下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:本 ( 2 ) タグの人気記事
ウクレレ絵本カフェ-Live Love Laugh!-


e0165236_16273794.jpg

来週にはこんなイベントを開く。
墨東まち見世2012の参加企画のひとつだ。
このアートプロジェクトも、3年目となり、今年でいちおうひと区切り。

カフェ終了後には、親しい方たちと出版のお祝い会も予定している。
ごはんを作ることのできそうにない私に代わって、
素晴らしい料理の作り手たちが、支えてくださることになっている。
持つべきものは「友」なのだとしみじみ。

ただ、人数が読めないので、持ち寄りパーティにしてみた。
出版パーティなどと気取った風に言っているが、
なんのことはない、ふだんの教会の愛餐会なのだ。
みんな、勘違いしないで来てくださるとよいけれど。

私もひとつ朗読しようかしらと企むものの。さて?
役者とシンガーの友だちが、何やら素敵なパフォーマンスをしてくれるようだ。
やはり持つべきものは「友」。

友と言っても、年齢も世代も国籍もまったく関係なくつながれるのがよいな。
これがまあ、天国文化、というものかな!?

*ウクレレ絵本カフェ /詳細はここで
[PR]
by Annes_Tea | 2012-10-16 16:32 | お知らせ(イベント他)
『こころのごはん』出版のお知らせ

e0165236_11162291.jpg


帯コピーも決まって、ようやく形が見えてきた。
帯コピーに関しては、編集者が独自で決める場合と、
著者に意見を聞いてくださる場合と、二通りある。
私の場合、一冊目は・・・と思い返してみると、
名もない私の意見を尊重してくださった編集さんの姿が浮かんできた。
ひと通りの仕事が終わった後、
阿佐ケ谷の「西瓜糖」というカフェでお疲れさま、と言い合い、
その際に、マーガレットの花束をいただいたことまで思い出した。
一種類だけの花束、それもリボンなし、白い紙に簡単に包まれて。
こういうのに弱いな、わたし。

今回も、何から何まで尊重していただき、ともに作り上げた。
春の終わり、八重洲ブックセンターのカフェで
話し合いをしたところがスタートだった。
やりとりの細かい記憶の断片が、
私のなかにいくつも降り積もっている。
心の中にあるフォトアルバムを、ふだんは意識しないが、
ふとした時に取り出して、幸せになる。



e0165236_1504025.jpginformation
発売はまだ先のようなので、とりあえず今は予約中とのことです。本を通して、みなさんと出会えればうれしいです。教会での祈り会や、女性の集まりなど、お気軽にお声かけください。今回はできるだけうかがいたいと思っています。本を携え、聖書のお話のほか、自分だけのみことば本を作るワークショップも行おうかと思っています。すでにお声かけいただいているところもあり、どのような出会いがあるのか楽しみです。


『こころのごはん』詳細・予約はこちら
[PR]
by Annes_Tea | 2012-10-12 11:18 | お知らせ(イベント他)


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル