下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ヴォーリズ建築をめぐる旅 ♯6(池田町洋風住宅街)
このシリーズも、そろそろ終わりにしようかと思います。
現実世界では、10月22日(土)から墨東まち見世2011が始まります。
今年は11月20日(日)の午後、まち歩きの案内人をいたします。
ほかのまち歩きとは毛色の違った内容です。
「知られざる墨東キリシタン史を歩く」というタイトル。
日本の幼児教育に貢献したキュックリヒ女史の人生を軸に、
キリストの愛の軌跡をたどる2時間コースの内容です。
彼女はヴォーリズよりもう少し後に活躍しました。
まちのために愛の種を撒いた先達たちの働きを掘り起こすのが
ライフワークのひとつになりつつあります。
こちらで詳細をご覧下さい。(10)番目のツアーです。
ライター名(旧姓)ではなく、本名で出てます。

↓墨東まちみせさんぽ



池田町洋風住宅街の一角。
e0165236_21265335.jpg
e0165236_21282331.jpg

看板まで立っているので、観光スポットとして歩いていいわけでしょうが、そこは個人の住宅ですから、遠慮しつつほんの少しだけ撮らせていただきました。細部にも興味深いところがたくさんありましたが、目で見て記憶するに留めました。私も教会暮らしゆえに、外に出ると会堂の写真を撮っている人に出くわすことがあります。撮られる側の気持ちを知る者としてのマナーですかね。

上の写真は、1921年完成の旧ミッションダブルハウスです。ダブルハウス、つまり二世帯住宅のこと。建築当時は、アメリカから呼び寄せたヴォーリズの両親と建築事務所の技師が入居したようです。ヴォーリズ建築の基本的な外観の特徴であるアメリカ伝統的なコロニアル洋式、赤レンガ、モルタル塗りスタッコ仕上げ。建物の周りに風通しを考えて樹木を植え、その木立がフロントガーデンから玄関への動線となっているのもヴォーリズ式です。

e0165236_21391761.jpg

やっぱり煙突。ヴォーリズ建築のデザインは基本的に洋風ですが、日本の気候風土に合わせた合理性と実用性をうまく融合させているのが特徴。

e0165236_21411791.jpg

例のホフマン窯で焼いた膨張レンガもふんだんに。

e0165236_21421743.jpg

今回、実際にヴォーリズ建築で暮らしておられる方を紹介していただきました。初対面にも関わらずおうちの中へ招き入れて下さり、応接間でずいぶんおしゃべりしました。食卓や階段などを見せて下さり、ここの写真は撮るといいよ、などと勧めて下さったり。なんとまあご親切な。写真をブログに公開するのは憚られますので私だけの楽しみにしておきます。でも、このドアノブの配慮、つまり中と外の違いにヴォーリズらしさが出ているので、特別にお裾分け。

e0165236_21483263.jpg
窓や灯りに、個性的なステンドグラスが配されていました。じつはこれ、心斎橋大丸百貨店の食堂にあるものと同じ。あそこはヴォーリズ設計事務所の作ですからね。

   
[PR]
by Annes_Tea | 2011-10-20 21:59 | まちを歩く | Comments(7)
Commented by ミルトス at 2011-10-23 17:13 x
台風の時に、ナラティヴのほうにメールをくださっていたのですね。メールの欄が折りたたまれていて、新着メールはありませんとなっていたので、今まで気付かないでいました。管理画面に行った時この頃「ミルトスさん」という文字がちらっと見えるので、おかしいなと思いチェックして先程ようやく気付きました。もう1ヶ月以上過ぎていますね。すみませんでした。そしてありがとうございました。祈られていたこと、ご心配をおかけしていたこと改めて覚えて身にしみました。
ところでお忙しそうですね。色々活動なさっておられますね。お体、気を付けて!いよいよ今週末は『モモ』ですし。
ステンドグラスの下についているお飾りが、又素敵!宇宙的ですね。
Commented by Annes_Tea at 2011-10-23 20:10
ミルトスさん、いえいえどういたしまして。コメント欄がなかったものですから、メールにしてみました。離れていても祈ることが与えられているのは私たちの幸せですね! 
そうなんです。いよいよなのですが、参加者がいっこうに見つかりません。やはりあらかじめ読んで、さらに意見を言うというスタイルの集まりは、この忙しい東京ではハードルが高い様子です。一緒に主宰している女性が「大人になって親友を見つけるぐらい難しい気がする」と言ってました。うーん。

11月はお休みで、12月はクリスマスの児童書です。絵本ではなく児童書で、しかも薄くて負担が少なくロングセラーとなると・・・?
Commented by Annes_Tea at 2011-10-23 20:10
ミルトスさん、いえいえどういたしまして。コメント欄がなかったものですから、メールにしてみました。離れていても祈ることが与えられているのは私たちの幸せですね! 
そうなんです。いよいよなのですが、参加者がいっこうに見つかりません。やはりあらかじめ読んで、さらに意見を言うというスタイルの集まりは、この忙しい東京ではハードルが高い様子です。一緒に主宰している女性が「大人になって親友を見つけるぐらい難しい気がする」と言ってました。うーん。

11月はお休みで、12月はクリスマスの児童書です。絵本ではなく児童書で、しかも薄くて負担が少なくロングセラーとなると・・・?
Commented by ミルトス at 2011-10-24 13:50 x
えぇ〜、それではこのまま参加者がいないと休会なのですね。やはりぶ厚い本は読み返している暇がないのでしょうか?でも、それじゃあ、まんまと灰色の男達の罠に・・(絶句)。
うちの娘に声を掛ければ良かったのですが、9月から児童相談所の夜間付き添いのアルバイトを始めて、生活のリズムが掴めないらしく、今、熱を出していて・・。
でも、とりあえず私は土曜日に『モモ』についての記事をブログにアップしたいと思います。
Commented by Annes_Tea at 2011-10-24 16:37
あら、娘さんはこちらなのですか。ぜひまたの機会にお誘い下さい。20代から集まっていますので。

今回は、主宰者を含む固定メンバー3名は参加しますので、幸いにも休会はなしです! でも、弱気になっているの確か。灰色の男達の暗躍が激しく・・・。

児童書を学ぶ学生達でも探さないと、い言っている私たち。継続が危ぶまれています。お祈り下さいませ。
Commented by ミルトス at 2011-10-25 11:28 x
はい、娘は東京の西の端におります。児童書の出版社関係を目ざしておりますが、なかなか厳しいようで、装幀家になろうか紙漉職人になろうかなどと色々迷っておりましたが、児童相談所の夜間付き添いアルバイトに行くようになり、大きく方向転換も考えているようです。
夜勤アルバイトは学業の合間にシフトを入れられるので、土曜は夜勤明けか、夕方から勤務入りになることが多く、加えて神奈川方面の児相ですので、読書会への参加は難しくなってしまいました。それまでは私も読書会への参加を娘に勧めようと思っていたのですが・・。
『モモ』は娘も読みましたが、私にとっても思い入れの深い児童書なので、是非是非ブログで参加させていただきたいと思います。
Commented by Annes_Tea at 2011-10-25 17:36
ミルトスさん、わ、娘さんはアート系でいらっしゃるのですね。児童書の出版は募集がほとんどありませんので、厳しさは想像ができます。新しい道が開かれているご様子で何よりです。でも、読書会には遠くなってしまって残念。ぜひぜひ参加していただきたいお人柄のようで。昨日、いのちのことば社の編集さんがおいでになり、あえて大人になってから読む児童書のチカラについて、ひとしきり盛り上がりました。その方もやはり『モモ』好きでした。当日はピーチティーかしら、などと思っています。ブログでのご参加を楽しみにして、メンバーにも伝えます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヴォーリズ建築をめぐる旅 ♯7... ヴォーリズ建築をめぐる旅 ♯5... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル