下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:赤毛のアン ( 39 ) タグの人気記事
明日はアンまつり

トークイベント、楽しく終わりました。
思いがけず盛況でして、しかも、初対面の方々ばかりで驚きました。
サイン会の際に、おひとりおひとりと対話の時間をいただけたのが嬉しかったです。
質問コーナーでは、モンゴメリの人生に関するかなり深いことがらが続きました。
なるほど、キリスト者の多い集まりならではだったかと。
彼女の生き様の光と影は、今を生きるキリスト者へ示唆を与えてくれます。
明日はアンまつり! もう一度、チラシをアップしておきますね
e0165236_00024762.jpg
晴れるといいのですが。天気予報は・・・。
庭でカフェも考えていましたが、難しそうなので会堂のみにしておきます。
いらっしゃる方はお気をつけて。
小さい空間での、ホームパーティスタイルです。
おしゃべりする感覚で遊びにおいでください。


■アンまつり

・日時:2014年6月28日(土) 14:00〜18:00pm (出入り自由)
・場所:墨田聖書教会  
 墨田区墨田3-19-4(東武スカイツリーライン・鐘ケ淵駅下車)  
 *お電話いただいても、明日は出られないことが多いと思います。
  ご了解ください。
・無料ですが、お菓子をご持参ください。(持ち寄りお菓子パーティ)

■予定プログラム(ときどき、こんなこともしようと思っています)

・アンの本棚(協力:おおぐりとしょかん)
・『アンが愛した聖書のことば』朗読(Yoko&Ann)
・アンかるた作り
・アン・シリーズブックトーク(Anne's bosom friends)

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News! 新刊出ました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。再版はもう少しすると店頭に並びます。アマゾンでも再び購入できるようになりますので、もうしばらくお待ちください。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-06-27 12:20 | 赤毛のアン
『赤毛のアン』をひとりで大人読み
前回に続いて、叔母が撮影したグリンゲイブルス。もちろん画像アップ許可済み。
e0165236_14323149.jpg
さて、明日はいよいよアンのトークイベント。
定員20名のところ、すでに定員越えの予約をいただき、うれしい悲鳴。
急きょ、椅子を増やしていただけることになった。販売さん、ありがとう。
当日ふらり、というのもありのようですので、お気軽にどうぞ。

というわけで、本日はおとなしく家にいて、家事に勤しみながら、
アンについてあれこれと思いめぐらすことに時間を使った。

モンゴメリが執筆した時系列で読んでいくと、彼女の思考の変化が見て取れる。
御霊で始まったことを肉で仕上げると、どんなことになっていくのか。
『赤毛のアン』から始まって、最後は『アンの想い出の日々』だもの。
でもこれ、モンゴメリが牧師夫人だから勝手に暗澹たる気持ちになるわけで、
同労でなければ、こんなに残念には思わないかもしれない。

今回の発見は、結婚した翌年に書かれた『アンの友達』という短編集に、
モンゴメリの信仰の本質に対する情熱を強く感じたことだ。
とくに「めいめい自分のことばで」という作品には驚かされた。
信仰について、こんなにも率直に情熱を表しているとは。
ただ、もうこんな作品は書けない、と後に語ったそうだけれど。
子ども時代にはさっぱりわからない作品で、
むしろ、アンが出てこないので、退屈だわと思っていた。

どちらかというと、私の精神のありようは、
『アンの想い出の日々』の不穏な感じから始まって、
『赤毛のアン』の方へ逆走しているような気がする。
シンプルに、そして、喜ぶこと、感謝することへ。
でも、くれぐれも人に見せるようないい子ちゃんにはなりたくない。
むしろ自分からお皿の中身をこぼして見せるような者でありたい。

明日のトークには希望がほしいから、
モンゴメリの人生は少しにして、
アンの「ほがらか哲学」なるものや、
詩を通して人生を見ることや、
小さな幸せを紡いでいくことの才や、
そんなことを含め、
アン・シャーリーという
周りをトランスフォームするキャラについて話せればと思っている。
世の光、地の塩、というわけです。

『アンの夢の家』には、アンのいわゆる「同類」と似たような意味で、
「ヨセフの一族」という言い方が出てくる。
グリンゲイブルスで育てた双子の片割れのやんちゃなデイビーが、
聖書は退屈だけど、ヨセフ物語はいけてる、というくだりがあり、
モンゴメリはヨセフの話は気に入っていたのかしら、
などとあれこれ大人読みした一日でした。

e0165236_14332058.jpg
これも叔母が撮影したプリンス・エドワード島。私はまだ行ったことありません。いつか行くのかな? でも、行かなくても島を旅できるのが読書の素晴らしいところだわ、などと強がってます。

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News! 新刊出ました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。再版お待またせしてすみません。アマゾン他、予約受付中です。7月10日ごろ店頭に並ぶ予定です。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-06-20 21:20 | 赤毛のアン
『赤毛のアン』まつり×アンの読書会×宮葉子トークイベントご案内

アンイベントのチラシが届きました。ファイルが大きいので、画像が欠けてしまう場合には、画面をクリックしてください。全体が見られます。私のアン本ですが、ネットでの注文は受付しております。再版はもうしばらくお待ちください。本日、銀座教文館の、3階と6階で目撃したとの情報をいただきました。銀座三越でアンと村岡花子さんの展示が始まりましたので、あわせて教文館にも足をお運びいただければ嬉しいです。4月の3階での売り上げは、なんと1位。成績みたいですね。照れます。

e0165236_23282279.jpg
トークイベントは、予約していただくと特典があります。

e0165236_23295822.jpg
アンまつりはお気軽に。
うれしいお知らせです。以前、ウクレレ絵本カフェをでコラボしたオオグリとしょかんさんが、私の手持ちの本を用いて、アンの本棚を作ってくださいます。本棚のそばに、アンの語り場テーブルをひとつだけ用意しようかとも思っています。アン好き同士、存分に語っていただければと。もちろん、それほどアンに思い入れのない方でも安心しておいでください。

読書会は予約制です。アン好きの方でも、初めて挑戦してみようという方でも大丈夫です。あのレイヤーケーキが食べられますよ!
それにしても、このアンはどなたが描いたのでしょう。この本の手作りポップを見ると、書店員さんが描いたアンが必ずいるんですよね。アンまつりでも、参加者のみなさんにアンを描いてもらおうかしら。

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News! 新刊出ました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-05-23 23:32 | 赤毛のアン
『アンが愛した聖書のことば』トークイベント&アンまつりのお知らせ

「サイン会もやりましょうね」と言われたので、半分冗談のように聞いてましたが、書店さんが前の晩、せっせとポップを作ってくださってこの通り。いやあ、照れまくりでしたが、こういうときはその気になってやった方がよいだろうと覚悟を決めました。
e0165236_16444039.jpg
会場は町田聖書教会でした。教会を楽しむ2日間という年に一度恒例のカンファレンスの中で、アン本についてのトークを1時間ほど。写真は教会の二階です。オアシスブックセンター新宿店さんのご尽力によって、本屋さんに大変身。1階はカフェに模様替えし、ここでは教会学校、バット博士記念ホームのことや、信仰継承についてのトークセッションが行われました。会堂で熱くユースカンファレンスが行われ、夜は教会カフェにてピザパーティ。あらゆる世代が入り交じり、まさに教会らしい一日を一緒に過ごすことができました。
e0165236_16500133.jpg


先週はラジオの収録にお招きいただいた。
女優の和泉ちぬさんが長年パーソナリティを続けている番組だ。
『ちぬちゃんのトマト』、略して『ちぬトマ』。
前作『こころのごはん』を書いたときにも出していただいたのだが、
あのヘッドホンを付けると、うまく口が回らなかった。
短い時間で何かを伝えるって、ほんとに難しい。
私の話は複文につぐ複文。しかも、熟語好き。
ラジオで話すには致命的かもしれない。

昨年以来、在日外国人のクリスチャンたちとの交わりが増えていることもあり、
わかりやすく、ひらがなに開いて話すように、日々練習中。
成果あり? 
今回の収録は案外スムーズに話すことができ、むしろ楽しめてほっ。
まあ、プロがお相手だから、なんですけどね。

でも、のっけから「自己紹介してください」とちぬさんにふられ、
絶句してしまったのでした。あはは。
自己紹介という単語を突きつけられると、
結構、困りませんか? 
谷川俊太郎さんの『わたし』という絵本を思い出したりして。
考え過ぎだと言われれば、そうなんですけど。

以前、神学校に通っているころ、
区の検診で職業欄の記入に迷ったことがある。
主婦だし、ライターだし、学生だし。さてどれにしようか。
保健婦さんとそんな話をしたら、
「主婦というのだけは変わらないわよね」と二人でしみじみ。

さて、話を戻すと。

朝ドラ『花子とアン』が好調なこともあり、
もう一度アンを読み直したいという人が増えているらしい。
私のアン本を読むと、完訳で再読する気になるのだかと。
こんなサイトを見つけたので、ご参考までに。

銀座の教文館では、
村岡花子フェアが続いているようだ。
6階の子どもの本専門フロアのサイトで、
私のアン本を紹介していただいた。
リンクしましたので、ぜひご一読を。

教会で行われたトークイベントでは、
教会らしく多世代が集い、
それぞれのアン体験の違いが面白かった。
なかでも、戦後、
アンが日本で紹介されたまさにその時のお話をうかがえたのは宝物となった。
予約してもなかなか手に入らず、
アンを心待ちにしたのだとか。
幸せな本ですね、アンは。

以下、今後のアンイベントのスケジュールです。
みなさんとお目にかかれればうれしいです。

2014年6月21日(土) 14:00pm
ミニトーク&サイン会「『赤毛のアン』に描かれた聖書観」
会場:オアシスブックセンター新宿店
   入場無料

2014年6月28日(土) 14:00〜18:00pm(出入り自由、申込不要)
「アンまつり」-『アンが愛した聖書のことば』出版記念パーティ-
会場:墨田聖書教会 
   入場無料(なるべくお菓子一品持ち寄りください)

2014年7月25日(金) 14:00〜16:00pm
『赤毛のアン』の読書会をアンのお茶会とともに
会場:いのちのことば社本社チャペル 
   500円(茶菓代/レイヤーケーキと紅茶を予定しています)
読書会は初めてという方もぜひ。ただし『赤毛のアン』を読んでから参加くださいね。こちらだけは事前申込が必要ですので、詳細決まりましたらアップします。

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News! 新刊出ました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-05-05 17:22 | 赤毛のアン
新刊『アンが愛した聖書のことば 赤毛のアンを大人読み』発売!

まっさらな本が届いた。
二つ折りにされた編集のFさんからの心優しいメッセージにほろり。
生まれたての2冊は、
色校で見ていたよりも、しっとりと大人っぽくて素敵だ。
「薔薇の蕾のティーカップ」だもの。
表紙に盛られた思いを、腹心の友たちならば、
読み解いてくれるはず。

この2冊は特別にうれしいので、
自分用とオット用に一冊ずつのつもり。
サインを書いて渡すことになっているのだけれど、
これがなんとも照れくさい。
「最愛」なんて字を切れっ端で練習してみているが、まだ書かずじまい。
宿題は明日にまで伸ばすのがよさそうだ。

続いて、ダンボール一箱分がどさり。
こちらは販売用だ。
買いたいと言ってくださる方たちに恵まれている幸せ。
時間のない中で、最後までよく書き上げたものだと、
これくらい時が経つと、まるで人ごとになるから面白い。

祈ってくれたり、話を聞いてくれたり、
みんなほんとにありがとね!
e0165236_20534323.jpg
アンを読み解いた本なわけですが、かつて女の子だったすべての大人女子に楽しんでもらえる内容にまとまっていると思います。著者のモンゴメリが牧師と婚約中に書いたという背景は、やはり第一作のアンに大きな影響を与えているようです。その後のモンゴメリの人生は・・・これもまた書いてみました。
e0165236_20535492.jpg
裏表紙はグリン・ゲイブルズですよ。
e0165236_20540773.jpg
「読書会」もひとつの味つけにしました。
e0165236_20541473.jpg
アンのいる風景。三好さんのイラスト、空気感がいいのです。

(画像無断転載はしないでくださいね)

アンが愛した聖書のことば

宮葉子/いのちのことば社

undefined

販売開始! 6月28日(土)には出版記念のお茶会「アンまつり」開きます。こちらもご興味ある方は、ぜひ予定に加えてくださいね。詳細決まりましたらまたブログでお知らせします。

*版元(いのちのことば社)のサイトです。こちらの方が早く届きます。会員登録しなくても購入できます。
『アンが愛した聖書のことば-赤毛のアンを大人読み』

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

こちらも好評発売中! イースターのプレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。



[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-10 21:33 | 赤毛のアン
アンの幸福、わたしの幸福

山田家の人形焼き。アメリカ人のアンさんへのお土産にしました。
あんこも入ってなくて、何がおいしい? と思われたかしらん。
香港人の知り合いが、おでんだけはわからないと言っていたのは、
全部同じ味だから。通じるような、人形焼きにも。
でも、愛嬌はあります。

e0165236_22140521.jpg

『アンの幸福』のあとがきを読んでいたら、
 今から56年前の村岡花子さんの文章にこうあった。 

モンゴメリが初めて「アン」(Eが終わりにつく綴りのANNE)を世に贈ったとき、 
彼女は不滅の喜びに火を点じたのであり、
このともしびは人工衛星、テレビジョン、航空機の時代にも、
その独特の魅力をもって人々の心に迫っていくことでありましょう。 

なるほど。

昨日、私のアン本のために若い女性二人が取材に来てくださった。
読者対象は? アンの魅力は?
と、さんざん考えてきたはずなのに、 話ことばにすると、心もとない。
だから、書くのだ。きっと。 
明日、宅配で届くそう。 
風邪にしっぽをつかまれて 昨日からおとなしくしている私には、
うれしい知らせ。 
原稿のやりとりは、初校以外はPDFだから画面読みだったけれど、 
なにはなくとも紙、
そして、
本というカタチが好きなのです。

 

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

News 好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-08 20:51 | 赤毛のアン
夜桜とウクレレとアン気分

e0165236_22231252.jpg

夜桜を見たくなった。
地元生まれの夫は、 隅田川の桜にも花火にも、 わたしほどにはときめかない。 
おまけに風邪っぴきだ。
今夜がきっと盛り、どうしよう? 
教会のウクレレ教室の仲間を誘ってみた。 ふたつ返事だ。うれしい。
夜20時を過ぎてから、 大人の女性ふたりが自転車で川辺に向かう。
夜遊びだね、楽しいね、とかなんとか言いながら。
完全防備のわたしは、ニット帽と眼鏡とスートルのぐるぐる巻き。 
桜に冬服、あはは、と彼女に笑われる。 
なんか面白い、と言われて知らないうちに写真を撮られる。
フェイスブックにタグ付けしないでよね。念のため。
e0165236_22234222.jpg

白鬚橋のたもとから、浅草に向かって川沿いを走る。 
吾妻橋を渡ってぐるっと一巡りするつもりだ。 
創意工夫に満ちたダンボールハウスの並ぶあたりは真っ暗だけど、
少し先を見ればカーニバルの夜のよう。
暗闇にぼんやり浮かぶ白い桜のぼんぼりが、おいでおいでと手招いている。 
効果的にライトアップなどされているもんで、 こちらの気分も変に高揚する。 
えへへ、アン気分だね。 いい大人が、すっかり女子的。
見上げては、撮影。 立ち止まっては、チンドン屋を眺める。 
春休みのせいか、 墨田区側は、家族連れが多くて和やかだ。 
ちょっと花見のつもりが、 犬の散歩のように立ち止まってばかりいる。

e0165236_22240728.jpg

道を外れて、船着き場の近くまで水辺へ下りる。
友人は、背負ってきたウクレレを取り出して、
ぽろろん、ぽろろん。

ここで、オオトモさんが、なんとかオーケストラやったんだよ。
船に乗って、こっち向いて指揮して。と説明する。
オオトモさんって、あの音楽の人。あまちゃんの音楽とかやった人。
あの日、わたしたちは自転車部として依頼されて、かき氷自転車を出動させた。
でもね、寒くて、全然売れなかったの。
ただ、オオトモさん、ちゃんとかき氷自転車を漕ぎに来てくれて、さすがだなって思ったんだ。
会話の具合も、女子的になっていく。
女子って、いくつまで使うもんなんだろう?

ふたりで賛美したら、まちのために祈りたくなった。
今夜は墨田区のために祈ろう、と彼女。
あちら側の台東区のためには、また次のときにね。

スカイツリーと桜。隅田川沿いを歩いたら、
だれだって取り合わせて写真を撮りたくなるようだ。
撮影スポットは大賑わい。
自分撮りしている女の子たちがかわいかった。本物の女子たちだ。

e0165236_22242696.jpg

隅田川にようやくカフェ出店、とニュースになってたターリーズ。
木の箱のような小さな店。風景と調和していてうれしかった。

今年は人と会おう、自分から会いに行こうと決めて近場から実行中。
春だものね。動きたくなる。
 

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

News 好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-03 20:31 | まちを歩く
ミニ・ワークショップ「『赤毛のアン』を大人読みする」報告
いよいよ月曜日からNHKの朝ドラ「花子とアン」が始まりますね。
私はずっと、「アンと花子」だと思っていましたが、花子さんが先でした。

先週の土曜日に地元の図書館で開いたアンのワークショップと、
私の新刊のご案内を読書会ブログに書きました。
下にリンクはりましたのでご覧ください。
とても素敵なイラストを描いてくださったのは、
イラストレーターの三好貴子さんです。
水彩画の描き方のご本なども出され、銀座でお教室を開くなど売れっ子さんですが、
今回、快く引き受けていただき感謝でした。
まだ色校のみ手元にある段階ですので、
実物が届きましたらブログでご紹介します。お楽しみに!
「赤毛のアンを大人読みする@ひきふね図書館」レポート

そういえば、子どもの本の読書会の相棒であるこすみ図書さんが、ループマガジンにレポートされています。こちらもご覧ください。私たちの読書会は、会場を墨田聖書教会とこすみ図書とで交互に行っています。世代の違う二人で開いているので、幅広い参加者にいらしていただけるのが特徴かもしれません。
とはいえ、最近はますます女子会風となり、なんだかとっても華やいでます。うふふ。
ループマガジン、こすみ図書レポート

e0165236_18572310.jpg

アンにも桜がよく出てきます。5月に開催される国際バラとガーデニングショーで、アンの庭が再現されるそうです。写真は隅田川の桜。今週が盛りですね。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
こちらも発売中! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2014-03-30 19:00 | 赤毛のアン
アンがつないでくれたもの
友だちからのプレゼントはアンのかぶりもの。プリンス・エドワード島のお土産。
e0165236_2348476.jpg



アンが好き。
こう口にすることが憚られた時期もあった。
がらでもない、と言われそうな気がしたからか、
あるいは、子どもじみた趣味のような気がして。

でも、あるときから、
再び素直に口にしていた。
たぶん教会に通い出したことが大きかったように思う。
アンが戻ってきた、
というか、アンを好きだった自分が戻ってきたという感覚か。

生きるとか、
ロマンスとか、
ゆかいきわまることだとか、
そんなことを真面目くさった顔で話してもいいんだと安心したからか。

アンからもらったものはたくさんあるけれど、
すごいな、とあらためて思うのは、
アンがくれる人とのつながりだ。

『赤毛のアン』とか好きですか?
などと脈のありそうな人に聞いてみる。
すると、ぱっと顔が輝いたり、
あるいは、話がずんずん広がっていったりする。
こういうときは、やっぱりうれしい。
あ、ここにもいた、アンの友だちが。

一年間仕事をしてきた小学校でも、
ときどき先生たちに聞いてみた。
教員には、アン好きが多い、
というのが私のささやかなリサーチの結論だ。
アンも著者のモンゴメリも、
ついでに言えば翻訳者の村岡花子も、
みんな教員経験者というあたりにその理由があるかしら。

お世話になったご挨拶を校長先生とした際にも、
ちらりとうかがってみたところ、
やはりアンと友だちのようだった。
一年の締めくくりにプリンス・エドワード島の話ができた幸せ。

これからもアンが、どんな出会いをくれるのか楽しみだ。

e0165236_23495626.jpg

ホームパーティに遊びに行ったら、友達が秘蔵のアン本を見せてくれました。鎌倉書房の3冊セット永久保存版。鎌倉書房、懐かしい。昔、雑誌の仕事をしてましたっけ。近くにあったカレーのパク森は閉店しちゃいましたね。鎌倉書房もずっと昔に消滅。変わるもの、変わらないもの。アンは永遠の女子でしょうか?

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
好評発売中! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2014-03-23 23:54 | 赤毛のアン
『赤毛のアン』を大人読みする、ワークショップご案内
e0165236_2327291.jpg


4月からNHKの朝ドラで『アンと花子』が始まる。
というわけで、出版界は少し前から、
村岡花子やアンものがちらほらと出始めている。
プリンス・エドワード島アンゆかりの地のツアーも、
さまざまに企画されている様子だ。
私もその流れの中で、声をかけていただいた。

ひとつは4月に出る新刊。
『赤毛のアン』を大人読みして書いたエッセイだ。
私が書くのだから、
聖書の光を当てて掘り下げてみた。
著者のモンゴメリは牧師夫人、
アンを日本に紹介した村岡花子さんも同じくキリスト者。
こんな背景があるので、
大人読みするならば、
聖書を知っているとアンはさらに面白い。

もうひとつは、図書館での小さなワークショップ。
まあ、気軽な読書会と考えていただければ。
「『赤毛のアン』を大人読みする」という内容そのまんまのタイトルだ。
ひきふね図書館開館1周年記念、植本祭でのイペントのいっかんで、
他にもたくさんのワークショップが予定されている。

アンを持ち寄って、
アンについてわいわい語り合おうと思っている。
翻訳は好みのものでいいが、
村岡花子ならば2008年以降の改訂版がおすすめ。

とはいえ、まだ原稿の方は、ゲラ校正中。
アンと格闘する日々はもう少し。

*詳しくは、ひきふね図書館の図書館HPまたは図書館ニュース3月号にてどうぞ。
『赤毛のアン』を大人読みするワークショップの詳細はこちらから。

こひつじこすみ、3月の読書会『トムは真夜中の庭で』報告はこちから。次回の読書会は2年ぶりのムーミンです。今年は著者のトーベ・ヤンソン生誕100周年ということで、ムーミン本や展示の企画も目白押しの日本です。アンとムーミン、どちらもアニメから入る人の方が多い時代となりましたね。アニメも好きですが、やはり原作を。できれば原書と思うも、ムーミンはフィンランドだからまったく無理です、わたし。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
好評発売中! 
プレゼントに人気です。特に女性を対象に、30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2014-03-03 23:28 | お知らせ(イベント他)


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル