下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
変わる人、変わらない人
e0165236_19153963.jpg
奥多摩のさわのすけくん。地元の蔵元が経営する澤乃井園にいます。このすぐ下の川で洗礼式をおこないました。お寺の鐘がごーん、観光客が大勢という場所。でも、不思議なことに、洗礼式の間だけは人の波が引き、聞こえるのは流れる川の音だけでした。


何年経っても変わらない人がいる。

かと思えば、
こちらが驚くほどみごとに変わっていく人もいる。

人が信仰によって歩み出すお手伝いをしていく中で、
これは毎回感じること。

時間の長さではない。
その違いは何かな?
いくつも思い浮かぶことはあるけれど、
共通しているのは
「心をひらく」ということかしらん。

信じるからには、
信じる相手をよく知っておかなくては。
それが聖書のことば。
聖書のことばに心を開いて自分への語りかけとして受け取る。
受け取ったならばおこなってみる。
おこなう力も神さまが下さると聖書は言っているのだから、
それを信じて一歩踏み出す。

神さまは自分と親しく交わってほしいと願っている。
だから、礼拝を捧げる。
そして、おしゃべりするみたいに祈ってみる。

本当にただこれだけ。
聖書のことば、礼拝、祈り。聖霊の力。

その途中で、人生のゴミがあっちこっちと見つかる。
隠しておいたもの、
あるいはしまい込んで忘れていたようなものも出てくる。
そのゴミをひとつひとつ捨てていく。
このときどれだけ心を開いて捨てられるかが、
変わる人、変わらない人の分岐点だったりもする。
捨てる場所は、もちろん十字架だ。
十字架にはりつけました、
イエスさま受け取って下さり感謝します、と祈る。

こんなことを書いたのは、
最近、みるみるうちに新しい人生を受け取り、
鮮やかに変わっていく姿を間近で見せてもらったためだ。

洗礼式は7月二度目の奥多摩で極上の晴れの日におこなわれた。
いつも会堂でおこなうスタイルなので川での洗礼式を初めて見た。
時間にすれば15分かそこらだけど、
崖の上から見守っていたわたしたちにとってもかけがえのない時となった。

「昔はよく荒川で白い着物をつけた人たちが川の中に入っていくのを見た」
とSさんが言う。
あのネズミ色の荒川で洗礼を?
驚いて尋ねると、
「荒川も昔は澄んでいたましたからね」
と言う。
ただしこれ、60年ほど前の話だそうだ。

後で川に入った感想を当人に聞くと、
「どろどろしたものが全部洗い流されたみたい」
と言って笑う。

もうひとつ、
変わる人に共通しているのは、
「求める心」強く持っている人だ。
ただし、求める相手を間違えないように。
人はだめ。
結局のところあてにならないし。
やっぱりね、愛なるイエスさま、ということになる。

「求めなさい、そうすれば与えられます」

聖書を学び始めた人たちは、
このことばが好きなんですよね、と言う。

「たたきなさい、そうすれば開かれます」

ほんと、その通りだね。
いよいよ新しい人生の始まり。
おめでとう!

e0165236_1920292.jpg
[PR]
by Annes_Tea | 2010-07-26 19:24 | 牧師館で暮らす | Comments(3)
Commented by J-princess at 2010-07-26 23:37 x
Yokoさんの本日のダイアリー、この1ヶ月余り、家の解体で何十年も開かずの間だった部屋や物置のガラクタ(祖父には申し訳ないけど〜)の山を何人もの手を借りてようやく処分した身に、体感しております。
本気で変わりたい、抜け出したい!よくなりたい!!と願う心には、必ず神様も誠実をもって応えて下さるということを体験しました。
それまでは、まだまだ変わらなくていい、変わりたくないという思いが根底にあったような気がします。
今回、ゴミの山々を目の前にして、長年蓄積されてきた混沌とした淀みが消えて、スーッと空気が流れるようになったことに驚きました。
さらに、衣類も書籍も溜め込んでばかりいるとカビのもと、そしてマネージメントが行き届かなくなると感じ、できるだけ最小限のものでいくことを求めるようになりました。

「だれであっても求める者は」受け...考えたらすごい約束ですよね。
Commented by Annes_Tea at 2010-07-27 16:38
J-princessさん、おおっ、それはよかったですね。読んでいるうちに、こちらもすっきりとした気持ちになりました。新しいおうちが完成されたのですか?

この教会も、わたしが結婚して来るまで、それはもう古いものの山でした。さびさびのやかんや急須だけでも10個近くありました。ゴミの山は廃材を合わせて2トントラック7台分。いまでもあのときのくらくらするような思いは忘れられません。

心の中も、庭も、家もそうですが、ゴミ捨てと草むしりは日々行うのがベストですよね。
Commented by J-princess at 2010-07-27 23:43 x
Yokoさんも「あの」恐るべしゴミ山の格闘を経験されたのですね!
こちらは解体後の基礎部分がようやく完了したところです。完成した暁には第二次解体でいよいよ私の部屋もゴミの山と相成ります。
物心ついた時は7人家族だったのが、現在は母たちと3人暮らし。(父は近所の賃貸マンションです)
この歳になって思いがけず新築のチャンスが与えられました。といっても解体面積の半分で超コンパクト。昔は「ものごと」(冠婚葬祭とか田植えとか...)のために広間が必要だったのですね。Yokoさんの教会のごとく出てきた数十個単位の湯のみとか小皿とかが物語っています。
実は、私が24歳の時に一度、何もわからないまま改築(一部新築)したのですが、リノベーションできないくらい痛んでしまったのです。基礎とか下地って大切なんですね。そんなわけで、リノベーションの記事も大変興味深く楽しませていただいたこと思い出しました。長文失礼いたします〜。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夏の庭で見つけたもの 黄色いゴーヤ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル