下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
眠っていた花が目を覚ます

e0165236_2250989.jpg


朝起きると、庭に出てクンシランを眺めた。
ちょっとかがんで、撮ってみる。
むずかしいなぁ、花は。
こういうとき、一眼レフがほしくなる。

そのクンシランはまるまる3年間、眠り続けていた。
それが、2、3日前に目を覚ましたのだ。
クンシランだから濃いオレンジ色だと思い込んでいたのに、
意外にもつぼみから透けて見えるのはクリーム色だった。

クンシランは根も葉も大きく広がる。
だから鉢は大きめ、姿はどう見ても和風だ。
「どうかもらってください」
と近所のおばあさんから頼み込まれたとき、
そんなわけで最初は躊躇したのだ。
でも、
泣く泣くマンション暮らしになる身の上を聞いてしまっては、
首を横に振る気持ちにはなれなかった。

おばあさんの住まいの跡は、
いまではアスファルトに塗り固められて、
とりあえず人が立ち入らないようにフェンスで囲ってある。
そういう場所の運命とでも言おうか、
古いタイヤだとか、壊れた椅子だとか、
ときどき処分に困ったようなものが放り込まれている。
拡張するので立ち退いたはずの道路は、
いつまで経ってもそんな気配すらなく、
古い家屋が壊されて新しいマンションが建っていくばかりだ。

味気なくただ太いだけの葉っぱが植わっていた鉢を、
正直言って、持て余していた。
でも、水と光を与えていれば、
ちゃんと「時」は来るんだ。
なんというか、
眠れる森の美女の目覚めを目撃したようなうれしさ。
やっとクンシランも、
この庭に腰を据える覚悟をしてくれたのかな。


[PR]
by Annes_Tea | 2009-04-18 22:55 | 日々の庭と花 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 子どもたちは天才バカボンが好き 油揚げとしょうがの混ぜごはん >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル