimise.net/network.html
      by自転車部
(詳しくはココをクリック↓)
http://AnnesTea.exblog.jp/13545059/

ゆるい自転車好きが集まって、おもしろ文化活動を創り出す家庭科系自転車部。今回の《シネマカフェ》では、「第66回ヴェネチア国際映画祭」短篇コンペティション部門・正式招待作品の『自転車』を上映します。脚本家・渋谷悠氏によるトークイベントも開催。ぜひ自転車に乗ってご来場ください。 (もちろん徒歩でも大歓迎)

●11月4日 (木) 上映15:30〜/16:30〜/17:30〜
●11月5日 (金) 上映19:30〜/20:30〜
●11月6日 (土) 上映13:30〜/14:30〜
              料金: 300円(ドリンクセット込み)

★11月6日(土)上映15:30〜のみ500円(アーティストトーク付き)

場所:墨田聖書教会 墨田区墨田3-19-4 tel03-3619-0195


<
[PR]
by Annes_Tea | 2010-11-02 23:58 | お茶と料理、ときどきカフェ
墨東まち見世2010『自転車部シネマカフェ』のお知らせ

自転車、アート、おいしさもりだくさん!!!

自転車部カフェを3日間だけ開店します。

短編映画『自転車』の上映会も開きます。

脚本家・渋谷悠さんのアーティストトークもあります。
(11月6日のみ)



今年も地域アートプロジェクト「墨東まち見世2010」が始まっています。自転車部はネットワークプロジェクトに公式エントリーしました。上映時間が日替わりなので、よくご覧になってから遊びにおいでください。

(*表示を大きくしてご覧下さい)
e0165236_083726.jpg



「自転車部シネマカフェ」の詳細はここをクリック↓
       http://machimise.net/network.html
自転車部シネマカフェ
by自転車部

ゆるい自転車好きが集まって、おもしろ文化活動を創り出す家庭科系自転車部。今回の《シネマカフェ》では、「第66回ヴェネチア国際映画祭」短篇コンペティション部門・正式招待作品の『自転車』を上映します。脚本家・渋谷悠氏によるトークイベントも開催。ぜひ自転車に乗ってご来場ください。 (もちろん徒歩でも大歓迎)

11月4日 (木) 上映15:30〜/16:30〜/17:30〜
11月5日 (金) 上映19:30〜/20:30〜
11月6日 (土) 上映13:30〜/14:30〜
料金: 300円(ドリンクセット込み)
11月6日(土)上映15:30〜のみ500円、アーティストトーク付き
場所:墨田聖書教会 墨田区墨田3-19-4
お問い合わせ:03-3619-0195




こんなのもあります。まち見世さんぽシリーズの第8弾
自転車部による《Test Track “Mukojima”》ツアー

開催日:11/6(土) 14:00-16:00
案内人:北條元康・曽我高明(自転車部)

昨年「墨東まち見世」で行ったKOSUGE1-16の展覧会《Test Track “Mukojima”》では、
墨東エリアの調査に基づいた自転車コースが現代美術製作所内に設置されました。
今回は、その時発見されたまちの不思議スポットや難コースを、自転車に乗って探検します。路地を走った後は、自転車部シネマカフェへとご案内します。
*自転車で参加できる方限定。

ここをクリック↓
http://machimise.net/sanpo.html


[PR]
by Annes_Tea | 2010-11-01 00:22 | お知らせ(イベント他)
台東区デザイナーズビレッジに行く

e0165236_022393.jpg

台東区のデザイナーズビレッジで一般公開をするというので、
朝、仕事前に立ち寄ってみた。
もとは小学校だった校舎を再利用というのは今どき珍しくないが、
昭和3年竣工の建築と聞けば、少しばかり心が踊る。
階段を上がっていくときの期待感や、
あちこちにある丸みが、あ、好みだな、と思う。
旧移住センターを再利用した神戸の「CAP」を思い出した。
まだ、あるのかな?
あちらはアートスタジオなので、
朽ちていく建物の雰囲気をそのままうまく生かしていた。
古い建物で暮らすようになってから、
どうも「朽ちかかった」というところに共感を覚えてしまう。
台東区の方はファッションビジネス関連の創業支援施設なので、
明るく清潔だっだけど。

もと給食室だった空間がカフェになっている。
開店と同時に入ろうとしたら、
中でおしゃべりをしていた女性たちがわたしを見て、
「あ」という顔をする。
何かと思ったら、
「今、氷を買いに行ってるんです」と言われた。
このゆるい感じ、まるで教会のバザーのようだ。
そんなわけで(?)缶ジュースの持ち込みも許可されていて、
ますます好きになってしまった。
バヤリースのトマト果汁90%に初挑戦。(なぜ100ではない?)

ついでに浅草橋に足を伸ばしてシモジマを見て回る。
最近、教会の備品はアスクルで頼むことが多く、
しばらく遠ざかっていた。
蔵前寄りのシモジマが「east side tokyo」という
花屋向けの材料店に変身していて驚く。
手作りウエディングがすぐにでもできそうだ。
白い器やリボンなどロマンチックな資材を見ているうちに、
結婚式のお手伝いをしたくなってしまう。
準備は大変だけど、裏方としては最高の役回りだ。
残念ながら、最近はお葬儀続きで結婚式はないなぁ。
古い物好きのカップルのみなさん、わたしたちの教会でいかが?
(問い合わせや見学はたまにあるものの、
トイレが1つだけというのがネックだったりする。控え室もないし)

それはさておき、
4階はクラフトグッズが豊富で、手芸女子には至福の場所。
ちなみに、シモジマで台東クラフト&ザッカの地図がもらえる。
(オープンビレッジは先週で終了しましたが。あしからず)
少し足を伸ばして馬喰町ART+EATもおすすめ。
メニューの印象よりも、ケーキはボリュームがあっていけますよ。

e0165236_023476.jpg
台東区のオープンビレッジには、
デザイン性の高いアウトレットものもたくさん出ていました。
半額、しかも羊なので、つい購入。
1階のショールームはカワイイが満載!


[PR]
by Annes_Tea | 2010-05-27 00:07 | まちを歩く
オレンジソーダ+ストローは?
e0165236_17481951.jpg
世界ストロー財団?


今日はお知らせです。
友人でもあるサウンドーアティスト・mamoruが東京で個展を開催中です。
さっそく出かけて、わたしも少しばかりストローを吹いてきました。

mamoruのパフォーマンスが始まるや、
みんな息を詰めて見ていました。
最後のストローさばきが終わった途端、
あ、これはお茶のお点前じゃなくてオレンジソーダなんだよね、
とふと我に返り、
みんなの口元が緩んだ瞬間、それが面白かったです。
(どこを見ているのやら)

ストローという日常の脇役に真剣に取り組んでみる、
というmamoruの視点は好きです。small thingsです。

参考になればと思って、
以前、わたしの煎茶の師匠(男性)をご紹介したことがあります。
先生のお点前を拝見しているうちに、
日常の雑多な音が心の中から少しずつ消えて行き、
四角く切り取られた静謐な場所にいることがあります。
mamoruのパフォーマンスにも通じるようなものを感じつつ、
そこに何かもっとおかしみとゆるさがあって
くすっと笑ってもいいかな、という気持ちにさせてくれるところが楽しい。
そういえば、戦国の世では、
武士が戦いと戦いの合間にお茶を嗜んだのですよね。
なぜだか思い出しました。
mamoruと師匠とのコラボが実現してほしいものです。
わたしが見てみたい、ということなんですけど。

昨年は、グットニュースカフェにて、
ヨーロッパでの活動報告をしてもらいました。(詳しくはココ↓)
今年は東京での活動が多くなるようです。
トーキョーワンダーサイトのウェブにmamoruの名前が出ていました。
22年度のレジデンスのアーティストとして選出されたようです。
東京都にも、ストローの心意気が通じたのかな?
おめでとう!!

e0165236_17475180.jpg
会期中、ぜひ遊びに行ってみてください。

http://yukacontemp.com/pressrelease/pr005.html
「オレンジソーダのためのetude」
会場:YUKA CONTEMPORARY (〒112-0014 東京都文京区関口1-30-9)
Tel & Fax: 03-5272-2476
2010年3月6日(土)〜3月22日(祝)



e0165236_1748787.jpgドリンクバーではありません、くれぐれも。

[PR]
by Annes_Tea | 2010-03-09 18:03 | お知らせ(イベント他)
雨の東京マラソン
e0165236_0463198.jpg



雨が続きますね。
これは根津美術館の敷地にある庭園です。
置き傘サービスは万全でした。



友人が東京マラソンに出場したので、
日曜日は一日中、雨の具合が気になった。
教会ではイースターに向けて大掃除をする予定だったが、
この雨では気勢が揚がらず、来週に延期。
私がそう言うと、どことなくみなほっとした顔になる。
理由は雨か、あるいは季節の変わり目のせいか、
体調を崩した人が多く、
この日はごくわずかな人たちだけで礼拝を捧げた。
まるで学級閉鎖寸前のよう。
年に一、二度、こんな日がある。
礼拝後は急遽、お茶会に変更になった。
Sさんが早起きをして、
門前仲町の伊勢屋でおだんごを買ってきてくれたのだ。
掃除をする前の腹ごしらえのつもりだったらしいが、
お茶うけとしてみんなに喜ばれた。

その友人に電話をしてみた。
マラソンは無事に完走。やったね、とわたし。
タイムは5時間強。
その間、やはり雨に降り続けられたものの、
「たのしかったです」
ということばを聞けてこちらもほっ。
宣教師の彼女は、来日以来、東京マラソンに応募し続けて、
今回初めて当選した。
ところが、辞退者が出て繰り上げ参加だったので、
知らせを受けたのが3か月前。
落選したと思ってトレーニングを止めていたらしく、
出場が決まった時には、
「ヨウコセンセ、うれしいけれど、すこしこまってます」
と言っていたからだ。
それで、3か月前、マラソンを完走できるように一緒に祈った。
きっと彼女のことだから、
マラソン中の5時間、祈りつつ走ったのだろう。
3万5000人ほどの参加者の中で、
祈りつつ走った人はどれくらいいたのかな。
彼女の5時間何分かのタイムのうち、
15分間は、スタートするまでの時間だという。
列の後ろになった彼女は、
スタート地点にたどり着くまで15分かかったそうだ。
その間、カメよりもゆっくり、ほとんど静止状態だったとか。
東京マラソン恐るべし。
人はなぜ走るのか?
村上春樹のエッセイにありましたよね、こんなタイトル。

e0165236_0464794.jpg

大人になると友人と会うことがなかなか実現しませんが、
美術館を見に行くという目的が伴うと、
案外うまくいくことを発見しました。
リニューアルした根津美術館は思った以上によかったです。
隅研吾さんの最近の建築物、どれも好きです。
落ち着いた雰囲気、庭園散歩もできて、
カフェのケーキが大きい! 紅茶はポットでたっぷり!
ケーキセット900円の値段に、さんざん迷ったかいはありました。
もとをとるべく、主婦トーク全開となりましたが。
[PR]
by Annes_Tea | 2010-03-03 01:07 | まちを歩く
ぶらぶら立寄り報告
e0165236_21215788.jpg

今日のメル散歩は、荒川河川敷ではなく、隅田川の公園まで足を延ばしました。どんぐりがどっさり落ちていて、落ち葉でふかふか。隅々まで点検しなくては気が済まない性分ですから、メルは匂いの探求に大忙しでした。

礼拝後、分かち合いとミーティングが終わった後で、
メルの散歩をかねて玉ノ井SHOW ROOMに立寄りました。
イベントを告知する時間がなかったので、
当日に出した看板だけが頼りだったにもかかわらず、
通りすがりの方々が何人も参加して下さったそうです。
本日の作品は、しおり、名刺入れ、キーホルダーなど。
やはり、使えないものよりは、使えるものを作ろう、
というところに落ち着きますよね。

e0165236_2122781.jpge0165236_21221894.jpg

革です、革。あちらこちらに。
SHOW ROOMには牛の匂いがするのでしょうか。
メルの鼻がしきりに動いていました。

来月は、2月6日に、70年代の料理レシピを再現する、というオモシロ企画。
時間があったら、わたしも参加したいな。本日は短く報告まで。


[PR]
by Annes_Tea | 2010-01-24 21:35 | まちを歩く
「玉の井 SHOW ROOM 」イベントお知らせ シリーズ1 革
直前のお知らせですが、
どうやら突然決まった企画のようです。
アーティストの水内さんが、昨日お知らせに来て下さったので、
ここは地元を応援しなくてはいけませんね。
ということで、下町散歩がてら、革のはぎれ遊びはいかがですか?
太っ腹にも、材料費は無料ですよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ちらし本文より)
シリーズ1
「本当にこれいらないんですか! 町工場の廃材で何か作ってみる」

          第一回 革

日時:2009年1月24日(日) pm12:00〜17:00

場所:玉ノ井SHOW ROOM(株式会社牛久工務店1F)
     墨田区墨田1-16-16(東向島駅3分、教会からは5分程度)

参加無料 対象年齢なし

アーティスト:水内貴英↓


このシリーズでは、毎回、いろんな町工場からいただいてきた廃材を使って、
とりあえず、意味のあるものからないものまで、気の向くままに作ってみる企画です。

今回は、片野製鞄所さんからいただいた大量の革のはぎれを使って
何かを作ってみます。使えるものでも、使えないものでも!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

場所はこの地図の中の現代美術製作所と同じ通りの角にあります。
地図はここ。http://machimise.net/map.html

昨年の100日間アートイベント「墨東まち見世2009」の中で、
「玉ノ井ひと休み書庫」として期間限定で公開された空間が、
「玉ノ井SHOW ROOM」に生まれ変わって再始動。
まちとアートと人をつなぐ場として、
少しずつ、少しずつ、何か面白いことを提供していくようです。
(ひと休み書庫ついての以前の記事は、ここ↓です。)

先日、アーティストの水内さんが別件でいらした時、
わたし好みの素敵な革のトートを下げていたので尋ねてみると、
なんと、ご自分で制作されたというではないですか。
別のアートイベントで提供していただいた革のはぎれで作ったそうです。
じつは今、わがや(というか夫だけですが)は革小物制作にはまっているのです。
はぎれ、いただけるの? ともう、ニコニコマークになっていました。
高校の課題でも、早速、革小物を導入しているようです。
先生の好みがすぐに授業に反映されるなんて、
美術の先生というおシゴトは、ちょっと楽しそうです。(いえ、学校によるのでしょうが)
革小物をたくさん作って、チャリティーを兼ねたフリマをしようではないの、
と、わたし一人で勝手に盛り上がっています。

e0165236_14302569.jpge0165236_14305232.jpg
これはみんな、夫の試作品。誕生日にはトートバックを作ってね、と頼んだものの覚えてるかなぁ。
e0165236_14303929.jpg

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
        ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


この本が、先生代わりのようですよ。トート好きなので、吉田カバンは私もファン。

手縫いで作る革のカバン

野谷 久仁子 / 日本放送出版協会


[PR]
by Annes_Tea | 2010-01-23 14:52 | お知らせ(イベント他)
自転車部カフェ報告

e0165236_131243100.jpge0165236_13125830.jpg
e0165236_13131474.jpge0165236_13132543.jpg
EAT&ARTのタロウさんの作品、完成です。この中身を食べられるというのが、今回のカフェの目玉、自転車部カレーというつながりです。


自転車部カフェ、終わりました。

当日は、夕方から豪雨となり、
自転車どころか歩いて来るのも困難なほど。
別のアート会場からタクシーで乗り付けた方も多かったようです。
自転車でやってくるカフェとはならず、残念でした。
その昔、自転車部主催で行なった川辺のバーベキューも、
集中豪雨に見舞われて、文字通り遭難しかかったことを思い出しました。
自転車部は雨を呼ぶのですかね。

それでも、3年ぶりの自転車部カフェ開催は、
まさにサークル活動ののりでゆるく、楽しいひとときとなりました。
超多忙の中で部活動に加わり、カフェ準備までして下さった土谷部長に心から感謝 !
これから25日までkosuge1-16はいわき市のアートイベントに滞在するそうです。
こちらもみなさん応援下さい。
おしゃべりついでに、kosuge1-16のアートの根幹を尋ねたところ、
「もちつもたれつ」が一貫するテーマだそうです。
give and takeではなく、share each otherということだとか。
教会風に言うならば、互いに仕え合う?
彼らとの共同作業がいつも楽しい理由はこんなところにあるのかしらん。
とまあ、あらためてお二人を好きになりました。

自転車部カレーは、
シンポジウム参加者のおかげで途中から売れ行き好調、
パウンドケーキはみごと完売しました。
今年のカレーはじつにフルーティでした。
パイナップルやレーズンが入っていたのがわかりましたか?

今回、新しい部員が2人入部してくれました。
おひとりは自称「飛ばし屋」とのこと。その実力たるや楽しみです。
とはいえ、相変わらずの家庭科部系であることは変わりありません。
今後の活動として、
かき氷自転車に次ぐ新作自転車の構想を練る話や、
オリジナルTシャツの在庫がなくなってきたので、
自転車部手ぬぐいを作ってはどうかという話が出ました。
(手ぬぐいは、私の勝手な提案ですが・・・)
などとと書くと、よほど活動をしているように聞こえそうですが、
じつは結成6年、途中の休部3年と、ほとんど休眠状態。(自転車部ウェブサイトの最後の日付を見ると、いったいいつのこと?)
参加している人たちが、みなそれぞれの仕事で用いられ、忙しくなったのが原因です。
みなさんの成長と活躍は嬉しいこと。
休部というのは、じつは前向きなお休みだった次第です。
休部の間に、この教会もリフォームをすることができました。
集いやすくなったおかけで、
墨東まち見世のシンポジウム会場として提供させていただくことができました。
シンポジウムも、アットホームな雰囲気の中、
アーティストたちの本音をぽろぽろと聞けたのがよかったです。
向島とアートとまちづくり。90年代後半からその関係を徐々に結んできて、
アートが少し大人になったね、
という感想を地元の方たちが語っておられたのが印象に残りました。

進んでないように見えながら、じつは着実に進んでいる。
goodnewsいろいろ、そのことを実感した一日でした。

またいつの日か、自転車部カフェでお目にかかりましょう。
来て下さったみなさん、ありがとうございました!
これからしばらく、わたしはクリスマスの働きに集中します。
[PR]
by Annes_Tea | 2009-12-08 13:18 | お茶と料理、ときどきカフェ


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル