下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
あとがきを読み直す
久しぶりにブログに戻ってきた。
ついでに、ブログのデザインも少し整理をして見やすくしてみた。
原稿を書き終えたひと区切り、何かを刷新したくて。

なすカフェトークのイベントは無事に終了。
その準備と平行しながら、
初校の赤入れやら、参考文献のリスト作りやら。
10月に出る新しい本を見る度に、寺島なすと過ごした夏を思い出しそうだ。

e0165236_2291934.jpg
e0165236_2210491.jpg食のアーティスト、TAROさん制作のなすの揚げ煮浸しとポン酢の浅漬け。そしてなすジャム! 林檎ジャムのようで驚きました。いけます。

人生で3度目となる「あとがき」の執筆作業を前に、
さて、以前はどのようなことを書いたものか、
と13年も前に出版した本をひっくり返してみた。

料理家の枝元なほみさんと濃い時間を過ごしたのも、
このロングインタビューの日々を通してだった。
つい先日、久しぶりに担当編集者さんからおたよりなどいただき
(メールではないところがらしくて好きなのだ)、
季節が一巡して、古くに関わってきた方々とのつながりが、
また、新しい形で結ばれ始めているような気がしている。

13年前の私はあとがきの中でこんなことを言っている。

「人が生きていく、そのことを真っ白な気持ちで考えてみたい。
それが「食べる」こととつながったのは、
阪神大震災がきっかけでした。
震災から三ヶ月ほど経ったある日、私は神戸に行きました。
アスファルトがめくれ、粉塵のたちのぼるなか、
「温まるわよ」と多くのボランティアから豚汁を差し出されました。
私は結局、受け取ることができなかった。
東京に戻り、この都会で誰と話をすればいいか考えあぐねた末、
私は「料理研究家たち」に会おうと思いいたりました。

去年、再び神戸を訪れました。
そこはもう、私が土曜日にたこ焼きを食べてうきうきしていた街とは、
違う場所でした。
神戸特有の高く広い空の下で、
まっさらな建物や道路がぴかぴかしているのを眺めながら、
この新しさが、
過去の苦しみを見えない場所に隠しただけの新しさでないことを、
願ってやみませんでした。

昔の物語から学び、
いちばん新鮮な「いま」を大切にする。
新しい春を迎えて、
そんな料理を、私は何よりも食べたいと思っています。」
(一部引用)

東京生まれではあるが、
神戸育ちの私には、あの震災は人生の一大事だった。
あの時、今度は東日本大震災が起きること、
そして原発のことなど想像すらできなかった。

私自身が料理の仕事をしようと思ったことはないのに、
なぜだか食に携わる人たちの話をうかがうことが昔から好きで、
結局のところそれは今も変わってないのだな、と可笑しくなる。

ライターとしてひたすら仕事に邁進し、
ひたすら忙しく、
始終迷ってはよそ見をしていたあのころを思うと、
置かれた場所も状況もずいぶん変わったことを思う。

でも、あのころ、いのちのことばに出会って光をいただき、
それを胸に抱いて歩み出した新鮮な心持ちは、
今もまったく変わっていないことに気付かされる。
状況は、いろんな厳しいことがあるにせよ、
むしろ心の中の希望はいよいよ明るい。
肩の力が抜けたんだな、ようやく。

e0165236_21551120.jpgトーク風景。やわらかく、温かく、食の本質を語るお二人。幸せな夜でした。


e0165236_2214158.jpg寺島なすを使った地場商品もこの夏、少しずつ増えてきました。左側は寺島なす羊羹入り。和菓子屋・一哲さんに立ち寄ったら、食べてみて、と渡されました。うれし。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-09-25 22:35 | まちづくり | Comments(13)
Commented by ミルトス at 2012-09-26 09:44 x
本が出たら、タイトル等教えてくださいね。
昨日、肥田舜太郎医師の「被ばく後」をどう生きるかという内容の講演記事を読んでメモしたものを要約引用してみます。
「食べものは何を食べてはいけないというより食べ方が大事。(略)「食べる」とは、時間をかけて、リラックスして、ストレスを解消するように楽しんで食べることです。そこにいる人たちが、楽 しんで笑えるような話題で食事をする――そういう「食べる」ことの基本を現代人は守っていないのです。」
原発のことを考えると絶望的な思いになりますが、立ち帰って、もっと単純に基本的なものを大事にして生きれば良いのだと思わされました。今日の記事に繋がるなと思ってコメントしました。
Commented by ミルトス at 2012-09-26 09:47 x
あっ!今気づきました。タイトルは、『こころのごはん』ですね。ひらがなでとても優しい良いタイトルですね。10月末、楽しみに待っています。
Commented by かれん at 2012-09-26 17:41 x
イベント、お疲れさまでした。野菜は皆好きですが、茄子は特に好きな部類に入ります♡。試食してみたい!!
ご本、今から楽しみにしています。
Commented by Annes_Tea at 2012-09-27 00:15
ミルトスさん、いつもながら深いコメントに感謝です。ほんと、おっしゃる通りですよね。楽しくおいしいくいただくことがいちばん。とは言え、何やら追われてしまうのが現代人の哀しさ。

本のタイトルのこころのごはんは、聖書のことばのことです。私がいつもお世話になっているみことばを30選んで書きました!
Commented by Annes_Tea at 2012-09-27 00:18
かれんさん、なすがお好きとはうれしい。私はそれほどでもなかったのですが、やはりこの夏で、すっかりなすファンになりました。とくに揚げ浸しが。本のフライヤー、よかったら教会に送らせていただきます! 今、制作してもらってます。イラストがとってもステキなのです。
Commented by かれん at 2012-09-27 09:12 x
わあ、うれしいです♡ ぜひ、お願いします!楽しみにしております。
私は自称ぐりとぐらの親戚で、「世界で一番好きなのは、お料理すること、食べること」。だから、「ごはん」という言葉、大好きです。(あ、最近曲がり角の年齢で(汗)しっかりとお料理することが難しいこともありますが。)
Commented by 森の真ん中ぐらし at 2012-09-27 10:11 x
『「料理研究家」たち』 の本がちょうど手の届くところになりました。というのは引っ越しのかたづけで見つけて、また読みたいなと思って近くにおいてありました。葉子さんの文章は文字としてではなくて情景が浮かぶんです。改めてあとがき読みはじめてみましたよ。書き出しから感動しています。もったいないからセンテンスごとに味わうことにしました。聖書読みです。

今度の本も楽しみにしています
西の川沿いからひっこしました。
南西に貯水池もあるのですが、
森の中でもあるのでそのようにさせていただこうかと思いました。
Commented by Annes_Tea at 2012-09-27 18:09
かれんさん、まあ、ぐりぐらさんなのですね。ぜひいつか、愛餐会向けのレシピを教えていただきたい! チラシのこと、感謝です。ご連絡いたしますね~
Commented by Annes_Tea at 2012-09-27 18:15
森の真ん中ぐらしさんって? と思ったら、川から森へ、なのですね。うーん、よいなあ。いつか遊びに行きたいです! 野生の動物たちもいますか? 

あとがきって、半分プライベートな感じがありますよね。だから読み返すと気恥ずかしいんだけど、ちゃんとつながった道を歩いていることを確認できたので、本人としてはほっとしてます。

見えるところに本を置いていてくださるとは、感激です。今回の本は、イラストがよいので、プレゼントに用いていただけるとよいな、と思ってます。先ほど、表紙の画像が手元に届きました。うふふ。

Commented by ミルトス at 2012-09-29 14:09 x
「こころのごはんは、聖書のことばのことです」ーそうかなって思ってました。楽しみにしています。

読書会の方にコメント入れました。『みどりのゆび』について載せたブログ記事も載せさせていただきました。
Commented by Annes_Tea at 2012-09-29 22:56
ミルトスさん、ありがとうございます! 
Commented by りー at 2012-10-03 23:46 x
嬉しく拝読。うんうん…と、頷きながら。
そう、神戸の空の下にいましたねぇ。
わたしも、最近食に立ち返ってます。子供がいるので、食をおろそかにできないのですが、一人だと、食べることをいくらでも、粗末に出来てしまう世の中。食べることに貪欲な人は生きることにも貪欲な人だって、私に言ったのを、覚えてますか?私も食べることに貪欲でありたいと、思ってます。グルメで、あちこち食べ歩きの贅沢とは別のところで。
「こころのごはん」、とても、楽しみにしています。食べることは心につながってますよね。本当に毎日そう思います。
そう言えば、新しく住む場所は真ん前が教会です。嬉しいです(^-^)
Commented by Annes_Tea at 2012-10-04 21:29
りーちゃん、おお、神戸の空の下。食べて語りましたよね、あのころたくさん。最近の神戸はいかがですか? いやはや。なんだか気恥ずかしいことを言ってたのですね~ 今の気持ちで言えば、貪欲というより、前向きって、かんじかな。あとクリエイティブとか。

本は部数が少ないので、アマゾンにてよろしくです! 残念ながら一般書店ではまず手に入らないと思います。小さい本なんです。ギフトによいかな、という感じの。

真ん前が教会とは、なんとまあ。私は教会に住んでますけど。えへへ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ひつじがいっぱい なすカフェトーク「食の宝をまち... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル