下町すみだ牧師館暮らし文筆家、宮葉子のブログ             
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん


参加者常時募集中!
「大人のための子どもの本の読書会」
墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから



055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com


牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル

墨田聖書教会Blog








文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
タグ:本 ( 7 ) タグの人気記事
『こころのよるごはん』出版記念インストアイベント

大阪のオアシス梅田店でプチ朗読とサイン会をいたします。
サイン会だなんて僭越ですが、みなさまと親しい時間を過ごせましたらと願いつつ。真夏の大阪、キーンと太陽が暑そうですね。関西の空気感が好きですので、楽しみ。翌日の天満教会での憲法本の講演会と合わせてどうぞ。
e0165236_23051902.jpg






[PR]
by Annes_Tea | 2018-07-09 23:08 | お知らせ(イベント他) | Comments(0)
2018年8月5日「憲法に愛を読む」講演会のお知らせ
2年前に『憲法に愛を読む』という本を書きました。
8月に大阪の天満教会で、この本のことをお話することになりました。

聖書、赤毛のアン、憲法。さて、何かつながっていると思いますか ?
いずれも、想像の余地がある、とでも言っておきましょうか。

「法」に出会うとは、社会の中で生きている私に出会う、
ということかと思います。
憲法を知るとは、私を知ること、そして社会を知ること。
聖書を本当に知るとは、キリストに出会うこと。
それには聖書を読まないと、まず出会えませんよね。
聞くことから、知ることから始まるのはいずれも同じ。

とまあ、わかるようなわからないような告知となりましたが、
いろいろなことを考え、自分やこの国のことを思い巡らし、
よりよき生き方につながるようなお話ができればと思っています。

串カツとたこ焼は食べなくては、と大阪の友人と今から話しています。
友人は、大阪は温泉だよ、と言っていますが。
今回の地震のことではご心配が多いかと思います。
東京でもみなで祈っています。平安と具体的な助けがありますように。

大阪方面のみなさま、天満教会でお会いいたしましょう !
ふだん教会に集われていない方でももちろん安心しておいでください。
e0165236_09580061.jpg

















[PR]
by Annes_Tea | 2018-06-21 10:11 | お知らせ(イベント他) | Comments(0)
新刊『こころのよるごはん-眠れぬ夜の詩篇』
e0165236_10545376.jpg
今月の終わりごろ、新刊が発売されます。
タイトルは『こころのよるごはん-眠れぬ夜の詩篇-』です。
そう、6年前に上梓した『こころのごはん』の続編なのです。
今回は、12のエッセイに絞り、前作に比べるとぐっと踏み込んだ内容になっています。
週に一度の顔パックさながら、特別な夜に黙想的に使っていただければと思いながら執筆しました。

現在、版元のいのちのことば社で絶賛予約中 !
そして、『こころのごはん』も増刷となります。
こちらはアマゾンなどでも購入できます。
プレゼントに好評のようですよ。用いていただければ感謝です。

表紙の装画は、イラストレーターの近藤圭恵さん。この本の世界観を白と銀の箔押しを使って描いてくださいました。聖書のぬり絵の本なども書いていらっしゃるのですよね。美しい。


以下が、いのちのことば社のリンクですが、画像が出てきません。いちおう、リンクは貼っておきますので、よかったらご覧ください。

[PR]
by Annes_Tea | 2018-06-15 11:03 | お知らせ(イベント他) | Comments(0)
アン、新しい季節へ


メルとの暮らしを終え、新しい季節の始まりを公私ともに感じています。
そこで、2008年に始まったこのブログを、ひと区切りつけようと思います。
とはいえ、新しいブログも名前はそのまま、「牧師館のお茶会2」。
リンクをはっておきます。牧師館のお茶会2

はからずも、このブログの最初の記事は、村岡花子さんのことでした。
まさかその6年後に、村岡さんの人生が朝ドラになり、
そのうえ、私がアンの本を書くことになろうとは。
人生というものはフシギの連続です。
「好き」を大切にして生きていくと、
ときどきは、こんな楽しいことが向こうの方から声をかけてくれます。
アンから始まったブログですから、
最後もやはりアンで締めくくろうと考えて、
先日のアン・ブックスを読む読書会の写真をアップしておきます。

10年間続ける思いで始めたアン・ブックスの読書会は、
今年はようやくの2回目。課題図書は『アンの青春』でした。
牧師夫人の先輩である美智子さんが、
それはもう素敵なお茶会をご用意くださいました。
アンの憧れの作家、モーガン夫人のお茶会に敬意を表して、
イギリス仕込みのレモンパイとこっくりミルクティーのほかに、
ティーサンドやクッキーやらと、食べきれないほど。
会場としてお借りした美智子さんの仕える教会は、
写真に撮ってみると、グリン・ゲイブルズを彷彿とさせるような。
新しい出会いがたくさん、笑顔もたくさんのお茶会となりました。

さて、次の道の曲がり角には、
どんな出会いが待っているでしょうか ?

e0165236_21454397.jpg
ほら、ね、どことなくアンの世界。
会場となった貫井南町キリスト教会は、前庭が芝生で青々と美しく、
聖書にちなんだ植物が上手に配されていました。
e0165236_21493953.jpg
壁をつたうぶどう。
e0165236_21462947.jpg
美智子さんの手作りのウエルカムボード。
気持ちがあがります。
e0165236_21481038.jpg
このレモンパイが運ばれてきた途端、歓声が !
e0165236_21481755.jpg
なんと2種類ものレモンパイを焼いて用意してくださいました。
e0165236_21482405.jpg
美智子さんの盛り付けはいつも端正。人柄が表れてますね。
下段のプレートの縁を飾っているのは、プロセスチーズをひし形に切って、
トースターでカリッと焼いたもの。芸が細かいです。
e0165236_21483677.jpg
イギリス製のティーポットもアンの世界風。
e0165236_21484343.jpg
e0165236_21485298.jpg
こちらも美智子さんが焼いてくださいました。

Thank you !


こころに届くことばたち。好評発売中のエッセイです。



[PR]
by Annes_Tea | 2015-08-31 23:35 | 赤毛のアン | Comments(0)
2015年度『赤毛のアン』10年読書会とアンのお茶会のお知らせ
この夏もアンの読書会を開きます。
10年でアン・ブックスを読み切ろうという気の長い企画です。
私の読書会ブログの方に詳細がありますので、リンクからご覧ください。
今回は2回目となり、『アンの青春」を読みます。
お菓子はイギリス仕込みのレモンパイですよ。
すでにご応募をいただいておりますが、
今回は、初心者からアン好きさんまで、
幅広く多勢に来ていただこうということになり、
こちらでも募集のお知らせです。

『赤毛のアン』10年読書会とお茶会第2回目募集中 !

10月には世田谷の教会で、12月には花子さんの故郷の甲府の教会で、
アンの講演会にお招きいただきました。
各地のアン好きさんにお会いできる機会をいただき感謝です。

8月にアンでお目にかかりましょう。ご応募をお待ちしております。


こころに届くことばたち。好評発売中のエッセイです。



[PR]
by Annes_Tea | 2015-07-27 00:21 | 赤毛のアン | Comments(0)
ウクレレ絵本カフェ-Live Love Laugh!-


e0165236_16273794.jpg

来週にはこんなイベントを開く。
墨東まち見世2012の参加企画のひとつだ。
このアートプロジェクトも、3年目となり、今年でいちおうひと区切り。

カフェ終了後には、親しい方たちと出版のお祝い会も予定している。
ごはんを作ることのできそうにない私に代わって、
素晴らしい料理の作り手たちが、支えてくださることになっている。
持つべきものは「友」なのだとしみじみ。

ただ、人数が読めないので、持ち寄りパーティにしてみた。
出版パーティなどと気取った風に言っているが、
なんのことはない、ふだんの教会の愛餐会なのだ。
みんな、勘違いしないで来てくださるとよいけれど。

私もひとつ朗読しようかしらと企むものの。さて?
役者とシンガーの友だちが、何やら素敵なパフォーマンスをしてくれるようだ。
やはり持つべきものは「友」。

友と言っても、年齢も世代も国籍もまったく関係なくつながれるのがよいな。
これがまあ、天国文化、というものかな!?

*ウクレレ絵本カフェ /詳細はここで
[PR]
by Annes_Tea | 2012-10-16 16:32 | お知らせ(イベント他) | Comments(0)
『こころのごはん』出版のお知らせ

e0165236_11162291.jpg


帯コピーも決まって、ようやく形が見えてきた。
帯コピーに関しては、編集者が独自で決める場合と、
著者に意見を聞いてくださる場合と、二通りある。
私の場合、一冊目は・・・と思い返してみると、
名もない私の意見を尊重してくださった編集さんの姿が浮かんできた。
ひと通りの仕事が終わった後、
阿佐ケ谷の「西瓜糖」というカフェでお疲れさま、と言い合い、
その際に、マーガレットの花束をいただいたことまで思い出した。
一種類だけの花束、それもリボンなし、白い紙に簡単に包まれて。
こういうのに弱いな、わたし。

今回も、何から何まで尊重していただき、ともに作り上げた。
春の終わり、八重洲ブックセンターのカフェで
話し合いをしたところがスタートだった。
やりとりの細かい記憶の断片が、
私のなかにいくつも降り積もっている。
心の中にあるフォトアルバムを、ふだんは意識しないが、
ふとした時に取り出して、幸せになる。



e0165236_1504025.jpginformation
発売はまだ先のようなので、とりあえず今は予約中とのことです。本を通して、みなさんと出会えればうれしいです。教会での祈り会や、女性の集まりなど、お気軽にお声かけください。今回はできるだけうかがいたいと思っています。本を携え、聖書のお話のほか、自分だけのみことば本を作るワークショップも行おうかと思っています。すでにお声かけいただいているところもあり、どのような出会いがあるのか楽しみです。


『こころのごはん』詳細・予約はこちら
[PR]
by Annes_Tea | 2012-10-12 11:18 | お知らせ(イベント他) | Comments(6)


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル