下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
まちみてさんぽ「知られざる墨東キリシタン史を歩く」報告

11月2日に行われたまち歩きの報告写真が掲載されています。
以下のサイトをご覧下さい。
http://bokutomachimisephoto.tumblr.com/

今回は記録担当のフジシロさんが撮影して下さいました。
途中、予報にはなかった雨が降って、なかなか大変でしたが、
みなさんリタイアすることなく、2時間半みっちり歩きました。
最後は、かまぼこ兵舎の私たちの教会で温かいお茶を飲んでほっこり。
牧師のウクレレにあわせて「アメージンググレース」を、
日本語と英語で歌うというおまけをつけてみました。
(英語圏の方のご参加があったものですから)

クリスマスがどんどん近付いてきます。
その前にやることが山積みで、
先週まではかなり焦っていました。
気持ちがぱんぱん。もうだめかも。
というわけで、
3日間ほどやさぐれて、
夫に宣言をして、家事の手抜きをさせてもらいました。
こんなことで、すっかり回復しました。
すべてを完璧に、というのは無理ですものね。

アロマテラピーに使っているエッセンシャルオイルを、
最近、レモングラスに変えてみました。
今の気分に合っているようです。
メルのようにふんふんと鼻を動かして楽しんでます。

e0165236_21461453.jpg

今年のクリスマスカタログに、『こころのごはん』が掲載されてました。今年もぜひプレゼントにご活用ください。出版からすでに一年経ちましたが、今も読んで下さった方々からメールをちょうだいしたり、実際に訪ねてきてくださる方も少なくありません。本は出会いを与えてくれる素晴らしいツール。たくさんの出会いに感謝の一年でした。今年は読書会関係の活動がやたらと多かったように思います。年内は『赤毛のアン』と『クリスマスキャロル』です。


こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
好評発売中! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。





[PR]
by Annes_Tea | 2013-11-14 21:56 | まちを歩く | Comments(6)
Commented by ミルトス at 2013-11-21 20:05 x
エッセンシャルオイル、猫の肝臓は代謝できないそうで、猫には良くないようです。わんちゃんにはどうか分かりません。今のところそういう情報は得ていませんが、ちょっと気をつけて使った方が良いかも知れません。
和菓子の写真もいつも綺麗ですね。
Commented by Annes_Tea at 2013-11-22 16:02
ミルトスさん、そうなんですか~。うちは牧師館のリビングだけで使っているので、大丈夫だと思います。メルはドアを隔てた玄関の方にいるので。ユーカリは、今の私にはいい感じみたいです。アロマの勉強を私も少ししてみたな、と最近思ったりもしますが、なかなか。資格をとると、役立ちますか? 
Commented by Annes_Tea at 2013-12-01 17:39
ミルトスさん、コメントなぜだか消えちゃいました。すみません~
でも読ませていただきましたのでご安心を。
なるほど、セラピストというのは奥深いのですね。ミルトスさんは取得されたのですか。すごいです。女性の集まりや、アートセラピーの時などに使ったらどうかしら、などと思いまして。資格がある方が安心なのでは、と気軽に考えただけでした。教えていただき参考になりました。
そういえば、母教会で、アロマの仕事をしている女性が、集まりでときどき使ったしてましたっけ。香りはダイレクトに関係するので、適切に使えればいいものですね。
Commented by ミルトス at 2013-12-01 21:44 x
没薬、乳香、ナルド、ヒソップ、ミルトス(マートル)、香柏(レバノン杉)、いのんど、サフラン・・。聖書にはあらゆるハーブやアロマオイルとなっている植物が出て来ますね。検定1級だったか2級だったかには、「東方の博士がキリストに贈ったものは黄金と乳香とラベンダーだった」○か×かで答えよ。なんていう問題が必ず出るようです(笑)。
インストラクターの資格を持っていると、女性の集まりやアートセラピーの時などに用いるのには良いかも知れませんね。ただね、資格試験は日曜の午前中に行われるので、私はその日の礼拝、大きな教会の夕礼拝に出席しましたが、自分の教会の朝の礼拝は欠席してしまいました。日曜日に、というのが何をやるにも難しいところですよね。
Commented by Annes_Tea at 2013-12-03 20:53
ミルトスさん、その問題、組み合わせが笑えますね! 
インストラクターというものは、もっと気楽なのですね。時間の余裕があれば、いつの日か・・・色や香りを教会でも上手に取り入れてみたいな、と夢見てはいますが。なにしろ忙しくて。
Commented by Annes_Tea at 2014-06-29 16:42
skunaさん、初めまして。コメントに気づかず、失礼しました。共感していただき、感謝です。よろしければ、私の本もお読みくださいませ。連絡先を書いていただいたようですが、ブログに表記すると安全ではないような気がしますので、コメントは削除させていただきました。コメントしていただいたものを非公開に後から設定することがエキサイトブログではできませんので、すみません。どうぞこれからもよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 愛さん会秋の献立 五島列島教会をめぐる旅(下五島... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル