下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
アンがつないでくれたもの
友だちからのプレゼントはアンのかぶりもの。プリンス・エドワード島のお土産。
e0165236_2348476.jpg



アンが好き。
こう口にすることが憚られた時期もあった。
がらでもない、と言われそうな気がしたからか、
あるいは、子どもじみた趣味のような気がして。

でも、あるときから、
再び素直に口にしていた。
たぶん教会に通い出したことが大きかったように思う。
アンが戻ってきた、
というか、アンを好きだった自分が戻ってきたという感覚か。

生きるとか、
ロマンスとか、
ゆかいきわまることだとか、
そんなことを真面目くさった顔で話してもいいんだと安心したからか。

アンからもらったものはたくさんあるけれど、
すごいな、とあらためて思うのは、
アンがくれる人とのつながりだ。

『赤毛のアン』とか好きですか?
などと脈のありそうな人に聞いてみる。
すると、ぱっと顔が輝いたり、
あるいは、話がずんずん広がっていったりする。
こういうときは、やっぱりうれしい。
あ、ここにもいた、アンの友だちが。

一年間仕事をしてきた小学校でも、
ときどき先生たちに聞いてみた。
教員には、アン好きが多い、
というのが私のささやかなリサーチの結論だ。
アンも著者のモンゴメリも、
ついでに言えば翻訳者の村岡花子も、
みんな教員経験者というあたりにその理由があるかしら。

お世話になったご挨拶を校長先生とした際にも、
ちらりとうかがってみたところ、
やはりアンと友だちのようだった。
一年の締めくくりにプリンス・エドワード島の話ができた幸せ。

これからもアンが、どんな出会いをくれるのか楽しみだ。

e0165236_23495626.jpg

ホームパーティに遊びに行ったら、友達が秘蔵のアン本を見せてくれました。鎌倉書房の3冊セット永久保存版。鎌倉書房、懐かしい。昔、雑誌の仕事をしてましたっけ。近くにあったカレーのパク森は閉店しちゃいましたね。鎌倉書房もずっと昔に消滅。変わるもの、変わらないもの。アンは永遠の女子でしょうか?

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
好評発売中! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2014-03-23 23:54 | 赤毛のアン | Comments(2)
Commented by ここあ at 2014-03-24 08:49 x
久しぶりにコメントします。
私もアンが大好きなんですよ。毎年、必ずアン・ブックスを読むようになっています。(別に計画などしていないのに、新年から読みたくなるのですよ。)
私もクリスチャンで、牧師館の住人です。
私も前はアンが好き・・・とは口に出して言うのを憚っていた時期が
ありました。著者モンゴメリーの事も含めて・・・。
でも、今は自然に口にしている自分がいます。
宮さんが4月にアンについての本を出版されると聞いて、とても期待しています。
います。
Commented by Annes_Tea at 2014-03-24 17:26
ここあさん、コメントありがとうございます!
なんとなんとまたアンがつないでくれました♪
同労さんでしたか。うれしい。
お近くでしたら、ぜひ6月のアンまつりに遊びにおいでください!! 
短期間で書いたので、その後がなかなか大変でした。
校正に継ぐ校正。じつはまだ最終的に終わっていないのですが、
ブログを書く気持ちが出てきましたので、ほぼ終了です。

アン本は、表紙がまさにアン・ワールドです。
楽しみにしていてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ミニ・ワークショップ「『赤毛の... 『赤毛のアン』を大人読みする、... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル