下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:レシピ ( 12 ) タグの人気記事
クリスマスのドイツ風ホットドリンク
e0165236_1345328.jpg


(レシピは最後にあります)
24日の夜は教会でキャンドルサービスがある。
舞台裏は今、昨日のクリスマス祝会が終わってほっとひと息。
冬晴れ、うれしい。
メルの散歩にゆっくりとした気持ちで出向いたら、
顔見知りの方のわんちゃんに初めて会った。
お互いにオス同士なので、距離を置きつつ挨拶。
最初は静かにしていたメルだったが、
かすかにのどをウウッと言わせる。
やれやれ。メルキゼデク、つまり平和の王という意味の名前なのだが、
いまだにオス犬とは平和でいられない。

さて、教会では平和の知らせを告げるべく、
ブログを書いて気分転換をした後は、
奏楽の練習をしたり、
キャンドルサービスの後でお出しする茶菓の準備をしたり。
小さい教会なので、ほんの小さな集まりだけど、
クリスマスの夜、イエスさまが生まれた場所が人知らぬ馬小屋だと思えば、
大きさも、名のあるなしも、古いも新しいも関係ないのだと慰められる。
つい、いつも小さい小さいという集まりにいるので、
私の中で大きさ比べの心があるのを示されてしまう。
考えてみれば、イエスさまが直接お声をかけた弟子たちは12人。
ダビデがゴリアテという巨人に勝利したのは小さな石ひとつ。
これが聖書の示す世界である。
小さなことに忠実なものこそ、
小さなものに愛を示すものこそ、
イエスさまの弟子。
見えるところで、派手なところで頑張れるのは当たり前だものね。

さて、本題のホットドリンクとは何かと言うと、
ドイツの友人から教えてもらったホットワインを参考に
自分なりに考案してみたホットジュースである。
アルコールなし、100%の果汁ジュースで作るこの飲み物が今年は活躍している。
先日収録に行ったインターネット放送でも紹介したので、
検索して下さった方がいらしたら申し訳ないかと思い、
イブの当日にレシピをアップ。

冬の集まりに、少し特別な雰囲気が出る飲み物なので、
クリスマス以外にもホームパーティにおすすめできそう。


クリスマスのドイツ風ホットドリンク
●材料
 ・アップルジュース、グレープジュース、オレンジジュース(いずれも果汁100%)
 ・レモン汁、はちみつ
 ・クリスマススパイスミックスもしくは、シナモン、クローブ(いずれも粉末)
 ・あればレーズンやリンゴの皮も

●作り方
e0165236_132368.jpg


1ジュースを鍋に同量注ぐ(500ccずつが作りやすい)。ジュースはグレープの他、もう一種類だけでも大丈夫。

e0165236_1324935.jpg


2クリスマススパイス(あればレーズン、リンゴの皮)を加えて弱火で温める。煮出す必要はない。

e0165236_133461.jpg


3火を止めて、レモン汁少々、はちみつを好みで入れてよく混ぜる。


*クリスマススパイスミックスの代わりに、シナモンとクローブの粉末を最後に好みで振り入れるだけでも美味しくできます。この季節に製菓売り場などで見かけるホットワイン用のスパイスを使っても便利です。私は無印良品の「ホットワイン用ハーブ&スパイス」というものを使いました。

e0165236_1344810.jpg

おまけ。愛さん会でのクリスマスリース風盛りつけ。急いでいたので、やや雑ですが、覚え書きとして。こうしてみると、いつもこのお皿。複数枚ある教会のお皿なので。

News!
しばらく新刊のお知らせを掲載します。オンライン及び電話での購入が便利です。以下、詳細です。リンクをはってあります。

(アマゾンの予約の方たちに届き始めているようです。もしもまだ届かないようでしたら、いったんキャンセルしていただき、以下の方法でお求め下さい。お手数をおかけします。)

☆オンライン書店は、現在のところアマゾンではなく楽天ブックスをおすすめします。一冊から送料無料。すぐに発送。
☆わたしのイチオシはe-hon。お近くの書店で受け取る場合には送料無料です。
その他、ツタヤ、丸善、ジュンク堂、紀伊国屋書店のオンラインなどでも扱っています。
☆電話でも購入できます。いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
☆いのちのことば社のオンラインも、すぐに発送可能です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
☆全国のキリスト教系書店では新刊コーナーでお買い求めいただけます。お茶の水CLCの店頭にはたくさん入荷しました。オアシス、ライフセンター全国店舗一覧。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


[PR]
by Annes_Tea | 2012-12-24 11:04 | クリスマス
ハートのペンネサラダの作り方
持ち寄りの定番、ペンネサラダのレシピを少しだけ新しくしました。
ペンネをゆでる時間を入れても20分あれば作れるので集まりに重宝しています。
トマトはあれば生を、ふだんはコストコのカットトマト缶を使っています。
今回は気のおけない仲間たちと開いたプレ結婚祝いの集まりに持っていったので
「ハートのペンネ」というわけです。
じつは、バレンタインデーのために買い置きしておいたものを使いました。
よかった、役に立って!
e0165236_23244854.jpg


●作り方
①ペンネ1袋(250g)はゆでて水にとる。
②ボウルにオリーブ油大さじ3、白ワインビネガー大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう適量、イタリアンハーブミックス小さじ1/4を混ぜ合わせ、玉ねぎの薄切り1/4個、ツナ1缶、あればオリーブ適量、つぶしたカットトマト缶を果肉のみ1/3缶を加えてよくあえる。
③水気をよく切った①を②に加えてあえる。


印刷用にクックパッドに掲載しました。活用下さい。



       ゆでる前はこんなに可愛い。
e0165236_2340478.jpg


この日の持ち寄りはがんばって3点にしました。
ボリュームが必要な集まりにはよい組み合わせでした。
忘れないようにメモ書き。
・ハートのペンネサラダ
・野菜とチーズのケークサクレ
・レバーペーストとバゲット

[PR]
by Annes_Tea | 2012-03-01 23:48 | お茶と料理、ときどきカフェ
お正月のひたし豆/数の子と青豆
*レシピは最後にあります。
e0165236_1275782.jpg


数の子をいただいた。
忘年会で隣り合わせた方に、である。

年末、店頭で数の子を見かけると、
その姿かたちにうっとりして、
つい衝動買いしてしまうのだという。
でも、あのコリコリした食感が苦手なので、
自分ではいっさい食べず、
その年お世話になった人に全部振る舞ってしまうのだとか。
数の子サンタですね。
私もそのひとりに加えていただいた、という次第だ。

ちなみにその人は男性です。
大学でガラス工芸を学んだというから、
もしかすると、
数の子の美しさとガラスには、
何かつながりがあるのかも。
アートの人は面白いです。

というわけで、
母がよく作ってくれたお正月料理に挑戦した。
じつは数の子の塩抜きからして初めてのこと。
クリスマスで全力を出し切るから、
基本的におせちというのは作らない。
筑前煮とだし巻き玉子と煮豆くらいを用意して、
元旦礼拝の後、ひとり暮らしの人に少しだけお土産というのがパターンだ。
今回は、数の子も加わって少しは豪華かな?

「お正月のひたし豆」
●作り方
e0165236_1161742.jpg

1 数の子は、塩抜きする。薄い塩水でしばらく漬けた後、何度か水を換える。時間があれば、薄い塩水に一晩つけておくと、風味よく塩抜きできる。ちなみに、塩数の子は、冷蔵で一年近く保存可能だとか。(試したことがないので真偽のほどはわかりませんが)

e0165236_1221794.jpg

2 青豆は一晩たっぷりの水に漬け、塩小さじ1を加えて、そのままやわらかくなるまでゆでる。今回は1袋200gのものを、ル・クルーゼの鍋で50分ほど。ゆだったら水にとって冷ます。

3 保存容器に数の子をちぎって入れ、青豆と合わせ、だし1カップ、酒・みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ2を温めて加える。味がしみたら出来上がり。

*母に電話で聞いたところ、だし汁にしょうゆを数滴たらすくらいでも十分だとか。私はもう少し濃い味が好きなので、いろいろ入れてみました。味つけはお好きにどうぞ。

*クックパッドデビューしてみました。
ブログをコピーするのも面倒なので、自分のためにも便利です。
みなさんにもお裾分け。クックパッドからだと印刷しやすいので、ぜひ作ってみてください。

Cpicon お正月のひたし豆 by 牧師館のお茶会
[PR]
by Annes_Tea | 2011-12-31 01:32 | お茶と料理、ときどきカフェ
クリスマスの飲み物、エッグノッグの作り方
e0165236_02286.jpg



(レシピは最後にあります)

ギター教室のライブが終わった。

いつも思うことだけど、
クリスチャンではない方々が集まると、
ものすごく空気が固い。
この固い空気がどう変わるのしからん。
入り口のところでいつものように番頭役(下足番?)を務めつつ心の中で祈る。

空気を実際に温めるのは夫の役目である。
トップパッターを切って3曲披露。
その後は、大学生のIくん、
そして小学生から通っているSちゃん。
このころには、かなりほぐれてきて、
最後の神山みささんは、
さすがのプロ。空気がぱん、と弾ける。
イエスさまのバースデーの曲をたくさん歌ってくださった。
それに新曲も。
人と自分を比べる必要はないよ。
自分に与えられたペースで走っていこうね、
というような内容。

みんなとってもよかった。
とくにSちゃん。
自作の曲を披露してくれた。ほろりときた。
これだけ自分を表現できるようになったんだね。
継続するってすごい。すごい、すごい。
歌もギターも驚くほどの上達ぶりだ。
なにより、歌が好き、音楽が好き、という、
好きにあふれてるところがいい。声、きれいだし。

終演後は、みささんも加わり、総勢11名で打ち上げ。
といっても、
そのまま会堂で牧師手作りのビーフカレーを囲む会なのだけど。
食べて、しゃべって、
生徒同士も距離がぐっと近くなった感じ。
アットホーム、ということばがあるが、
こういう空気を言うのかな。
今年もうれしいクリスマスイブイブでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●エッグノックの作り方
わたしも何か役に立てればと思って、デザート代わりにエッグノッグを作りました。先日、女性の祈り会で宣教師さんが作ってくれたエッグノッグの味とレシピを参考に、生クリームと牛乳を半々にしてコクを出し、少量でも満足できる味にしました。

●材料(90mlカップで10〜15人分)
たまご 3個
生クリーム 1カップ
牛乳 1カップ
砂糖 大さじ3
塩、ナツメグ、シナモン 少々


①卵黄を泡立て器で混ぜ、砂糖、生クリーム、牛乳、塩を少しずつ加えてよく混ぜ合わせる。
②卵白をバーミックスで泡立て、①に軽く混ぜ込む。
③カップに注ぎ、ナツメグ、シナモンをふりかける。


*宣教師さんいわく、ナツメグはぜひ、あとはお好きに。たとえば、バニラエッセンスやラムエッセンスなど。卵白はいただく直前に混ぜるとふんわり見た目がよいですが、混ぜ合わせて作り置きしても味に問題ありませんでした。忙しいのでバーミックスを使用。手動ならばもうひとがんばりしてください。
★クリスマスの飲み物にぴったり。「NY風ホットアップルサイダー」のレシピ↓

e0165236_01353.jpg


90mlの試飲カップでサービス。カレーの後にちょっと甘いもの感覚でぴったりでした。午後、遊びに来た小学生に味見してもらうと、「アイスクリームが溶けた味」と言ってました。たしかに。的を射た表現にほおっ。その後で「おいしい」とは言ってくれましたが。




★クリスマスの他の話題はここ↓
●持ち寄りに便利「サーモンとブロッコリーのキッシュ風」
卒業生に贈るクリスマスの夕べ
●森の香りのクリスマスリース

●感動のハレルヤコーラス
●クリスマスウイーク始まりました
●クリスマスの庭と音楽
●クリスマス恒例、自転車買い出しツアー
[PR]
by Annes_Tea | 2010-12-24 00:09 | クリスマス
クリスマスの持ち寄りに「サーモンとブロッコリーのキッシュ風」
(レシピは最後にあります)

アドベントキャンドルは安定感のよいタイプにしました。これなら何年も持ちそうです。イケアのキャンドルプレート、ひむろ杉、軽井沢で拾った松かさ。アレンジと言えないほどの素朴な組み合わせですね。この小さな教会には似合うかな?
e0165236_22461035.jpg



今日からアドベントの3週目に入った。

そろそろクリスマスの食糧の買い出しに行かねば。
とまあ、先週、早々に三郷のコストコへ出向いた。
冷凍品を買うので、
その前にまずはイケアというのがいつものルート。
混雑を避けて夕方に行くことが多いのだが、
いつになく駐車場が空いている。
あれ、おかしい。
器を見ていると、なんと「蛍の光」が流れてきた。
あと30分で閉店だと言うではないか。
棚卸しかな?
この12月、クリスマス商戦のまっただ中で
17時には店じまいしてしまうあたり、
スローな北欧感覚なのかしらん。
妙に感心してしまった。
でも、こちらはゆったりしているわけにはいかず、
クリスマスに必要なものをものすごい勢いで見つくろい、
カートに投げ入れたしだい。ふう。
オーナメントはすでにセールが始まっていて、
200円台で24個入りの金ぴかを買えた。
教会のツリーの裾がすかすかだったので、
今日の礼拝後、みんなで金ぴかを加えて大満足。
ツリーは遠目で見るとオーナメントが映えて美しい。
近過ぎてそのよさを見失っているものって案外たくさんあるかな。

e0165236_225612.jpg


e0165236_22554812.jpg



●サーモンとブロッコリーのキッシュ風
持ち寄りパーティにいつものキッシュもどきを持参しました。レシピを教えて、と言われましたので、ブログでお福分け。パイ生地なしが気に入って川津幸子さんのレシピを作っているうちに、わがやのニーズに合わせて変わっていったものです。生さけ、野菜、チーズの量などはざっくり適当でどうぞ。

(材料)
生さけ 2〜4切れ
ブロッコリー 1/2個
 A(生クリーム 200cc
   卵 2個
  ピザ用チーズ 100g
   塩、こしょう 適量)
バター 15g

(作り方)
①生さけは細切りにして塩、こしょうをする。
②ブロッコリーは小房に分けて軽くゆで、手で食べやすく割く。
③①と②をバターで炒め、塩、こしょうをする。
④耐熱容器にバターをぬって③を入れ、混ぜ合わせたAを加える。200℃のオーブンで20分焼く。
*ブロッコリーのかわりに冷凍ホウレンソウのバター炒めを加えてもいけますよ。


パイ生地なしですから、「なんちゃってキッシュ」というわけですが、アメリカ人に説明するのに、「なんちゃって」をうまく説明できませんでした。
英語で何というのかな?


★クリスマスの飲み物にぴったり。「NY風ホットアップルサイダー」のレシピ↓
★「持ち寄りに便利なペンネサラダ」のレシピ↓

e0165236_22564269.jpg

コストコでキャンディケーンを大人買い。もちろんあげるのは子どもたちにですよ。


[PR]
by Annes_Tea | 2010-12-12 22:51 | クリスマス
黄色いゴーヤ×黄色いパプリカのサラダ
夏の黄色いサラダの作り方
1黄色いゴーヤと黄色いパプリカを細切りにする。
2ツナ缶を加え、マヨネーズで和える。
これだけ。黄色いゴーヤは甘くてもろもろしていて
なんだか楽しい、というのがみんなの感想でした。
*(クックパッド風に)このレシピの由来。
家にあったものを組み合わせてみただけです。
黄色と黄色ってよくないですか? 話題作りになりますよ~♪

e0165236_11581063.jpg

朝、宣教師のサンディさんと電話で話しているうちに
近いうちに会いたいですね、ならば今夜は?
となって
急きょ、Sさんとの女の二人飯に加わってくれることになった。
女性ひとりくらい増えても作る量は変わらないから
どうぞ、どうぞ。

真夏のゆうげはさっぱりと。
メインは鶏の汁かけごはんにした。
みょうがと大葉の細切りをたっぷりのせていただく。
ねぎの青いところとしょうがを加えて鶏もも肉を煮るといいだしがでる。
これをごはんにかけるだけ。
女性限定のごはん会はメニューを考えるのも気楽。
おままごと気分で器をそろえるのも愉快。
独身週間ならではですね。

二人が到着したときには
庭の水まきまでは終わっていなかったので
5分ちょうだいね、と言って水まきをしている間に
初対面の二人は仲良くなっていた。
80代のSさんとカナダ人のサンディさん。
ごはんを食べて、さらにいっしょに祈り会に出た後
「昔からの知り合いみたいね」
と二人が言い合っている。

食事と祈りをともにする。
この二つはわたしの人生のかけがえのない宝だとあらためて思う。

やっとこれで
ゴーヤの続き話はおしまい。
おあとがよろしいようで。

e0165236_11591919.jpg


女の三人飯メニュー
1鶏もも肉の汁かけごはん(みょうが、大葉をそえて)
2黄色いゴーヤのサラダ
3きゅうりの浅漬け
4きんぴらこぼう(こんにゃく入り)
5ごま葛豆腐
(デザートはおみやげの手作りクッキーと亀戸の佐野味噌のおかき)
[PR]
by Annes_Tea | 2010-08-12 12:10 | 日々の庭と花
『赤毛のアン レシピノート』に挑戦(ショートブレッドの巻)

赤毛のアン レシピ・ノート―L.M.モンゴメリの台所から

L.M. モンゴメリ / 東洋書林


先日、赤毛のアン講座に参加した。テーマは「赤毛のアンの料理」。
わたしの好きな『赤毛のアン レシピ・ノート~L.M.モンゴメリの台所から』
(東洋書林)の翻訳者、奥田実紀さんが先生である。
奥田さんはフリーライターとして、赤毛のアン関連の著書も多い。

昨年も一度だけ、やはり奥田さんの講座に参加させていただいた。
そのときは、テーマが「アンシリーズ」だった。
本当は料理の回に参加したかったのだけれど、
日程が合わずに残念、残念と思っていたところ、
今回も、奥田さんのブログで、なんと開講前日に講座を発見。
やたっ!  いつもながら慌ただしい申し込みだ。
とにかく参加することができた。ありがとうございます。

講座では、ひと通りアンに出てくる料理を確かめながら、
プリンスエドワード島(PEI)の食事情について、
現地の滞在体験から詳しく語ってくださった。
PEIの(というかカナダの)マクドナルドは肉も野菜も現地調達の恩恵で、
日本とは比較にならないほどおいしいという。
マックがおいしい?
結婚した当初からわがやでは、
マックに入るぐらいなら我慢しようという暗黙のルールがあるので、
マックがおいしいと聞いて過剰反応してしまった。
しかも、シーズンになると、地域限定メニューとして
ロブスターバーガーが登場するらしい。
食べてみたいではないですか、これ。

興味深かったのは、PEIのお茶の入れ方である。
鍋にティーバッグを放り込んだと思ったら、煎じ薬さながらぐつぐつ煮出す。
さらに強烈なのは、ミルク代わりに入れるのはなんと練乳(エバミルクだったかな?)。
あ、でもこれは美味しそうだわね、
と参加者一同、妙に納得してしまった。

イギリスへ紅茶をめぐる旅をしたときに痛感したのだけれど、
現地での紅茶の入れ方はじつにおおざっぱだ。
高級ホテルのアフタヌーンティはさておき、
ふだんの暮らしのお茶というものは、そういう性質のものだと思う。
日本紅茶協会で学んでいたときは、
ティースプーンの位置はソーサーの前か後ろか、
ティーサンドの薄さは何ミリがいいのか、
とまあ、重箱の隅を文字通りつつくような質問が相次いで、
わたしも一緒になって真剣にメモをとったことを覚えている。
あの紅茶に対する几帳面さは、日本の文化の一面かもしれない。
それは少しもむだにはなっておらず、
ああいう質問に必死になっていたころを経たから、
今は自信を持って、
ゆるい気持ちで日々お茶を入れる暮らしがあるのだろう。

講座の最後に、
『赤毛のアン レシピノート』でおすすめレシピを教えていただいた。
簡単でおいしいという点であがったのは、
スコッチ・ショートブレッドとフレイザー夫人のサンドウィチ。
というわけで、
ようやく休日の午後に作ってみました。

e0165236_22303479.jpg
本では25センチ角のブリキ型になっていましたが見当たらないので、オーブンの天板を利用して切り分けたものです。結果、くずれやすくぶかっこう。ガラスビンに詰めてごまかしてあります。お菓子、だめなんですよねぇ。



●作ってみた感想は?
『赤毛のアン レシピノート』は、料理上手なモンゴメリの実際のレシピ帳をもとに7つの食のシーン別にまとめた本です。1900年代当時のカナダの料理法のほかにも、教会生活の様子などが垣間見えて、牧師の奥さんという同労者として、たいへん興味深い内容です。


わたしは料理は好き。でも、特別自信があるわけではなく、ましてお菓子はだめだめというタイプです。お菓子を作るには、あまりに大ざっぱな性質のせいだと思います。

それはそうと、料理の腕はともかく、人のレシピを読むのは大好きです。レシピって、人柄がよく表れるのですよね。作りたくなるレシピ、気が合わないレシピ、いろいろあります。いいなぁ、と思うレシピの当人にお会いしてみると、やはり共感できる方が多い、というのが結論なんですけど。

モンゴメリに関して言えば、まだ語れるほどレシピとつき合っていません。でも、その生き方を読めば読むほど、共感できるところがほとんどないんですよね。だけどアンという作品は好き。これこそアン・シャーリーの不思議だと思っています。


今回のショートブレッドは、本の中では、「ふるさとのお気に入り」という分類に入っているレシピです。材料はバター、ライトブラウンシュガー、小麦粉、塩とこれだけ。ショートブレッドのよい点は、材料がごく簡単なところにあると思います。ただ、生地を打ちつけてこねるという作業が含まれており、これはふだんわたしが好んでいるレシピにはないものでした。

わたしが好きなレシピは、ただ材料を混ぜ合わせて、底が抜けるタルト型に詰め込むというだけのもの。生地を30分寝かすというレシピもよく見かけます。でも、こねるというのは・・・。実際にこねようとしてみると、生地がやわらかくてべたべたしてたいへんでした。この手間はなぜでしょうかね。日本のレシピでは、上新粉も加えて出来上がりの食感をよくするのを好むようなので、この違いですかね。

感想としては、1900年代のレシピよりも現代のものの方が簡単だなという当たり前のことでした。
ちなみに、一切れ食べた家族の感想は「ホットケーキの方がおいしいねぇ」でした。むむ。もろもろしたショートブレッドは、紅茶と一緒に味わって本当においしさがわかるのよ、と演説してみたりして。わたしは好きな味でした。なにしろバター1カップ分を使うのです。おいしくないはずがありませんよね。

またアン活動の中でほかのレシピも実験してみます。

アンが愛した聖書のことば

宮葉子/いのちのことば社

undefined

私の新刊もアン活動のおともにぜひ。アンが100年以上経た今も愛される理由を読み解いてみました。


[PR]
by Annes_Tea | 2009-04-27 16:39 | 赤毛のアン
油揚げとしょうがの混ぜごはん

e0165236_0455824.jpg

●作り方(10〜12人分)
めんつゆ80ccに、トースターで焼いて5ミリ角に切った油揚げとせん切りにしたしょうがを合わせる。たきたてのごはん5合に切るように混ぜ合わせる。


イースターのお祝い会で作った簡単混ぜごはんです。
別の教会の牧師の奥さんから耳で聞いたレシピなので、分量は適当です。
ちなみに、このブログのレシピは、
わたしのメモとして載せていますので、
5合などという中途半端な分量になっています。
結婚するときに、5合炊きの炊飯器を3ついただいたものですから、
いつも5合が教会レシピの基準なんです。
(わがやの炊飯器は10合炊きですが)。
1合で大きめおにぎり2つ分が目安。
ですから、3つあれば30〜35人分はなんとかまかなえます。
でも、非経済的かな?

この混ぜごはんは、要するに、
めんつゆに焼いた油揚げとしょうがを混ぜるだけのことです。
でも、幅広い年齢層に評判がいいんですよ。
子どものいる集まりのときには油揚げだけにして、
しょうがは薬味のように添えてはいかがでしょうか。

油揚げが冷蔵庫にあるときにでも、試してみてくださいね。
(あれ、なんで今日は「です・ます」調なんだろう? ?)

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by Annes_Tea | 2009-04-17 00:47 | お茶と料理、ときどきカフェ
お粥でハッピーバースデー
この季節だから、いちごを使ったデザートが気分。誕生日会にはこんなゼリーを作りました。いちご1パック、熱湯でもどした粉ゼラチン、砂糖を合わせてバーミックスで混ぜて冷やし固めるだけです。生クリームを添えて。
e0165236_2329260.jpg



夜は祈り会。でも、その前に、Yさんを牧師館にお招きして、お祝いをすることになった。
ちょうどYさんの誕生日と重なったのだ。
いくつになるのなんて野暮な詮索はなし。
しゃべりまくろう、食べまくろう、そうしてうれしがろうと思っていたのが、
食べるというところだけ怪しい雲行きになった。
2月に作った入れ歯が合わなくて、
今、ちょうど片側の奥歯がごっそりないのだという。

春らしく手鞠寿司にしたい。でも、刺身は飲み込むのがむずかしいかな。
自分が作りたいと思っていた料理をいったんしまい込んで、
食べられるものに頭を切り替える。
そうだ、お粥。思いついて尋ねると、
「あら、好き」
返ってきたのはすこぶるいい返事。決まりだ。
お粥に合うものを思い巡らしていくと、
拍子抜けするほど簡単な献立ばかりが浮かんでくる。
土鍋を使うから、器は土ものであったかい雰囲気にして、
キャンドルを灯せばお祝い膳になるかな。

牧師館には、不意にやってくるお客さんも多い。
でも、あらかじめ約束をして、
ほんの少し気合いを入れたごはんも、
ときどき、暮らしのスパイスみたいにわたしには必要だ。
料理というのはあまりにも日常的で、うっかりしているとだらけてくる。
おもてなしのごはんは、言ってみれば習い事の発表会のようなもので、
その前になると、いつになく本気になったり、集中したりする。
献立を考え、買い物に行き、下ごしらえをし、そうして作ること。
その一つ一つを見直すよい機会になる。
部屋だっていつも以上に念入りに掃除をするし。
宴の終わりを見回すと、
(料理って楽しい)
という気持ちが蘇っているのに気づく。

さて、誕生日会は?

食べた、しゃべった、うれしい、うれしい。
あんまりお腹も心も満たされて、
牧師の夫には申し訳ないけれど、
食事の後の祈り会では、二人とも少々ぼんやりしてしまったほどだ。
その祈り会には、教会のTさんがポピーを一輪持って登場した。
「あら、男の人からお花だなんて」
とYさんが恥ずかしがる。
教会は、そこに集う人たちのホーム。
だから、
一人暮らしのYさんの誕生日は、
わたしたちのお祝いでもある、とあらためて思う。

ただ、ひとつだけ、失敗したことがある。
白粥に趣向を凝らしたくて、
鶏胸肉と昆布でとったスープをかけたまではいいのだけれど、
そこに湯葉を乗せてみたら、あらら。噛みきれない。
仕方がないので、
Yさんが湯葉をお箸でだらんつかんだところを、
わたしがキッチンバサミで細長く切るという格好の悪さ。

まだまだ詰めが甘い主婦です。

●誕生日の献立(晩ごはん)
スープ粥(湯葉をのせて)
ピータン、塩昆布(トッピングに)
ゆで鶏の練りごま和え(スープに使った鶏)
菜の花のオイスター炒め
さつまいものパイナップルきんとん
中国茶
いちごのフレッシュゼリー

[PR]
by Annes_Tea | 2009-03-24 00:06 | お茶と料理、ときどきカフェ
持ち寄りに便利な「コストコのトマト缶ペンネサラダ」
(レシピは最後にあります)

最近コストコで買ってよかったもの


e0165236_0123223.jpg●カットトマト缶

e0165236_014526.jpg●バラエティベーグル
みなさんご存知、ですよね。半分に切って冷凍保存しておけば、使いがってがいいですよ。

e0165236_012552.jpg●リーフティ(アールグレイ)
アメリカ人牧師先生に教えてもらって初挑戦。大きめ茶葉でしっかり出ます。たっぷり250g入り。おすすめです。

e0165236_0142457.jpg●粉チーズ
ふだんは小さいサイズを使っていますが、ときには思いっきり使えるサイズもいいですね。玉ねぎをオリーブ油でよく炒めたものをパスタと合わせて塩、こしょう。盛りつけてから、たっぷりこれをふりかけてみてください。おいしっ!


    みなさんのおすすめは何ですか?



その日の集まりがポットラックだと知ったのは、電車に乗る30分前だった。
「あれ、言わなかったっけ?」
夫のことばはとりあえず聞かないふりをして、あわてて食糧棚をのぞきこむ。
主婦の沽券に関わる、とまでは言わないけれど、出来合いの総菜を買っていくのは気が進まない。
ランチでしょう。だからパン。パンに合うおかずは、
と連想ゲームをしながら目が合ったのはペンネだった。全粒粉タイプだから多少は絵になるかな。
ツナ缶とブラックオリーブもある。
ツナと言えば、トマト。
ところが、冷蔵庫で見つけたのは朝食の残りのプチトマトが数粒だけ。
うーん、足りない。と思いきや、あった、あった。トマト缶。
決まりだ。15分あればできるペンネサラダにしよう。

そりゃあ、生のトマトにはかなわない。
でもね、コストコで仕入れてきたこのトマト缶はなかなか優秀なのだ。
ラタトゥイユやパスタソースといった煮込みに使うのは当たり前として、
スパイスやオリーブ油なんかをちょちょっと混ぜて、加熱しないでそのままタコライスやオムレツのソースとしても使える。
今回のペンネサラダにも、生トマトの代わりをになってもらう重要な役回りだ。

着いてみるとすでに大勢が集まっていた。
歌ったり、演じたり、描いたり、というような人たちがほとんどで、
それで食べているプロもいるし、夢見ている途中という人もいる。
話を聞いていると、みな何かを表わすことに、日々忙しそうだ。
自分一人を生かしていくのに精一杯なのは、
持ち寄りで集まった食べ物たちの残りを見て、すぐにわかった。
袋菓子、たとえばポテトチップスだとかおせんべい。
そうして思った通りにパンとコンビニのおにぎり。
あらら。おかずがないのね。
主婦の手仕事の結集のようなパーティを見慣れているので、これはこれで新鮮だ。

わたしのペンネは、さらに遅れてきた人たちの胃袋の中へ、すぐさま消えていった。
「ふおお、これ、手作りだよぉ」だとか、
「わわ、おいしい」
とかいう言葉が聞こえてきて、一人でにやけてしまう。
家族以外の人から、
「おいしい」
と言われると、どうしてこんなにも励まされるのだろう。


持ち寄りに便利なペンネサラダ(1袋分)
●作り方
ペンネ1袋(250g)はゆでて水にとる。
オリーブ油大さじ3、ビネガー大さじ1、塩小さじ1/2とこしょう少々、イタリアンハーブミックスを混ぜ合わせ、ツナ1缶、玉ねぎとオリーブの薄切り、つぶしたカットトマト缶(入れ過ぎないように)、水気をよく切ったペンネとあえる。
*トマトの汁は翌朝のスープに入れたり、冷凍保存を。トマトはもちろん生でもどうぞ。


少しレシピを変えてクックパッドに掲載しました。印刷用にどうぞ。

[PR]
by Annes_Tea | 2009-03-22 00:28 | お茶と料理、ときどきカフェ


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル