下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
今、私たちにできること
花の姿に慰められますね。
e0165236_22253690.jpg


東京にいる私たちに何ができるだろうか?

やはり祈ること、そして支援を募金すること。
というわけで、
今朝の教会は、
礼拝前から礼拝後にいたるまで、
何度もみんなで心を合わせて祈った。

不眠になったり、不安定になっている方も見られたので、
いま一度、みことばを握りしめるように励まし合い、
最後はみな笑顔となってそれぞれの場所に戻って行った。

日曜日の礼拝後、教会から出るときは、
「行ってきます!」。
日曜日の朝、
「ただいま!」という思いで帰ってくる。
いつもそのようにお話してくださる方がいるが、
こういった大きな災害を前にすると、
ホームと言えるコミュニティがいかに人間に必要かとあらためて思う。

ひとり暮らしの方とは、
何かあったら会堂に逃げてくることを確認し、
お互いの連絡方法についても少し話し合った。
携帯を持っていなかった人が、
これを機会に携帯テビューをついに決意。
携帯はつながらなかったけれど、
メールはすぐに役立った。
まずは彼女とメールのやりとりの練習からかな。

39アートのイベントや、3月で終わる墨東まち見世のイベントは、
中止の方向で進んでいるらしい。
早々にプチバザールをさせてもらえたので、
天気も含めて守られたことを感謝した。
やはりこの感謝に応えようと、
バザーの売り上げは被災支援のために募金することにみんなで決めた。

じつは3月中に、クロアチア在住のヴァイオリニストの女性がおいでくださり、
この教会で小さな集まりを行う予定になっている。
もしも予定通りに開けたら、
この集まりでも募金を集めたいと思っている。

以前、スマトラ沖地震のとき、
ワールドビジョンの協力を得て、
「ワンコインカフェ」というチャリティーカフェを教会で開いた。
やはり売り上げを募金したのだが、
どこか遠い国の話のような気持ちが残っていたように思い出す。
今回は、まさに今、ここで、という話だ。
被災地まではいけないけれど、
思いを持っているみなで集まることができれば幸いだ。

電池が買い占められているらしい。
今だからこそ、
他の人のことを考える感受性が必要なのではないかな。

東京電力の知り合いによると、
16時〜19時の節電協力が欠かせないのだとか。
家事の時間帯を工夫してみようかと思う。
コンビニの看板の自粛はよいこと。
教会の看板も通りの安心のためにと夜中までつけていたが、
しばらくは夜、早めに消すことにタイマーをセットし直し。

本当に小さなこと。
でも、みんなで少しずつできるところからやっていけば
大きな力になると信じて。

ツイッターで
「prayforJapan♯」というムーブメントが賑わっていると聞いて、
少しだけてのぞきにいった。
世界中からの祈りと励ましにワーオ。
やっぱりつぶやき方がよくわからないので
眺めて終わっているのだけど。
私の課題はツイッターを使えるようになることかな。

今回の募金もワールドビジョンにします。
知り合いが陣頭指揮を取っています。お祈り下さい。
ワールドビジョンの詳細はココ↓

たくさんの映像を見て心が不安になっている方のために
聖書のことばを贈ります。


私のたましいは黙って、
ただ神を待ち望む。
私の望みは神から来るからだ。

神こそ、わが岩、わが救い。わがやぐら。
私はゆるがされることはない。
私の救いと、私の栄光は、
神にかかっている。
私の力と岩と避け所は、
神のうちにある。

民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。
あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。
神は、われらの避け所である。
(詩編62章)

[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-13 22:41 | 牧師館で暮らす | Comments(2)
Commented by LOVE at 2011-03-14 23:03 x
葉子さん、こんにちは。一日中テレビでは地震被害を報道していますが、みるだびに心が痛みます。本当に詩篇62章、アーメンです。どうか、被災者の方々に神様の慰めと励ましがありますように。お祈りします。
Commented by Annes_Tea at 2011-03-15 09:11
LOVEさん、来週の女性祈り会では、被災者のために祈るときとすることになりました。24日14時〜16時、覚えて心を合わせていただけると感謝です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< pray for Japan 地震で壊れたイースターリース >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル