下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:アート ( 47 ) タグの人気記事
サウンドアートパーティ『etude for goodnews-cafe』開きます

海の日、かまぼこ兵舎の小さな空間を使って、「goodnews-cafe」を開きます。
これはわたしが煎茶道で学んだ「どこでもお手前を」という出前のココロで、
個人的に行なっているカフェ活動です。

e0165236_23413743.jpg

今回は、サウンドアーティストmamoruとのコラボです。
半年間のヨーロッパ滞在でレジデンスや個展を終えて帰国したmamoruが、
19日に恵比寿でイベントを行なうと聞きつけて、下町すみだにも寄り道を願った次第です。
当日は、滞在の様子の紹介や、最近取り組んでいる「etude」(*下記参照)
というシリーズのサウンドパフォーマンスをしてもらう予定です。

ひとつの空間の中で、人と音がつながり、そして人と人がつながる。
そんな新しい音を体験してみませんか?
ごくごく小さな集まりです。友だちの家へ遊びに行くような感覚でおいでください。
まだ数名、余裕がありますが、準備の関係上、前日までにご予約ください。

当日は自転車部プロデュースのあの「かき氷自転車」も出動します!


●日 時:2009年7月20日(月・海の日) 15:00〜(14:30開場)

●会 場:墨田聖書教会
    〒131-0031東京都墨田区墨田3-19-4
    www.jobsumida.com/(地図があります)

●入 場:1000円(カフェ代含む)

●内 容:サウンドアーティストmamoruのパフォーマンス、トーク、カフェ他  

◎お問い合わせ&ご予約:(前日までにご予約ください)
このブログの左側のバーから、氏名、人数、連絡先をご記入の上、メールを送ってください。

e0165236_2348070.jpge0165236_23481053.jpg
 

 
mamoruの活動についてはココ↓
 http://www.afewnotes.com

etude って何 ? (by mamoru  http;//www.afewnotes.comより)
「捨てようと思って、くしゃっと縮めたサランラップが、元へ戻ろうとかすかな
音をたてているのを聞いた。もう10年近くも前のことだ。なんてことはない音
、でも気になって録音して、他の音に混ぜたりしていた。もともとそういう他愛
もない日用品が発する音を「使って」作品を作っていたのだけど、耳を傾けるう
ちに「そのこと自体」を作品にしたいと思い、etudeを書きはじめた。1年程前に
サランラップを小さなアクリルキューブにおしこみ、宝石箱に収めた。他にもヘ
ッドフォンのようにしてみたり、ガラス瓶に詰めたり、ライトボックスにおいて
みたり。これがetude no.12。

音を通して「日常」を読み替え、そのアイデアをいろいろな形にして伝える、ア
イデアを誰かとシェアすることで予想だにしない新しい価値の可能性、人との関
係が生まれる事もある、そんな練習曲、etude for everyday objects。 」

*「etude」:練習曲。音楽ではアイデアを体現する小品の意味もあり、ひとつの
ジャン ルとして成立し、重要な作品も多い。

         ↓
参考までに。mamoruの恵比寿でのイベントのリンク/関連作品画像などあり。
[PR]
by Annes_Tea | 2009-07-16 00:04 | お知らせ(イベント他)
「消しゴムねんど」でお気に入りの作り方
工作教室の報告をかねて、消しゴムねんどの使い方を紹介します。

e0165236_228179.jpg1 消しゴムねんどの素材を生産しているのは、地元企業の「ヒノデワシ」です。消しゴムの世界では老舗だけあって、さすがによく消えます。


e0165236_2283057.jpg2  よくねって、好きな形を作っていきます。足りない色は、ねんどをブレンドして調合。


e0165236_2284689.jpg3 作ったものを鍋で10分煮れば完成です。この鍋は、教会の物置で眠っているのを見つけました。煮えるのを待っている間、夫が紙芝居を聞かせました。お題は「本当に大切なものは?」

e0165236_22105187.jpge0165236_22112841.jpge0165236_22114196.jpg

4 冷めたらよく拭いて、完成です。中学生のHちゃんは、お友だちにプレゼントするのですって。喜んでくれたかな?

e0165236_12365281.jpg
[PR]
by Annes_Tea | 2009-06-03 22:29 | 牧師館で暮らす
バラと上手につき合うには?

e0165236_2258553.jpg

犬の話ばかり書いている間に、
庭のバラがたいへんなことになっていた。
2年前に植えたカクテールが青虫くんたちのごはんになっていたのだ。

バラを植えるときには、花の名札カードを必ず根元に差しておくように、
とバラ作りの名人から教わった。
バラの種類は途方もなく多いので、
たとえプロでも、すべての名前まで把握できないらしい。
名前がわかっていれば、それを頼りにふさわしい育て方を調べることができる。

教会の庭にある2種類のバラは、名無しのバラである。
なにしろ、教会の設立当初から今にいたるまで、この地に根を張ってきたようなのだ。
あるとき、お花屋さんが咲いたバラを眺めて、
「原種なので大切にするといいですよ」と言った。
ひとつは野バラ、もうひとつは真っ赤な大ぶりのバラ。
この時期に近所を歩くと似たような真っ赤なバラが、
古びた塀にからまったり、茎がたわんだりしながらも、元気よく咲いているのを見かける。
もしかすると株分けをした親戚かなぁ。

原種のバラは強い。
わたしがこの地に来るまで、
ほとんどまともに手入れをされず、カイガラムシの巣窟になっていた。
それでもなお生き延びてきただけあって、少しくらい目を離しても案外元気に花をつける。
一方、新参者のカクテールは確かに育てやすいのだけれど、
今回のように忙しくして気持ちが離れていると、
あっという間に青虫の餌食となってしまう。
4年も前に植えた白いモッコウバラはまったく手がかからない。
虫もつかない、葉も病気にならない。
それなのに、なぜだかへそを曲げ続けて、まだ一度も花をつけないのだ。
いったいどうなっているのだろう。

バラに手を出そうと思ったとき、それなりに覚悟をして植えてみた。
やっぱりと言おうか、
思いが拡散してあれもこれもとなっていく質には、むいていないとつくづく思う。
ただひとつ、今年の春でうれしかったのは、
赤いバラがよりいっそう赤く、そうして大きく咲いてくれたことだ。
昨年、会堂のリノベーションの際に、思い切って古い枝を剪定したおかげだ。
よぶんなものを剪定して捨て去る勇気の大切さについては、
毎度のことながら、花木に教えられる。
聖書でも実を結ぶためには、剪定の必要性が繰り返し言われている。
日々の暮らしと自分の内面に必要なのは、思い切った的確な剪定だわよね。
と、
青虫だらけの葉っぱをむしりながら思う昼下がりでした。

e0165236_2259793.jpg

         ↑うわ、何? ほったらかしの野バラの葉の裏で発見。チョウのたまごかなぁ。
          ネットで検索すると「オオスカシバ」というガのたまごに似ているような。
          青虫になったらむしゃむしゃやられそう。困った困った。
          どなたか正体を知りませんか?

e0165236_2314465.jpg

         ↑これはたまごではありません。今年は桑の実が豊作で、ジャムが作れそう。

e0165236_232739.jpg

         ↑この季節の柿は、こんなにかわいらしい。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


e0165236_232186.jpg

         ↑これは庭の木ではなく
          『黄金の樹』というマコト・フジムラさんの作品です。
          24日まで青山の新生堂ギャラリーで展覧会が開かれています。
          久しぶりに来日されたので、親しいアーティストのみんなで、
          マコトさんを囲んでの再会の時を「cafe BLESS me」で持ちました。
          オーナーご夫妻のセンスが隅々まで配されていて、寛げる空間ですよ。
          おいしいカレー、ごちそうさまでした。
新生堂←

cafe BLESS me←


=======================================
お知らせ続きで、バラとも庭とも関係ありませんが、
今週の土曜日には、主宰している「pray&hopeプロジェクト」の働きのひとつとして、「祈りのピクニック」なる集まりを持ちます。
よかったらここをクリックしてご覧下さい。
女性たちがいらしてくださるので、庭の雑草とりに励んでいます。
パンジーが土曜日までもてばいいのだけど・・・。
[PR]
by Annes_Tea | 2009-05-20 23:22 | 日々の庭と花
イースターエッグの作り方
e0165236_2246140.jpg

隅田川の桜が満開になった。

教会は今日から受難週だ。
この季節、庭の花は毎年同じ順序で咲きそろっていく。
まずはパンジー。次々と花をつけてこんもり。
マーガレットは少しずつ花を開き、
日陰にあるエニシダの先がようやく黄色に染まり出すと、
いよいよイースターだ。

予想した通り、おとといからたまご料理が続いている。
イースターエッグの試作をかねて1パック分をゆでたところ、
すべてのたまごにうっすらとひび割れができてしまったのだ。
弱火で静かにゆでたつもりなのに、
肝心なときに限って。まったくもう。

気をとりなおして、
もう1パック分をゆでて試作した結果は上々。

幼稚園のお友だちから作れるので、
ぜひ親子で挑戦してみてください !


かんたんイースターエッグの作り方

1 ゆでたまごを作る。
e0165236_2242342.jpg

2 クレヨンでたまごに絵を描く。
e0165236_22424338.jpg

3 お湯に食紅とお酢(大さじ1程度)を加えてよく溶かし、
 2のたまごを入れてをまんべんなく転がす。
e0165236_22425294.jpg

4 乾かして完成。
e0165236_2243017.jpg

*ポイント
・食紅はやや濃い目の方が、むらなくつきます。
・スプーンで転がせば、とくに漬け込む必要はありません。



●その他のイースターの話題はここ↓
子どもたちのイースターエッグ作品
イースターリース

[PR]
by Annes_Tea | 2009-04-05 22:58 | イースター
高校の先生というおシゴト

e0165236_00686.jpg





←美術の先生というのは、いろんなものを作るようで、聞いているぶんには楽しそうな仕事です。中学部というのもあるので、これはそのクラスで作った消しゴムアート。ギョウザの試作品は、中身がみたーい、と騒ぐ中学生たちに半分にされてしまったのだとか。




つかの間のシングルライフも終わり。
と思っていたら、
またもや夫は朝5時起きで、今度は高校の卒業遠足なるものに出かけてしまった。
牧師に教師にと、本当にご苦労さまです。
出遅れたわたしは、再びひとりで朝ごはん。
野菜をたっぷり入れたオムレツの予定を返上して、レンジで温野菜をチン、と作って済ませる。
ひとりならば、なるべくフライパンを汚したくないのが主婦ゴコロ。

夫が教えている高校にはサポート校が併設されているので、
学校生活が苦手な生徒でも卒業できるような仕組みが、手厚く用意されているらしい。
もんじゃスクーリングだとか、ディズニーランドスクリーングだとか、
今日は何? と聞くと、ええっ、それが授業なの? と思うようなものまである。
登校するということがそもそも困難なのだから、
みんなと一緒に参加できただけでも、それはもうよくやった、ということなのかな。

おかげで夫は、ディズニーランド通である。
そうして私は、ときどきお土産をもらう。
夫に言わせると忘れん坊キャラが似ているらしく、選んでくるのはいつもチップとデールなのだ。
チップだったか、デールだったか、自分で埋めたドングリのありかを忘れて森ができてしまう。
つまり、毎回ちりとてちんになりかかって危うく助け出される豆腐のことを言いたいわけ?

昨年、人生初の高校の同窓会に参加した。
当時担任だった先生たちも勢揃い。
いやだぁ、あの時の先生は今のわたしたちよりも若かったのか。
こんなに生きてきてもあやふやなことばかりの大人なのに、
それよりも若い先生たちをおじさん扱いしたり、おばさん扱いしたり。
ごめんなさい。
先生たちはそろそろ引退の時期らしい。
みんなそろって、もう高校教師はいい、と言う。
時代が変わったんだ。人間関係が難しくてね。先生、生徒、保護者。みんなみんな大変でね。
晴れてニートなるぞぉ、と冗談を飛ばして、でも本気で嬉しそうな先生たちを見ていると、
お疲れさまでした、とこちらは言うしかないかな。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by Annes_Tea | 2009-03-12 23:50 | 牧師館で暮らす
イースターのリースを作る


e0165236_0355014.jpg




←イースターのシンボル、「たまご」にちなんで、イースターカラーと言えばまず黄色。花屋さんでも今は黄色のものが気になって、家に連れ帰ってきました。



春の風が吹き荒れている。
そろそろイースターの飾りつけを始める時期だ。
毎年、講壇にはユリの花をあしらい、イースターエッグをかご盛りにしてテーブルに置く。
でも今年はそれに加えて、
鮮やかに塗り替えたグリーンの玄関に、イースターカラーのリースを飾りたい。

そう思って花屋さんに相談したのだが、
じつを言うと、わたしもイースターのリースなるものを実際に見たことがないので、
黄色さえ使ってもらえれば、あとは春らしくピンクや白や緑なんかも加えて・・・
とかなんとか、ちょっと曖昧。

花屋さんから詳しく聞かれて、
うーん、うーん、どんな感じですかねぇ、と、電話口で困ってしまった。
ナチュラルな雰囲気のものがいい、と言うのは簡単だけど、なにしろ屋外に飾るのだ。
ある程度は丈夫でなくてはならないから、作る側の突っ込みも激しくなるというものだ。

それ以来、出先で花屋を見るや、あの、イースターのリースは作れますか?
と聞いてみるのだが、
それ、どんなものを使うのですか?
と毎度聞き返される。
ネットで探して出てくるのは、
ペイントしたたまごをリースの土台にあしらったいわゆる工作的なタイプだ。
でもね、もうちょっと素敵にしたい。

というわけで、夕方、花屋さんに出向いて相談し直した。
花材本のようなものをいくつか見せてもらううちに、ようやくイメージが立ち上がってきた。
ユーカリを使おうか、青リンゴ、それに黄色の丸いオーナメントも。
ああそうだ、黄色いリボンをふわっと大きくかけるのはどうかな。

来週には完成する予定である。
「モッタイナイ」と思って飾り続けているクリスマスリースには、
さすがにお休みしてもらわなくては。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by Annes_Tea | 2009-03-11 23:50 | イースター
Open Church + 市川佳子展 『The Way』


e0165236_18372646.jpg
→土曜日、オープンチャーチを開きました。新しくなった会堂を、みなさんに自由に見ていただく会にしました。12月の週末という忙しい季節にもかかわらず、様々な方が訪れてくださいました。なかには数年ぶりに再会した学生時代の友だちもいました。懐かしく、嬉しく、しばし、「授業後の喫茶店」状態となって、近況や思い出を語るひとときでした。最後まで残ってくれた小学2年生のNくんからは、宝物の「遊戯王」カードについてたっぷりレクチャーを受けました。「融合」とか、なんだかすごい言葉を使うのですね。
みなさん、ありがとうございました!


e0165236_18381250.jpge0165236_18382618.jpg

↑今年はポインセチアがいつになく安いように思います。玄関前が寂しいので、あわてていろは通りの花屋で買いました。500円、最後のひと鉢でした。

e0165236_19264481.jpg

e0165236_1839151.jpge0165236_18385984.jpge0165236_18393020.jpg

↑わたしと夫で「goosnews cafe」と名乗って、たまぁにカフェイベントを行なっています。お茶の出前というぐらいの気持ちですね。一杯のお茶が人と人をつなぐ、その目に見えない力が好きです。今回はコーヒーとブラウニーだけのシンプルメニューでサービスしました。カフェ小物は、いつも合羽橋とアスクルに頼っています。注文すると、ちゃんと「あすくる」つまり翌日来ることに、いまだに感動しています。

e0165236_10253951.jpg

e0165236_1840134.jpge0165236_18403334.jpg↑アメリカから一時帰国している友人のアーティスト・市川佳子さんが作品を持ってきてくださいました。会堂の一角に美しい空間を作り出してくださいました。

                 
“The Way ”  
I am the Way and the truth and the life.
       「私が道であり、真理であり、いのちなのです」

●佳子さんの解説書から(一部抜粋)
すべての絵、一枚ずつ真ん中に、『The Way』を表す「線」が入っています。光が当たる角度で金が見えるという、ちょっと普段は扱いづらい「ゴールド・アフレア」(雲母とチタン)という素材で、正面から見ても白い線にしか見えないのが、スポットライトから90°の少しかがんだ位置から見ると、はっきり金色の線が見えるところが、「見えないようでもいつもそこに在る」という、今回のテーマを表現するのに最適、ということで使いました。


e0165236_1841341.jpg


↑ついに完成、コストコのツリーです。これで小だとは、アメリカサイズは違いますね。イベントまでに間に合わせるため、教会のみんなでつけた飾りをいったん外して、仕方なく一人で夜なべしました。飾りつけに2時間。やはりツリーの飾りつけは家族総出で行なうべきものだと実感しました。
[PR]
by Annes_Tea | 2008-12-14 19:36 | リノベーション日記


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル