下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
クリスマス、アートな日々
クリスマス子ども工作会はこんな感じでした。
e0165236_22445310.jpge0165236_22443024.jpge0165236_22442072.jpge0165236_2244044.jpg


先週は、一日おきに教会のクリスマスイベントがあり、
おまけに、一日おきに私的なクリスマス会やら、
冬期講習やらで、てんてこ舞いだった。
(てんてこ舞い、という響きはかわいいけれど、字で書くと舞いの一種みたいだ)

夜遅くまで高校生たちを教え、
帰宅してから子どものクリスマス工作会の準備のため、
夜中に紙粘土を広げ、クッキー型で抜いた。
傍らで夫はそれに凧糸をつける。
クリスマスの準備のために、
全国各地の小さい教会では、
こんな風に牧師夫婦そろって地道に奮闘してるのでは、
などと妄想しつつ、楽しくなる。
まさに家内制工業。

高校生を教えるのは今年が初めてだ。
小学生はここ数年、何かしらを教えてきたが、
ふだん話す言葉で普通に関われるという点では、
小学生よりもずっと気楽だ。
大学受験を控えた子どもたちだから、
少しずつストレスも見える形で現われている。
問題を解くのも疲れるしね。
それで、気分転換にじゃんけんゲームする?
と聞いたら、みんな、顔がぱっと明るくなった。
あ、小学生とおんなじだ。
後だしで私に負けてもらうというじゃんけんをした。
負ける、というのが難しいのだ。
たとえ、後だしでも、人間は勝つことを刷り込まれ続けているせいだ。
とはいえ、そこは受験生だもの、
勝たせねばならぬと配慮をして、
最後は後だしで勝ってもらうことにした。
それでも後だしなのにわざと負ける子もいて、
自虐的だね、とみんなに笑われていた。
乗り切ろうね、受験。
みんな美大を受ける子どもたちだ。アーティストのたまご。
将来は一緒にアートイベントでつながれるかな?

子ども工作会は、
紙粘土に色を塗ってオーナメントを作る班と、
消しゴムねんど班に分かれた。
塗るのは女の子たち、
こねるのは男の子たち。
見事に二つに分かれた。
私は女の子の班長となり、
夫は男の子の班長に。
3歳児の画伯もいて、それはもう賑やか。
みんなでおしゃべりしながら物を作るのは楽しい。
工作教室のようなものも、
いつか形にしてみたいと思っている。
時が来れば、きっと。

今年はアートがつなぐ出会いを、
子どもとも大人ともたくさん与えられた一年だった。
あらためて教会って、
クリエイティブな場だなぁと思う。
歌ったり、作ったり、食したり、
世代を越えたこの交わりにはだれでも歓迎だ。
イエスさまのこの誕生日に、
大きく門を開いて人々を迎えたいな。
あとひと息。

e0165236_2247288.jpgクッキー型で抜いた紙粘土。クリスマスクッキーは今年も作れそうにありませんが、型抜き作業はこのおかげで上手になりました。


e0165236_2252257.jpg
色をつけるとこんなに可愛いオーナメントに。


e0165236_22521618.jpg
母娘のコラボ。アンパンマンうまーい。


e0165236_2253399.jpg
十字架も作ってみました。イースター用にクッキー型を持っているのです。


e0165236_22535155.jpg
消しゴムねんどもクリスマスモチーフ。


e0165236_22543296.jpg
これは何かな?


e0165236_22545726.jpg



マコトフジムラ展「ホーリーゴスペル」のお知らせ
友人であるマコトフジムラさんが個展のためNYから来日しています。キングジェームスバイブル誕生400年のコミッションを受け、2年間かけて描いた100点以上の作品です。日本橋高島屋6階の美術画廊にて。12月21日(水)〜27日(火)まで。ご本人は21、22、23と在廊。21日は14時から画廊でミニライブもあります。尺八とサックスとフィラデルフィアのクワイアー。いったいどのようなコラボになるのでしょうね?! 私もこのライブにうかがえればと思っています。



[PR]
by Annes_Tea | 2011-12-20 23:00 | クリスマス | Comments(4)
Commented by けろちゃん at 2011-12-21 04:20 x
あれまあ!すごくかわいいイベントで、うっとり~

子供たちの作品はすごく心が楽しくなりますね!!
触れ合うきもちも大切大切。

怒涛のクリスマス週間を過ごしています。
子供が明日持っていくクリスマス会チラシの準備をしていたらこんな時間になりました。おとといは点滴をしたちびっこもいるので、綱渡りみたいな毎日ですが、いつもクリスマスの時期は、気合いと感謝で充ちています。

すばらしいクリスマス週間となりますように!!
Commented by Annes_Tea at 2011-12-21 21:28
けろちゃんさん、ありがとうございます!
初めて作ってみましたが、女の子たちにウケました。

やはり怒涛の日々なのですね。綱渡り状態というのはよくわかります。働き過ぎのエリヤのような抜け殻状態にならないように、デボーション強化の時でもありますよね。遠くから祈ってます。どうぞ私のためにもお祈り下さいね!

God bless you !
Commented by mariko at 2011-12-21 21:31 x
フジムラマコトさんの聖書の装飾、なんてステキなんでしょう~と胸躍りました。私は残念ながらその期間は舞うほどではありませんが、「てんてこ」くらいの忙しさなので、伺えないと思いますが、祝福されたイベントとなりますように♪ Annes_teaさんも体調にはお気をつけて。それぞれが、それぞれの場所で、イエス様の愛の良き通り管となり、祝福に満ちたクリスマスを過ごせますようお祈りしています。
Commented by Annes_Tea at 2011-12-22 10:19
marikoさん、お祈り感謝です! 
マコトさんのオープニングに行くことができました。スティーブさんや合唱団の学生さんたち一群は、石巻でなど東北で支援のライブをしたその足で、日本橋に駆けつけてきたという強行軍でした。マコトさんの絵に囲まれてのライブ、素晴らしいコラボでした。出品はおもに4福音書をモチーフとした絵です。美しさと力強さ、静謐さと情熱。その精神性の深さと技術力の高さに感動しました。23日は午後4時〜、画廊でアーティストトーク、午後3時、5時と8階の催事場でコンサートもあります。アートや音楽の好きなお友達にご案内下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キャンドルサービスの夜に 今年の漢字は「祈」 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル