下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:リノベーション ( 5 ) タグの人気記事
リノベーション日記 会津編


e0165236_23374313.jpge0165236_23372484.jpg若松栄町教会


大切に使われている古い建物に出会うと、親しい友に会ったような気持ちがする。たぶん、自分自身が古い建物と実際に日々つき合うようになって身についた新しい感受性なのだろう。

会津に野口英世が洗礼を受けた教会があるという。ガイドブックに書いてあったのは、明治期の木造西洋建築、一見の価値あり、ということだけ。でも、何かしらひかれるところがあって、旅のルートを変更して会津に寄ったことがある。

最初は外観だけ見学するつもりだったのだが、実際に建物を目の当たりにして、どうしても内部まで見たくてたまらなくなった。教会という場所に慣れているので、こういう時はずうずうしくなる。教会の門の脇に車を止めて、教会の番号にかけて事情を話すと、「今、開けましょう」と、こころよく牧師夫人が答えてくださった。

一面識もない私たちに、牧師夫人はとても親切に時間をさいて下さった。明治27年に建てられたこの教会は、雨漏りなどに悩まされ、新会堂建築が長年の悲願だったという。建てられた当時は、それこそ会津中の大工さんが見学に来て驚いたという逸話を持つモダンな建物だが、教会の人たちは、建物を保存するよりも、すっかり新しいものを建てたいという気持ちが強かったという。

この辺りの気持ちはよくわかる。教会という建物は、ふだん集っている私たちにとっては「ホーム」である。礼拝する場であるのは基本だが、空間としての用途はじつに多様なのだ。とくに小さい教会の場合、礼拝する場所が空間のすべてということが多いので、それはもう七変化してもらわなくてはならない。人生にかかわる事柄だけでも、つまりゆりかごから墓場まで、この場所ですべてが行なわれる。たとえば、児童祝福式、成人式、結婚式、披露宴、前夜式、告別式・・・。わたしたちの教会でも、お葬儀は多い。おばあちゃんの棺を守ると言って、孫たちが会堂に泊まり込んで、棺のそばで一夜を過ごしたこともある。
そのような人生儀礼だけでなく、もっと身近なこととしては、大勢の子どもたちと遊ぶ場所になったり(以前、椅子を片付けてミニ四駆大会をやっていたこともある)、カフェやコンサート、勉強会など、なんでもありなのだ。できることならば、もっと使いやすく、建物をまったく新しくしたいと多くの教会が思っている。

e0165236_17103392.jpg

会津は観光が主要事業なので、古い建物を再生して保存し、観光客も受け入れてほしいという要請が、まちづくりの関係者から投げかけられたという。これほど古く、手間のかかっている建物を再生するのは、新会堂を建てる以上に費用も技術も必要だ。さんざん教会内部で話し合い、助成金なども受けることができ、こうしてみごとに再生するにいたったという。

建物が再生されて、会津のまちの人たちもとても喜んでくださったという。今では、ゴスペル教室やクラシックなどのコンサートも盛んで、まちの公会堂のように親しく利用されているという。教会に若い人たちが出入りするようになり、高齢者が多かった教会の中も、生き生きとした雰囲気が生まれている。夏を前にして、観光客を招くための草むしりも、いまでは教会の行事のひとつのようだ。大草原の小さな家の教会ですね、まさに!

e0165236_2339053.jpge0165236_23391774.jpg

↑4本のワイヤーで建物を支えている独特な手法です。

e0165236_23382070.jpge0165236_23383896.jpg

e0165236_23394536.jpge0165236_234052.jpge0165236_23402070.jpge0165236_23403470.jpg

↑このオルガンは、野口英世の時代からのもの。教会で開かれていた語学教室に通い始めたのが、そもそものきっかけだったという。教会にお目当ての女の子がいた、という説も。

e0165236_23413514.jpge0165236_23422592.jpge0165236_23424126.jpge0165236_23425769.jpg

↑古い階段には共通したたたずまいがあるように思います。わがやの階段もこんな感じです。最初は、拭いても拭いても布が真っ黒になるので、ほとほと困りましたっけ。この階段を上がると、小さな部屋があります。なんと、会堂の上が納骨堂になっていました。教会の人たちは天国に送り出した人たちのことをいつでも思い出すことができて、とてもいい造りですね。


e0165236_23432687.jpg

↑教会を再生する時、いちばん話し合ったのが、床を土足にするかどうかだったそうです。この手の話はよく聞きます。土足の方が、訪れる人には楽ですが、掃除が大変なので迷うところですよね。私たちの教会でも、土足の意見が出たこともありますが、日曜日にこの「ホーム」に帰って来るのだから、家庭的な今の大きさのうちは、靴を脱ぐスタイルでいいじゃないの、という意見にまとまりました。

e0165236_23453960.jpg

↑会津には高山右近の影響で、キリシタン大名もいたようです。これはレオ氏郷南蛮館のステンドグラス。
[PR]
by Annes_Tea | 2008-12-05 23:51 | リノベーション日記
リノベーション日記 最終日編
夕方仕事から戻ると、
ちょうど親方たちが軽トラックに乗り込むところだった。
ようやく、本当にようやく、会堂のリフォーム作業が終わったのだ。
いちばんよく通ってきてくださった若い職人さんに、
思わず握手を求めてしまった。
「手、汚れてますよぉ」と言われたが、何のその。
ペンキの細かい仕上げに相当手間がかかったらしく
(なにしろ傷みがひどく、細々した部分が多いので)、
予定を4日間も返上して来てくださったのだから。
ありがとうございました!

e0165236_1623335.jpg
e0165236_1624840.jpg

教会の庭になぜか漆の木があります。毎年紅葉するので、何かな? とは思っていましたが、その正体がわかったのは去年のことです。牧師館の前にある大きな椎の木を剪定してくださった、向島・鳩の街の植木屋さんが教えてくださいました。

e0165236_16114025.jpg
(2005年12月撮影)
ちょっと懐かしんで、3年前のクリスマスの様子を紹介します。この風情が好きだと言ってくれる人も案外たくさんいました。昨日の夜、会堂の扉を閉めようとした時、「まあ、きれいな教会ね」という言葉が聞こえたので、思わずびっくり。声の主は、通りがかりの年配のご夫婦でした。うちの教会に対して、「きれい」という形容詞を使われたのはなにしろ初めてのこと。嬉しくて、えへへ、とペコちゃん口になってしまいました。
e0165236_23293266.jpg
e0165236_23375100.jpg
e0165236_2337209.jpg
この写真も3年前のクリスマスです。この時は、ニューヨークからゴスペルシンガーのボビーさんたちがクリスマスライブに来てくださいました。その前年、アーティストの友人のホームパーティーで初めて会った時に、たまたま教会の写真を見せたところ、「おお、私は来年、この教会で歌いたいです」というようなことを英語で言われました。それから1年近く何の音沙汰もなかったのに、ちゃんとクリスマスには約束を果たしてくださいました。ニューヨーカーのクリスチャンアーティストたちは、なぜかこの教会が好きなんですよね。アメリカの大都市では1000人ぐらいの教会も珍しくないので、小さいけれどがんばってますというここの雰囲気に、心を動かされるのでしょうか。これからもみんなに親しまれる教会でありたいと願っています。

[PR]
by Annes_Tea | 2008-12-04 23:41 | リノベーション日記
リノベーション日記 ドア編


e0165236_21235047.jpge0165236_23515093.jpg

↑以前のドアには、ガラス部分にカッティングシートが貼ってありました。最初はステンドグラスのようできれいだったのでしょうが、風雨にさらされて次第にもろもろに。ドア自体はいい味を出していたので、ガラスを交換して使い続けることにしました。屋根に合わせて、新しいドアもグリーンです。鮮やかな色に、通りがかる人もはっと驚いて見ているようでした。きれいですよね。

e0165236_21253511.jpg
e0165236_21255271.jpg


↑before&afterです。いかがですか? かなり印象が変わりました。ドアのグリーンとショーウンドウのような窓がいい雰囲気を出しています。通りがかる人も、訪れる人も、明るくなったねぇ、と言ってくれます。教会のみんなも大喜び! 職人のみなさん、よいお仕事をしていただき、ありがとうございました。
[PR]
by Annes_Tea | 2008-11-30 21:28 | リノベーション日記
リノベーション日記 窓編

e0165236_23545198.jpge0165236_23561650.jpg
これが65年間使ってきた窓です。年輪を感じますね。特殊な形なので、新しくするには、全部オーダーで作ってもらう必要があります。わたしたちの予算ではそれは難しいけれど、現状に手を加えるとなると、壊れる覚悟でお願いしなくてはならない。さあ、どうなることでしょう?!
e0165236_21125014.jpge0165236_21181343.jpg
まず室内側の窓枠を、無事に塗りかえていただきました。きれいになりましたよね。少し下がった天井部分も、修理をしてこの通り。
e0165236_21134799.jpg
今回、いちばんこだわったのが、コンセットハットの骨組み部分です。あえて濃い色にすることで、ドーム型の空間を強調し、よいリズムになりました。成功です!
e0165236_21145822.jpge0165236_2116322.jpg
これは会堂の講壇部分の壁です。ボルドーカラーのビロードで覆われていましたが、思いきって石工ボードに張り替えることにしました。真っ白になった壁面にプロジェクターを投影して使う予定です。これで、賛美の時、スクリーンを出し入れする手間がなくなりそうです。
[PR]
by Annes_Tea | 2008-11-30 21:21 | リノベーション日記
リノベーション日記 天井編
今回、改装のきっかけとなったのは、「天井をなんとか少しでもきれいにしたい」という願いに始まります。白いペンキを塗ってはどうだろうかと意見がまとまったので、見積もりを頼むことにしました。ところが、職人さんに実際に見ていただくと、「たとえ一時的にきれいになっても、材質や環境を考えると早いうちに剥げ、よけいにきたなくなってしまうかもしれないですね」というご意見をいただきました。そこからわたしたちの計画も大きく変わっていきました。いっそのこと、天井材を総取り替えして、他のところも手を入れようではないか! こうしてわたしたちの新しい出発が始まりました。
e0165236_12222893.jpg
e0165236_12233235.jpg
e0165236_12234679.jpg
e0165236_12281570.jpg
当時、まだ子どもだった夫の記憶によると、昔はボール紙のようなものが天井に張られていただけだったそうです。ところどころ穴が開いていたらしく・・・。板を剥がしてみると、ログハウス風の天井が出現しました。65年前に作ったにしては、案外、傷みが少なくて驚きました。でも、さすがに場所によってはこんなにボロボロ。

e0165236_12244096.jpg
e0165236_12245716.jpg
e0165236_12251373.jpg
e0165236_12252524.jpg
曲線のある場所に使われるシナ合板で天井を覆い、ゴム材でできた木製風のとめ具を使う予定でした。ところが、天井が予想以上に歪んでおり、うまくとまらないことが判明しました。そのため、まず下地を貼ってから、その上に合板を3ミリずつ隙間をあけて貼り合わせるという手法がとられました。
e0165236_1226263.jpg
e0165236_12261553.jpg
ついに完成!! すっかり会堂内が明るくなりました。限りある予算でも、ライトだけは変えたいと思っていました。シェードのないタイプを選びましたので、以前よりもまんべんなく光が届きます。明かりの色は念願の電球色です。温かい雰囲気で居心地よく、ついつい長居?
[PR]
by Annes_Tea | 2008-11-28 12:29 | リノベーション日記


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル