下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
荒川アンダーザブリッジ

e0165236_12464726.jpg

      ↑冬の荒川、寒さが身にしみます。でも、メルはいつでも風の子、元気です。


『荒川アンダー ザ ブリッジ』というコミックを知ってますか?
登場人物たちは、荒川河川敷の住人たち。といっても、河童の着ぐるみ姿だったり、鉄仮面をかぶっていたり、自分を本気で金星人だと信じている女の子だったりと、一筋縄ではいかない人 (?) ばかりだ。読んでいると少しずつ思考がずれていって、ヘンテコな世界に引きずり込まれる。不条理なギャグに笑うも、ああ、もうついていけない、と思って投げ出しそうになりながら5巻までは読み終えた。

高校で美術を教えている夫が、生徒から「はまるよ、きっと」と言って渡されたそうだ。うーん、確かに「荒川」しかも「河川敷」の独特な雰囲気を知っている人間にとっては、ありえない話にもかかわらず、なぜか身内ごとのように感じてしまう。

現実の河川敷の住人たちは、最近では自転車を所有しているせいか、機動力がある。空き缶収集だけでなく、無料の食事配給について曜日ごとの情報もよく知っている。教会関係者が食事支援をしていることが多く、その時に配布された聖書を持っている人も少なからずいるようだ。聖書の話を聞くために、方々の教会へと顔を出す人もいる。以前、そのような方が、来会者カードに「荒川河川敷内」と住所を記入して、「郵便は届きませんよ」と言ったことが印象に残っている。

わたしが知っている範囲に過ぎないが、河川敷の住人たちには仲間もスタイルもあって、そこから出ようとは積極的には思っていないようだ。というよりも、諦めているのだろう。生活保護を申請するなどして、人生をやり直したいと切迫しているのは、どちらかというと山谷地区にある簡易宿泊施設やサウナ、ネットカフェなどで暮らしている人たちの方だと感じる。

e0165236_12494429.jpg


先日、久しぶりに荒川のウサギ跡まで歩いてみた。ここは以前、河川敷の住人の飼うウサギが大量に繁殖をして、テレビのニュースになった場所だ。ウサギ注意の立て看板は、不法投棄禁止の看板に変わっていた。あれだけ飛び跳ねていたウサギの姿は一匹もなく、野良ネコたちが草むらでじっとこらちの様子をうかがっているだけだ。しばらく行かないうちに、ブルーシートがやたらと増えている。横長型やとんがり屋根など、それぞれに工夫をこらした形の小屋が、微妙な距離感で立ち並び、ざっと数えてみると50にも60にもなる。やはり荒川河川敷には、わたしの知らないディーブな世界、知られざる「村」があるのだ。

「村」の奥の方から、恰幅のいい黒いドレスの女性が出てきた。ゴミ袋を抱えている。女性は、サッカーコートに面した「村」の入り口まで歩いていくと、山積みのゴミの上に、自分の袋を置いた。ここは「村」のゴミ集積所のようだ。だれか回収に来るのかなぁ。


e0165236_12533043.jpg


↓人が暮らすところには、どこであろうと道ができるものですね。「村」への入り口が気になって、撮らせてもらいました。

e0165236_12503933.jpg


e0165236_12513794.jpge0165236_12515464.jpge0165236_12521629.jpg


↓ボーダー・コリーを飼いきれずに捨ててしまう人が増えているそうです。知能が高いということは、同時に、神経質でしつけに時間がかかるという意味でもあるのですけれど。そんなボーダーの一匹と暮らす河川敷の住人が、しばらく前に、よく目撃されました。

e0165236_12555057.jpg

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by Annes_Tea | 2009-03-04 13:06 | まちを歩く | Comments(7)
Commented by リクルート at 2009-03-28 01:12 x
はじめまして
僕は荒川アンダーザブリッジのファンで、荒川に行ってみたいと思っている北海道人です・・・
写真は冬の晴れた日でとても気持ちよさそうですね
行ってみたいです
なんか荒川アンダーザブリッジのような生活に憧れます
ニノや星、村長と暮らしてみたいです
現実にあんなことがないかなあ・・・

すいません
なんか妄想に入ってしまいました
長文失礼いたしました
それでわ
Commented by Annes_Tea at 2009-03-29 19:23
リクルートさん
こちらこそはじめまして。
あ、わかります。好きな作品の舞台って、特別な思い入れがわきますよね。北海道から荒川とは、かなりの距離ですが、ニノさんに会いにいつか散策においでください。確かにニノさんがいてもおかしくない雰囲気はあります。北海道の川はきれいで、さすがにニノさんはいないのでしょうね。
Commented by リクルート at 2009-03-29 19:42 x
はい、いつかきっと
でも北海道はきれいというより寒さのせいですねww
リクの家並に温かくないと・・・
シスターなら平気かもしれませんがww
Commented by Annes_Tea at 2009-04-04 22:49
リクルートさん
遅ればせながら、なるほど、と思いました。
そうですよね、寒いですよね。
先日、北陸の川をいくつか見ましたけれど、やはりニノさんはいないようでした。やっぱり、荒川なんですねぇ、あの物語は。
Commented by リクルート at 2009-04-05 01:39 x
こんにちわ
また来ました

ところで荒川アンダーザブリッジの橋は千住大橋という橋がモデルらしいのですが、Annes_Teaさんは見たことがありますか?
Commented by Annes_Tea at 2009-04-06 00:06
リクルートさん
あ、そうなんですかぁ。荒川沿いに自転車を走らせて、千住大橋のたもとにある図書館によく行きますよ。その近くの教会が、週に一度、千住大橋の下( ! )で炊き出しをしているので、そのお手伝いにもときどき。200人以上ものホームレスの方々が集まってきますが、おじさんばかりで、ニノさんも村長の姿もないですねぇ。
Commented by リクルート at 2009-04-06 01:32 x
ああ、ボランティアですか。素晴らしいですね

村長やニノはいないですか・・・残念

あ、でもその教会の方たちの中に男のシスターはいませんでしたか(笑)?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< よけいなことば 再び、食べることについて >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル